12月10日(火)くもり ひとこと日記

  先日、クリスマスリースを作るワークショップに参加してきました。 From The Garden Shedというラベンダーファームと、フラワーアレンジメントを行っているところが主催をしているので、デコレーションに必要な草木やパーツも可愛らしいものが揃っています。

 今回はつる科の植物から作った台座にデコレーションを施していくものになり、来年になったら別のデコレーションができるように、ボンドなどは使用せずに隙間に差し込んでいく形で作っていきます。 ちなみに、生の植物を使用してデコレーションをするのですが、屋外に出しておくと、今から作っても3月くらいまでは青々として楽しめるということなので、クリスマスに限らず飾っておけそうなデザインで考えてみました。

 最初の形は写真のような感じ。 次回の日記で完成版をご紹介します!
(Y.N2.)

12月10日(火)今日の一枚

冷え込んだ朝のウィスラー
<8:00am 撮影> 

12月9日(月)晴れ ひとこと日記(スノーレポート)

  Whistler & Blackcomb Mountain:  朝一でゴンドラに乗車すると、朝日で雪山が輝き、きれいなアルペングローを見ることができました。 コースは前日と変わらず固めのバーンコンディションでしたが、8合目付近はグリップの良い雪質で、気持ちよく滑走できます。 中腹より下部の、特に日影になりやすいコースでは、雪質はアイスバーンのままエッジがかかりにくい状況ですので、滑走には十分ご注意ください。 降雪があるまでは8合目付近で滑走を楽しみ、ゴンドラで下山が良さそうです。

 ウィスラー山は初級者から上級者の様々なレベルの方が滑走したり、スキースクールのレッスンなどグループで動くため、コースは混雑しています。 ブラッコム山は人も散らばっていて滑走しやすくなっていますので、中級コースを滑れるようであればブラッコム山がお勧めです。 また、スキー場営業終了間際は下山用のゴンドラが混雑しますので、時間に余裕をもってご乗車くださいね。
(Y.S3.)

12月9日(月)今日の一枚

麓に広がる綺麗な雲海
<9:15am 撮影>

12月8日(日)晴れ ひとこと日記(スノーレポート)

Whistler Mountain, Blackcomb Mountain:
  朝から快晴のお天気で、山の上ではウィスラーらしい素晴らしい景色を楽しむことができました。 しかし、放射冷却で気温が下がったためか、ゲレンデの大部分がスーパーハードパックに! ブラッコムの「ジグザグ」コースは、人も少な目で、かつ「エクセラレーターリフト」で回すことができ効率が良い中級コースですが、カリカリのバーンコンディションで、常に緊張感のあるスキーとなりました(笑)
 
 ウィスラー山も、ブラッコム山も8合目付近は、ゲレンデ下部に比べると比較的滑りやすい雪でしたが、日曜日ということもありお客さんで大賑わい。 やはり滑走コースが少ないことが影響しているようです。 くれぐれも衝突には注意して慎重に滑りましょう。 
(T.W.)
-*-*-*-*-*-*-*【マイルンの動画リポート】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがウィスラーの様子を動画でお届けします!

12月8日(日)今日の一枚

ウィンターキックオフパーティ開催中!
<9:00am 撮影>

12月7日(土)くもり時々雨 ひとこと日記

  先日ys3が日記(コチラ)でWhistler Film Festivalについて書いていましたが、ウィスラーのピークマガジンという情報誌のウェブサイド版でその映画祭関連の興味深い記事を見つけたのでご紹介します。 とはいっても映画をオススメする内容ではなく、映画のお供としてオススメのスナックや飲み物をランキング化した記事です。 大人も子供もキャンディーやチョコが大好きなのでカナダらしいといったらカナダらしいランキングです。

 コチラが記事なのですが、タイトルがもうunscientific ranking(非科学的ランキング)と付いていて、筆者も楽しんで書いたのかなと想像してしまいます。 一読してなるほど、と記事を閉じようとしたのですが、私の大好きなお菓子が第2位に入っていたので日記でシェアせずにはいられませんでした笑。 写真にある「Twizzers」というお菓子なのですが、ストロベリー味・不思議な食感・そこまで甘くはない・飽きない、と個人的に大好きな商品です。 ただ、日本のお菓子とは異なる味わいなので、好き嫌いはあるかもしれません。 スーパーやドラッグストア、もちろん映画館に売っていて値段も手ごろなので、カナダへ来た際はぜひご賞味くださいね^^ 
(M.K.)

-*-*-*-*-*-*-*【マイルンの動画リポート】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがウィスラーの様子を動画でお届けします!

12月6日(金)くもり ひとこと日記(スノーレポート)

  Blackcomb Mountain :  昨夜1cmの降雪があったものの、新たな滑走コースをオープンさせられるほどの量ではなく、滑走可能エリアは引き続き限定的となっています。 現時点でブラッコム側については、必ず中級以上のコースを滑る必要があるので、初級者の方にはウィスラー側がオススメです。 

 また、昨日までに比べ気温が上昇したせいか、8合目のランデブーロッジ付近から重い湿った雪となっています。 また、ウィスラー側と比べると、ゲレンデ上に小さい石などが転がっている箇所が多いように感じますので、滑走される際はご注意くださいませ。
(T.W.)

-*-*-*-*-*-*-*【マイルンの動画リポート】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがウィスラーの様子を動画でお届けします!

12月6日(金)今日の一枚

-32℃で楽しむアイスウォッカルーム
50種類以上のウォッカがずらり
<7:00pm 撮影> 

12月5日(木)くもり ひとこと日記(スノーレポート)

 Whistler Mountain: 午前中はお天気も良く、良い景色の中スキーを楽しむことができました。 ただ、新たな降雪はないため、滑走可能なコースに変化はありません。 滑走距離自体は十分ありますが限られたコースとなっているため、お昼前後などは特に混雑を感じる状況です。

 そういった状況に我慢できなくなってしまったのかどうかは定かではありませんが、若干の天然雪の降雪を利用して、自己責任で閉鎖されているコースを滑っている方もいるようです。 また、人口降雪で準備中の下山コースを滑走して、ビレッジまでスキーアウトしているツワモノも(汗) 閉鎖されているコースを滑ることは、スキー場敷地外のバックカントリーを滑ることとイコールであり、滑走は完全に自己責任となります。 他の人が入っているからといって、安易に滑走しないようにして下さい。
(T.W.)

-*-*-*-*-*-*-*【マイルンの動画リポート】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがウィスラーの様子を動画でお届けします!