5月13日(木)今日の一枚

 
大自然の中のゴルフ場
<9:30am 撮影>

5月12日(水)雨 ひとこと日記

 
  カナダと言えば「メープルシロップ」という事で、利き酒ならぬ、利きメープルシロップにチャレンジしてみました! そもそもメープルシロップとは、カエデの樹液を濃縮した自然甘味料のことで、そのカエデの葉がカナダの国旗に描かれています。 自然甘味料なので体に良いということで、砂糖の代わりに料理などにも使われています。 

 今回用意したのは写真左から、約6ドルの普通のメープルシロップ、真ん中が約17ドルの高級メープルシロップ、そして右がもはやメープルシロップではない約2ドルのテーブルシロップ。 これらをワッフルにかけて、味の違いをテストしてみました。

 私は答えを知らずに食べてみたのですが、正直1番美味しいと感じたのは、いつも食べている1番左の普通のメープルシロップでした。 濃厚で、少し香ばしくてワッフルにピッタリでした。 しかし味の違いで言うなら高級メープルシロップは他の2つとは全然違い、サラッとしていて繊細な味がしました。 実はメープルシロップにはグレードがあり、時期が早いうちに採取されたものは味が薄めで繊細な味、遅い時期に採取ダレたものは色も濃く、味の癖も強いものになるそうです。 皆様もお好みに応じてお気に入りのメープルシロップを見つけてみてください♪
(M.O.)
-*-*-*-*-*【マイルンのウィスライフ】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー
MaiとLunaがウィスラーの様子を動画でお届けします!
チャンル登録もよろしくね♪ 

5月11日(火)晴れ ひとこと日記

※写真はFarmers Market公式HPより
  夏のイベント「ファーマーズマーケット」が今年も開催されることが決定しました! 2021年度は、5月23日~10月10日の毎週日曜日、午前11時から午後4時までの開催となります。 場所はウィスラービレッジのマーケットプレイスから徒歩2分の場所にある、「ウィスラー・ラケットクラブ」で行われます。 ウィスラー・ラケットクラブは、普段はテニスコートのレンタル、テニス用品のショップやカフェとしてオープンしているテニスのクラブハウスで広場もあるので、昨年よりも規模は大きくなりそうです。

 昨年は出店できなかったショップも再開を予定していたり、野菜やシーフードなどの食材や、ワイナリー、アーティスト商品など、100近いたくさんのショップが出店登録しています。 それぞれのショップが各週ごとに入れ替わり出店するようで、ファーマーズマーケットならではの賑わいが戻ってきそうです。

 入場制限や手の消毒、マスクの着用などの感染予防対策を講じながらの開催となりますので、ご来場の際はスタッフの指示に沿って、食事やショッピングを楽しみましょう。
(Y.S3.)

5月11日(火)今日の一枚

絶景&ハッピーアワー♪
<4:30pm 撮影>

5月10日(月)晴れ ひとこと日記

  ウィスラー市の居住者向けプログラムで、自家栽培用のグリーンハウスを借りることができます。 借りれるプロットが限られているので定員に達すると借りれない場合もありますが、春に申し込んだところ近所のグリーンハウスを借りることができました。

 レンタル料金は1シーズンで$75なのですが、種や苗、土なども含まれているのでお手頃です。 ただ、グリーンハウスの管理には人手が必要なので、シーズン中に1人4時間以上ボランティアで作業などに参加することも必須。 5月に入り、早速グリーンハウスにカバーをかけるという作業があったので参加してきました。 説明もわかりやすく人手が多かったのもあり、作業はあっさり終了。 この後は各自オーダーした種を受け取り、栽培シーズンが始まります。

 初めての本格自家栽培なので育てるのも楽しみですし、自分で育てた野菜を食べれるのが何より楽しみです♪
(Y.S3.)

5月9日(日)晴れ ひとこと日記

Hi everyone!! We are excited to share some big news 🧡 After FIVE incredible years in Mount Currie, Barn Nork will be...

Barn Nork Thai Cuisineさんの投稿 2021年5月8日土曜日
  隣町ペンバートンの本格タイ料理屋さん「Barn Nork」が、この度ウィスラーに移転することが決定したのこと! ペンバートンでも大人気だったこちらのレストランですが、ウィスラーにもファンが多いことで有名でした。 上記の投稿によると、移転先はリバーサイドと書かれているので、恐らく昨年まで「リバーサイドカフェ」というレストランがあった場所ではないかと思います。 ビレッジからは少し離れていますが、オートキャンプ場やスカンジネイブスパがあるエリアです。

  現在の予定では、秋ごろまではペンバートンでの営業を続け、年末までにウィスラーの店舗オープンを目指しているようです。 私自身も大好きなレストランですので待ち遠しいです!
(T.W.)

5月9日(日)今日の一枚

ジャンプやパンピング
マウンテンバイクテクニックを練習中!
<1:30pm 撮影>

5月8日(土)くもり ひとこと日記

  先日、ウィスラーと隣町ペンバートンの間にあるマウンテンバイクトレイルエリアへ行ってきました。 そこで、「Whiskey In the Jar」というユニークな名前のトレイルを発見。 「Whiskey In the Jar」は、アイルランドの民謡のタイトルで、色んなアーティストがカバーしている曲でもあります。 民謡の内容は、軍人からお金を奪った主人公が恋人の元へ帰ったが、恋人に裏切られ刑務所に入ってしまうという、哀愁のあるストーリーで、その中で主人公は、「娯楽よりも好きなウィスキー」とも言っています。(アーティストにより少し歌詞は違うようです。)

 「色々あるけどウィスキーがあれば十分だろ」という意味なのか、このトレイルの名前にした理由はわかりませんが、こういったユニークな名前の由来を考えるのも楽しいマウンテンバイクです。
(Y.S3.)

5月7日(金)くもり時々雨 ひとこと日記

 
  7月にカナダでSUBARUのFORESTERを購入して早10ヶ月、走行距離1万kmを超えたので初めてのメンテナンスに出しました。 カナダでは車検や法定点検が無いので、気にせずずっと乗っていたらある日壊れて修理費が莫大な額に・・・なんてこともよく聞きます。 ウィスラーにはSUBARUのディーラーが無いので、今回は最寄りのノースバンクーバーまで行ってきました。

 メンテナンスの間代わりの車は必要かと聞かれたので、必要ですと答え待っていると、綺麗な車を持ってきてくれたのですが、なぜかドライバー席にはお店の人が座っています。 どうやらこちらは代車ではなく、目的地まで無料シャトルのサービスが付いている模様。 少し戸惑いましたが、トランクにゴルフバッグを載せ、ゴルフの練習場に向かってもらいました。

 メンテナンス自体は2時間ぐらいで終わり、かかった費用は$147(約1万3千円)。 日本とそんなに変わらない額でしょうか? 無事何も問題なく終われてよかったです。  
(M.O.)
-*-*-*-*-*【マイルンのウィスライフ】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー
MaiとLunaがウィスラーの様子を動画でお届けします!
チャンル登録もよろしくね♪ 

5月7日(金)今日の一枚

今日オープンのゴルフコースをパトロール中
<3:00pm 撮影>

5月6日(木)くもりのち雨 ひとこと日記

  ジャパナダで販売している「JACLOT」デザインのTシャツは、ちょっと変わったオリジナルのタグが付いています。 この写真のタグにはお花の種が入っており、紙も土に還るのでタグをそのまま土の中に入れて水をあげれば、綺麗なお花が咲くそうです。 このタグが付いているのは「Tie Dye ラベンダー」カラーのみ。 華やかなピンクや黄色などで手染めしているカラーのTシャツは、春から夏にかけて着やすくこれからの季節にベストなカラー。 ガーデニングの季節でもあるので、タグを植えて綺麗なお花でお家や部屋を彩ってみるのも良さそうですね。
(Y.S3.)
「JACLOT」オフィシャルページは⇒ https://www.jaclot.com/
ジャパナダ(Whistler Arts & Gifts)オンラインストアは
※カナダ国外への配送についてはお問合せ下さい。

5月6日(木)今日の一枚

 
マウントカリーを眺めながらゴルフ
<10:00am 撮影>

5月5日(水)くもり時々晴れ ひとこと日記

 

  先日バンクーバーの夕焼けを見て、あまりにも綺麗で感動しました。 普段山に囲まれているウィスラーに住んでいると、高い山の後ろに夕日が沈んでいくので、それはそれで綺麗なのですが、海沿いの都市バンクーバーでは、水平線上に夕日が沈んでいくので夕焼けをゆっくり眺めることができます。 30分以上かけて少しづつ空や海の色が変わっていくので、ずっとビーチでうっとりしながら見てしまいました。

 ここは「サンセットビーチ」と言って、イングリッシュ・ベイ・ビーチのとなりにあるのですが、名前の通り夕日を眺めるにはピッタリな場所です。 コロナで規制が厳しかったB.C州も、屋外での10人までの集まりが許可されたということで、ビーチには集まってスポーツをする人や、日光浴、犬の散歩、サイクリングの人などでとても賑わっていました。
(M.O.)

-*-*-*-*-*【マイルンのウィスライフ】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー
MaiとLunaがウィスラーの様子を動画でお届けします!
チャンル登録もよろしくね♪ 

5月4日(火)晴れ ひとこと日記

  雨が降ったり止んだりと不安定な天気が続いているウィスラーですが、トレイル脇では春の味覚の山菜がスクスクと育っています。 ウィスラーで採れる山菜は、コゴミやタラの芽の仲間(ハリブキ)などが採れます。

 先週頃からコゴミが芽を出し、すでに背が高く葉が開いている場所もありました。 カナディアンたちは山菜を採って食べることはほとんどないので、時期さえ逃さなければ採り放題。 この日は、サイクリングからの帰り道に近所のトレイルで探し、2~30分ぐらいで夕食分を確保。 さっそく天ぷらにして美味しくいただきました。 今年採れたコゴミは、例年より太さがありしっかりしているような気がします。 

 そろそろ、ハリブキも芽が出てきそうなので、来週あたりがねらい目かもしれません。
(Y.S3.)

5月4日(火)今日の一枚

空と山とスキー場
爽やかなウィスラー山の朝
<8:10am 撮影>

5月3日(月)くもり ひとこと日記

  BC州政府より、5月中に100万ショット分のファイザー製ワクチンが供給される見込みとの発表がありました。 現時点でのBC州の初回接種済は32%で人口は約500万人ですので、100万回分というのはワクチン接種を更に加速させるに十分な数量と感じます。 また、併せて18歳以上の接種希望者は、なるべく早くオンラインより事前登録するようにとの案内も。 新型コロナウィルスの予防接種は強制ではありませんが、恒久的な感染予防対策として強く推奨されている状況です。
 
 現在の予定では6月中旬までにBC州全員の1回目の接種が完了する見込みとのこと。 なお、国全体としては、カナダ政府発表のワクチン配送計画によると4月に800万回分、5月に1000万回分のファイザー製ワクチンの供給が予定されています。
(T.W.)

5月2日(日)晴れ ひとこと日記

 ジャパナダで販売しているアートプリントの中で個人的お気に入りの一枚をご紹介。 Chili Thom作の『A Soothing Dip』という作品。 水中から見た川と川底の石が表現されており、見上げるくらいの壁の少し高いところに飾って眺めると、本当に川の中にいるような気分になります。 青基調の配色でリラックス効果も抜群で、また、幼少期に川遊びした楽しい記憶が蘇るような懐かしさも感じます。

 Chili Thomさんの特徴的な表現技法として、色の層を地図の等高線のように重ねて表現することが挙げられますが、揺らめき光る水面とその技法の相性が抜群。 複雑な光の揺らぎと水面という一枚の平面としての一体感が同時に存在しています。

 ジャパナダではその他にもChili Thomさんの作品を販売しています。 オンラインショップもありますので、是非チェックしてみてくださいね。
(T.W.)

5月2日(日)今日の一枚

日の長さを感じる今日この頃
ゆう活がはかどります♪
<5:45pm 撮影>

5月1日(日)くもり ひとこと日記

  アメリカ国内で生産されたファイザー製ワクチンが、メキシコとカナダへ出荷されるとの報道がありました。 3月末にトランプ政権化で制定されたワクチンの輸出規制が失効しており、またアメリカ国内のワクチン需要が落ち着いてきていることが背景にあるようです。
 
 これまでカナダ(おそらく日本も同様だと思いますが)国内で使用されたファイザーのワクチンはドイツのビオンテック社で生産されたもので、アメリカ国内で生産されたワクチンが国外へ出荷されるのは初とのこと。 世界中のほとんどの国がワクチンを欲している状況だとは思いますが、まずはアメリカと経済的にも地理的にも関係が深い両国から開始ということでしょうか。 
(T.W.)

5月1日(土)今日の一枚

残雪に四苦八苦
<11:45am 撮影>

4月30日(金)くもり時々雨 ひとこと日記

 
  今日本からカナダに渡航したらどんなルールがあるのでしょうか? 今回、一時帰国していた友人が日本からカナダに帰ってきたので、動画でどのような隔離生活だったか、総額いくらかかったかなどの生の声をYOUTUBE動画で聞いてみました。

 私が知っていた情報としては、カナダ入国後の隔離は14日間で、政府指定のホテルに3日間泊まり、その後ホテルまたは隔離された家で残りの11日間を過ごすという事です。 しかし、実際に聞くと驚きの事実が! まずは、PRC検査を3回受けなければならないそうで、1回目が日本から出発するときの陰性証明、2回目がカナダに到着した時に空港で、3回目が隔離生活の終盤で受けるとのことです。 そして彼はその3回目のPCR検査の結果が14日経っても出ず、待ち続けること24日目でやっと結果が出て隔離生活を終えることができたそうです。 その間の宿泊費はもちろん自腹。 下の動画でかかった費用の事なども話していますので是非ご覧ください。 早く自由に渡航ができる日が来てほしいと切実に毎日願っています。
(M.O.)
-*-*-*-*-*【マイルンのウィスライフ】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー
MaiとLunaがウィスラーの様子を動画でお届けします!
チャンル登録もよろしくね♪