7月9日(木)くもり時々雨 ひとこと日記

  先日、バンクーバーからお越しのお客様にご参加いただいた「半日ハイキングツアー」で、ブラッコム山のハイキングトレイルを案内してきました。 この日は麓の天気予報は雨で気温も低く、なんと、ゴンドラを上がった八合目では雪が降っているという寒さ。 今日はゲレンデガイドだったかな?と思うような冬の空気を感じました。
 
 トレイル上は残雪もあったり新雪も2-3cm積もっていたりと滑りやすい箇所もありましたが、雪を一歩一歩踏み固め足場を確認しながら登行。 歩くペースは順調だったため、結局ブラッコムレイクの手前まで歩くことができました。 あいにく、湖は雪で覆われていましたが、新鮮な空気と自然の中、そしてまさかの冬景色を楽しむことができ、「7月に入って新雪の上を歩くなんて貴重な体験でした。 バンクーバーに住んでいるので、また来たいです。」とのコメント。 Peak 2 Peakゴンドラでウィスラー山へ移動すると、可愛らしいマーモットが出迎えてくれたりと、ウィスラーの良さを感じていただけました♪
(Y.S3.)

7月9日(木)今日の一枚

新手のイチゴ泥棒現る!
コマドリの仲間です。
<9:10am 撮影>

7月8日(水)雨のちくもり ひとこと日記

  ウィスラーのファンクションジャンクションエリアにある、Coast Mountain Brewing(コーストマウンテン ブリューイング)に行ってきました。 2016年と比較的新しい醸造所ですが、ウィスラーローカルに人気でいつも賑わっています。

 現在は、店内でのサービスは無くなっていますが、テラス席がありそちらでビールを楽しむことができます。 先日行ったときには、あいにくテラス席が満席だったため持ち帰りのビールを購入しましたが、ウィスラーの酒屋さんでは手に入りにくいビールも置いてあるので、お持ち帰りもお勧め。 また、缶のデザインやビールの名前もウィスラーらしいものが多いので、お土産にもいいと思います。

 今回はGreen Run Session IPAを購入。 IPA特有のホップの苦みがありつつ、アルコール度数4.5%と軽めの飲み口で、夏にさっぱりと飲むの丁度いいビールでした。 マウンテンバイクやハイキングなど、スポーツの後にちょっと一杯するのにおすすめのビールです♪
(Y.N2.)

7月7日(火)雨のちくもり ひとこと日記

  ボタンエビのシーズンです! 毎年5月、6月はボタンエビ収穫のシーズン。 日本にもカナダ産ボタンエビとして輸出されています。 ちなみに今年は、COVID-19の影響でシーズンが1ヵ月ほど後ろ倒しになった模様。 
 
 バンクーバー周辺の港では、漁師さんから直売でエビが販売されており、一般のスーパーの店頭に並ぶものより割安で鮮度良く入手することができます。 私も連年、バンクーバーに遊びにいくついでに買いに行っていましたが、SNS上のウィスラーローカルコミュニテイーの掲示板で、ウィスラー内で販売している会社を発見。 試しに2ポンドほど購入してみましたが、その日採れたものを販売しており鮮度も抜群。 お値段も一般の相場より安めで、なにより遠くまで買いに行かなくて良いのは助かります。
 
 調理方法ですが、今回はお刺身と頭は唐揚げにしてみました。 新鮮なため生でも臭みがなく、ぷりぷりの生の身は素晴らしい食感と優しい甘み。 頭のから揚げも、エビ自体のサイズが大きかったため身に相当する部分も多く満足感がありました。 このクオリティはリピートしてしまいそうで、家計に打撃となりそうです(笑)
(T.W.)
*-*-*-*-*-*-*【マイルンの動画リポート】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがウィスラーの様子を動画でお届けします!
*-*-*-*-*-*-*チャンネル登録よろしくね!*-*-*-*-*-*-*-*-*

7月7日(火)今日の一枚

仲良く親子でマウンテンバイク
<1:00pm 撮影>

7月6日(月)晴れ ひとこと日記

  いちごの季節です! 先日、ウィスラーの隣町ペンバートンにあるNorth Arm Farmにいちご狩り(英語ではStrawberry picking)に行ってきました。 日本でいちご狩りというと、ハウス栽培で冬が旬というものが殆どかと思いますが、このあたりでは露地栽培が主流で旬は初夏。 この日はとても天気が良く、残雪のここる絶景の山々をバックに、広大ないちご畑で気持ちよくいちご狩りを楽しむことができました。 
 
 ちなみに、いちごの季節は間もなく終わり、次はラズベリー、ブルーベリーなどが実る時期となります。 ジャパナダのドライブ観光ツアー「カナディアンカントリーコース」では、今回ご紹介したNorth Arm Farmでのベリーピッキングのオプションを追加することもできますので、お気軽にお問合せください! 
(T.W.)

7月5日(日)晴れ ひとこと日記

  以前の日記で、ウェスタンコーラルルートという北米でしか見られない植物を紹介しましたが、今回も日本では見ることのできない植物を紹介します。 Sugar-stick(シュガースティック)というツツジ科の植物。 赤と白の縞々の見た目から、barber's pole(床屋さんの柱)という名前もあるそう。 確かに床屋さんの前のクルクル回っているサインに見えなくも…無い?ですね。 ウェスタンコーラルルート同様葉緑素がない植物ですが、こちらの植物は、葉緑素で栄養を作る代わりに菌類に寄生して、近隣の緑の植物から栄養を得ています。 

 見た目もユニークで目を引く植物なのですが、調べてみるとマツタケの菌糸にだけ寄生して生きているとか…。 なんと贅沢。 ということは、この植物の生えているところの地面には、マツタケの菌糸が伸びているということ! ここを探せば秋にマツタケが見つかるかもしれません。 今回シュガースティックを見つけた場所も、針葉樹の林で少し湿った場所だったので、キノコが生えるにはもってこいの場所。 秋にまた探しに戻ってこようと思います。 頻繁に見つかる植物ではありませんが、見つけたらラッキー!ですね。
(Y.N2)

7月5日(日)今日の一枚

晴れた日はレイクでピクニック
<4:00pm 撮影>

7月4日(土)晴れ ひとこと日記

  先日、ゴンドラで山の上に上がってきましたが、この日はなんと、山頂付近では季節外れの降雪。 まさか7月に入り新雪の上を歩くとは思いもよらず、久しぶりの雪の感覚に興奮しました。 そんな中、人もほとんど上ってこないような天気にもかかわらず、出迎えてくれたのが「マーモット」。 暖かい日に岩の上でくつろいでいるのが印象的ですが、冬眠明けでお腹が空いていたのか、顔を出してくれました。

 マーモットはリス科の動物で、森林限界線あたりの岩場の中に住み、植物を食べながら過ごしています。 この辺りは外敵が少なく警戒心がないのか、割と近寄っても逃げないので、夏山のアイドルになっています。 しかし驚いたのが、いくら人が少ないとはいえ、ラウンドハウス前にある木彫りの像の下の隙間から現れたこと。 油断しすぎじゃないでしょうか。(笑) きっと、寒かったので暖かいラウンドハウスの隙間に身を隠していたのでしょうね。

 天気が悪い日に当たってしまっても、人が少ない時は野生動物に会えるチャンスなので、注意深く探してみるのも楽しみの一つです。
(Y.S3.)

7月3日(金)くもり一時雨 ひとこと日記

  ウィスラービレッジで気軽にランチを食べるなら、おすすめのひとつがGone Eatelyというカフェ。このブログでも何度か紹介していますね。 場所は、グロッサリーストアというスーパーマーケットの隣にある本屋さんの奥。 ちょっとわかりづらい場所にあるので、比較的空いている気がします。 個人的なおすすめメニューは、野菜たっぷりのチキンカレー。 大きな鍋で作り置いてあるので、注文したら即提供されるのも魅力。 マクドナルドより早いです(笑)
 
 先月から営業が再開されたようなので久しぶりに行ってみると、イートインもできるように通常時よりもテーブルの数も減らされ、フィジカルディスタンスが確保されていました。 ちょっとした軽食をちゃんとした屋内で食べるところは結構貴重なのでありがたいですね。 
(T.W.)