5月21日(火)くもり時々晴れ ひとこと日記

  先日「今日の一枚」にも写真を掲載しましたが、リルエット族のロデオを見に行ってきました! 毎年この時期に開催されるロデオは3日間開催され、地元出身のブルライダーだけでなく、カナダ各地からブルライダーが集まり、なかなか盛り上がるイベントとなっています。

 写真にあるように暴れている牡牛に乗る競技、ブル・ライディングが一番目玉となっていますが、それ以外にもカウボーイのロープ投げ技術を競うチーム・ローピング、馬に乗って速さを競うバレル・レーシングなど、さまざまな競技が行われるので、見ていても飽きません。 ルールなどあまりわからなくても、ロデオは見ているだけでドキドキハラハラ、そして鮮やかに馬を操るカウボーイはかっこいい!

 その他、メインステージの横では、先住民族のダンスショーや、先住民族の洋服・アクセサリーなどの販売も行っており、気軽に文化に触れることが出来るイベントとなっていました。 毎年この時期に開催しているので、機会があれば訪れてみてはいかがでしょう?
(Y.N2.)
-*-*-*-*-*-*-*-*【マイルンの動画スノーリポート】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがスノーリポートを動画でお届けします!
チャンネル登録もよろしくお願いします!

5月21日(火)今日の一枚

湖からの景色がさわやかな季節です!
<11:30am 撮影>

5月20日(月)晴れ時々くもり ひとこと日記

 
  先日、バンクーバーにある水族館「Vancouver Aquarium」へ行ってきました。 バンクーバー市内のスタンレーパーク敷地内にあるここの水族館では川や海の生物に留まらず、熱帯雨林コーナーにはナマケモノやカラフルなインコ、蝶なども見ることができます。

 いつもはクラゲに癒されて帰ってくるのですが、今回はラッコたちに心を奪われました。 水にぷかぷか浮きながら愛くるしい表情や仕草を見せるラッコやひたすら水上を回旋しながら泳ぐラッコ、陸の上でごろごろして過ごすラッコ…。 一日中見ていても飽きない可愛さです。

 ラッコはバンクーバー周辺の海にも生息しているので、フェリーから野生のラッコを見ることもあるんですよ。 のんびりと気持ちよさそうに漂っている姿を見ていると、ラッコになりたいな…なんて思ってしまうのでした。
(M.Y.)

5月19日(日)晴れ時々くもり ひとこと日記

  最近はマウンテンバイクパークがオープンするなど、夏のアクティビティも徐々にシーズンが始まっているウィスラー 。 そして、私が昨夏からハマっている、ディスク(フリスビー)ゴルフシーズンもスタート!

 ディスクゴルフとは、コース上に設置されたバスケット型のゴールにディスクを何投で入れられるか競うシンプルなスポーツ。 通常、ゴルフ場のように開けた場所のコースが多いのですが、ウィスラーのディスクゴルフ場は森の中のコースがあったりと、自然そのままを利用したコース設計になっています。 目の前の木にぶつかったり、斜面を転がったりとハプニングもありながら、ディスクがバスケットに入った瞬間は気持ち良いんです!

 専用のディスク($15程度)はウィスラービレッジでも購入することができ、コースは無料で遊べます。 軽いハイキングのような運動量で、ちょっと身体を動かしたいときにちょうど良いので、この夏もチャレンジしていこうと思います。
(Y.S.3)
-*-*-*-*-*-*-*-*【マイルンの動画スノーリポート】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがスノーリポートを動画でお届けします!
チャンネル登録もよろしくお願いします!

5月19日(日)今日の一枚

先住民族・リルエット族のロデオショー!
<2:30pm 撮影>

5月18日(土)晴れ ひとこと日記

  写真は題して「夏と冬の交差点」。 撮影場所はゴンドラ中間駅ですが、写真左奥から春スキーを楽しむスキーヤー/スノーボーダーがゴンドラ中間駅へ、右奥からはフィッツシモンズリフトを降りたマウンテンバイカーがダウンヒルコースへ向かって移動していくポイントです。 撮影時間が夕方6時前後だったので、滑っている人はいませんが、日中であれば、今の時期しか見れない冬と夏が混じり合うウィスラーならではの光景が広がっているでしょう。

 ちなみに、ウィスラーの年間観光者数は300万人といわれていますが、割合は、冬が45%、夏が55%で夏の方が多いそうです。 そして、夏の集客に世界一の規模を誇るウィスラーのバイクパークが担っていることは疑う余地はなく、初心者から上級者まで、キッズからシニアまで、まさに老若男女で賑わっています。 自転車を含む必要なレンタル用品がすべて揃ったバイクパークを使ったダウンヒルレッスンもありますので、ちょっと気になったら、トライしてみるのも良いですよ!
(T.W.)

5月18日(土)今日の一枚

野いちごの花がたくさん咲いてました♪
<1:30pm 撮影>

5月17日(金)雨 ひとこと日記

  春の楽しみといえば山菜。 ウィスラーでは先週急に暖かくなったため、各種山菜が取りごろになりました。 写真のものはアメリカハリブキ。 ウコギ科の低木で、新芽はタラの芽の味や香りに似ているので、同じように食べることができます。 英語名のデビルズクラブ(悪魔の杖)の名の通り、葉も枝も沢山のとげで覆われているため、不用意に触ると痛い思いをします。

 先日ウィスラービレッジ近くのバレートレイル沿いで沢山採取してきました。 ものの20-30分でしたが、袋いっぱいになるほど! お友達にもおすそ分けして、てんぷらや炒め物などでいただきました♪ 春を感じさせてくれる、この味と香りにうっとり。 もうしばらくは山菜狩りを楽しむことができそうです。
(Y.N2)

5月16日(木)くもり ひとこと日記

  ウィスラーは熊と共存するベアフレンドリーを掲げています。 最近はようやく冬眠から目覚めたのか、熊の目撃情報を耳にすることが多くなりました。 この近辺に多く生息しているブラックベアは比較的大人しく、人を襲うことは滅多にありませんが、それでも道端でばったり出会ってしまうとギョッとするもの。 ブラックベアは臆病なので、騒ぎ立てたり刺激すると逆に身の危険を感じて襲ってくることがあります。 ただし、落ち着いて以下のように行動すれば問題ありません。

1. 大きな声を出さない、近づかない
2. ゆっくり静かに後ろに下がりながらその場を離れる

 邪魔してごめんね、自分は敵じゃないよ、道は君に譲るからね〜って感じです。 特にお子さまがいる時は大声を出したり熊に興味を持って走り寄ることなどないよう気をつけてください。

 また、愛くるしい小さな子熊は近づいても大丈夫なのでは?と思ってしまいますが、母熊が目を光らせてるので一番危険です。 撫でてみようなんて決して思わないでくださいね。

 ルールさえ守っていれば、野生の熊も可愛いものです。 道端でばったり出会うのはちょっと恐いですが、ベアビューイングツアーなら車から安全に観察できますよ♪
(M.Y.)
-*-*-*-*-*-*-*-*【マイルンの動画スノーリポート】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがスノーリポートを動画でお届けします!
チャンネル登録もよろしくお願いします!

5月16日(水)今日の一枚

バイクオープン5/17オープン!
洗車場も準備万端
<1:00pm 撮影>

5月15日(水)くもり時々晴れ ひとこと日記

春スキーシーズンはまだ2週間近く残っていますが、5/17にはバイクパークがオープンします。 ビレッジのスキーショップ達は完全に夏のバイクモードに衣替えが完了し、いよいよウィスラーの夏がやってくるという期待感がありますね。 というわけで、私も最近はマウンテンバイクを引っ張り出して、昨年の感覚を取り戻すべくバイクトレイルを走りはじめました。

ところで、マウンテンバイクにもスキーやスノーボードにレース用、新雪用、パーク用と種類があるのと同じように種類/ジャンル分けがあります。 各マウンテンバイクメーカーによっても呼び名や分け方は様々ですが、ざっと分けると以下のような感じ。 上から下に行くほどサスペンションの衝撃吸収能力が高くなりバイク自体の強度も上がっていきますが、バイクの重量は重くなっていきます。
  

クロスカントリー:平坦や登りのスピード重視。下りは少し苦手。 フロントにだけサスペンションが付いたタイプが多い。 安いモデルでも軽量。  
オールマウンテン: 登りも下りもOK。 前後にサスペンションが付いたフルサスモデル。
エンデューロ:下り重視ですが、ギア比設定は登ることも十分考えたセッティング。 ウィスラーで一番見かけることが多いタイプがこれでバイクパークも快適。もちろんフルサス。
ダウンヒル:下り(バイクパーク)専門。 大きなサスペンションストロークでどんな障害物でもいとも簡単に乗り超え吸収していきます。 乗り心地は一番良い。 

ウィスラーのトレイルを1種類のバイクで遊びつくすなら、エンデューロタイプがお勧めです。 よほどアグレッシブな走りをしない限りはバイクパークも大丈夫。 新車で買うと結構なお値段がしますが、 ウィスラーは中古バイクも多く流通しているので、詳しい人に相談しながら掘り出し物を探してみるのも楽しいですよ。
(T.W.)




5月14日(火)くもり時々雨 ひとこと日記

  先日は隣町のスコーミッシュにある、世界で2番目に大きな花崗岩「スタマワス・チーフ」へハイキングに行ってきました。チーフ岩はロッククライマーたちが登る岩壁としても有名です。岩壁の反対側から歩いて登れるハイキングトレイルもあり、今回は3つ山頂があるうちの2番目の山頂へ。

上の方まで登って行くと、ファーストとセカンドピークの間には、写真のような深い谷がありました。ロッククライマーたちの間ではスラックラインという、細いベルト上を綱渡りのようにバランスを取りながら渡るスポーツが流行っていて、この谷をスラックラインで渡る人もいるだとか。

ちなみに、この谷は高さ約290m、距離約64mもあり、3年前にはこれを命綱なして渡りきった人がいて、ワールドレコードにもなっています。 そのときの動画もこちらにありますので、ドキドキハラハラしたい方は、どうぞ!
(Y.S3.)
-*-*-*-*-*-*-*-*【マイルンの動画スノーリポート】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがスノーリポートを動画でお届けします!
チャンネル登録もよろしくお願いします!

5月14日(火)今日の一枚

水芭蕉の葉
可憐…とは程遠いジャイアントな大きさです。
<12:00pm 撮影>

5月13日(月)くもり ひとこと日記

  昨日までは夏のような陽気だったウィスラー。 日曜日には雲が多く出始め、今日は風が強く、涼しい一日となりました。 向こう数日は雨が降ったり止んだりのお天気となりそうです。

 ふと家のベランダを見てみると、ベランダに置きっぱなしにしていたキャンプ用の折りたたみの椅子に、木の枝やサルオガセがいっぱい引っかかっているのを発見。 風で飛ばされてきて挟まったのかな? と取り除いたところ、数分後に写真の(見えにくいですが)ユキヒメドリが小枝を咥えて現れました。 「あれ?どこいったんだろう??」という顔でベランダをうろうろ・・・。 ごめんよ、君が一生懸命集めたもの、片付けちゃいました・・・。 困惑顔のユキヒメドリ、5分ほどうろうろしてからどこかへ去っていきました。 朝から罪悪感でいっぱいになりましたが、どこかでいいお家を探せていることを祈るばかりです。
(Y.N2.)

5月12日(日)晴れ時々くもり ひとこと日記

今朝も軽く汗をかきながらゴンドラに乗車。 今日は平間和徳さんというスノーボード界ではとても有名なカービング系ライダーの方がウィスラーに撮影しに来ているので、マイルンもYouTubeでコラボして頂きました!

 朝からザクザクの春雪ってちょっと板を立てるだけでバタついたり刺さって転んでしまったりしませんか? なのにこの平間さん(通称ラマさん)は春でもギュンギュン体を倒してカービングしてるんです。

 コツは「雪の壁を押すこと」だそうです。詳しくは是非動画でご覧ください。  春もこうやって色んな練習が出来て、まだまだシーズン楽しんでおります!
(M.O.)
-*-*-*-*-*-*-*-*【マイルンの動画スノーリポート】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがスノーリポートを動画でお届けします!
チャンネル登録もよろしくお願いします!

5月12日(日)今日の一枚

雪解けシーズンで大迫力のアレクサンダーフォールズ
<16:30 撮影>

5月11日(土)晴れ ひとこと日記

先日、ウィスラーの老舗人気 レストラン「Araxi」に行ってきました。すでに知っている方も多いと思いますが、Araxiはオイスターなどシーフード料理が人気で、ウィスラー のベストレストランにも選ばれるレストランです。

オイスターはキュウリのジュレやクリームチーズなど4種類のテイストを味わうことができ、さっぱりとした味付けで美味でした。メインではビーフやラムなどのステーキもあります。今回、メインはローストダックを頂きましたが、肉厚にもかかわらず柔らかい歯ごたえで美味しかったです。

春シーズンはスペシャルコースを提供しており、お得にコースを堪能することが出来ます。ちなみに、今年はレストランができて36周年ということで5コースが$36で楽しめました。来年は$37になるのか気になりますね。
(Y.S3.)

5月10日(金)晴れ ひとこと日記

  ウィスラーのレストランシリーズ、今回はウィスラーでは比較的新しいレストラン「Basalt(バサルト)」へ行ってきました。 料理ジャンルはウェストコーストですが、西洋風創作料理といった感じでしょうか。 

全体的に落ち着いた雰囲気で、席数は多くありませんが、パティオもあります。 今回はこの時期限定のコースメニューで、ファラフェル、鴨肉のソテー、パンナコッタを堪能。 無理のない量だったこともあり、付け合せのニョッキやスグリももちろん完食です。 

 このレストランはBC州のワインやデザートワインも多数取り揃えています。 チーズもこだわりを持って選ばれたものなので、最高の組み合わせを楽しめること間違いなしです♪
(M.Y.)

5月10日(金)今日の一枚

お散歩中に川遊び♪
12:45pm 撮影

5月9日(木)晴れ ひとこと日記(スノーレポート)

Whistler Mountain:  天候 晴れ
春を通り越して初夏の暑さとなっているここ数日。 調子に乗って半袖Tシャツで山に上がってみましたが、さすがにそれはやりすぎで、滑走中の風で肌寒さを感じました(笑) それでも、通常のウェアでは厚着過ぎなコンディションですので、薄手のジャケットに長袖ベースレイヤー程度がちょうど良さそうです。

 本日は、予定外にピークエクスプレレスが運行を休止していましたが、気温上昇による雪崩リスクを考慮してのようです。 ピークに上がれないとなると、滑走可能な範囲が狭ままりますが、 ビッグレッドエクスプレス沿いの日陰になりやすいコースは、昼過ぎまでグルームされた状態が残っているので、気持ちよく滑ることができました。 また、ゴンドラミッドステーションまで降りることにはなりますが、ターミガンも他のコースにくらべ荒れずらいのでお勧めです。


5月8日(水)晴れ ひとこと日記

  最近20℃を越える陽気の続くウィスラーですが、こんな日は半そでショートパンツの人がうろうろしだすシーズンでもあります。 日本人の私達からすると、日中は良くても朝晩はまだまだ上着が必要だなーと思いますが、カナディアンはお構いなしの様子。 でも、こんな陽気が続くとビールが飲みたくなるのはカナディアンも日本の酒飲みも一緒のようです(笑)

 こちらの写真のビールは、バンクーバー(バーナビー)に醸造所を構えるSteam Works(スチームワークス)のビール。 バンクーバーダウンタウン内の直営のバーで飲み比べなどができる他、ウィスラー内のレストランや酒屋さんで取り扱いがされているビールです。 こちらは8本入りのセットになっているものですが、ホップの香りが強く、苦味の強い、アルコール度数の強めのビール4種類が入っています。 どれも特徴があり美味しいのですが、中でもピンク色の缶のHazy Pale Aleが私のお気に入り! ホップの香りと柑橘系の香りがするので、後味さっぱりの夏らしいビールとなっています。 パッケージも、バンクーバー近郊の地図を現したもの、バンクーバー近郊の海の景色を描いたものなどがあるので、ビール好きの方へのお土産にもいいかもしれません。

 カナダのビールは種類も多く、またパッケージも可愛らしいものが多いので、夏の新商品がでてくるのが待ち遠しいです♪
(Y.N2.)

5月8日(水)今日の一枚

車窓からパシャリ!
カナディアンカントリードライブの景色
<12:30pm 撮影>

5月7日(火)晴れ ひとこと日記(スノーレポート)

 
  Whistler mountain:  今日は晴れていて絶好の春スキー日和でした。 ラウンドハウスまで上がると、すでに雪は緩んでおり表面がシャバシャバの春雪。 朝一はスキーヤー・スノーボーダーも少なく、フレッシュトラックのような気持ち良さで滑走を楽しめます。 柔らかい春雪は、感覚的には浅めのパウダーを滑っているかのような滑走感でした。

 休憩のためにラウンドハウスに入ると、建物内は空いていて外のテラス席が賑わっていました。 欧米の人たちは、青空が見えるとここぞとばかりに日光浴を楽しみます。 山の上で日光浴をするために1本だけ滑るという贅沢な楽しみ方をする人もいるほど。 今年の春シーズンはウィスラー 山での営業なので、ラウンドハウスのアンブレラバーがオープンしています。 この機会にアンブレラバーを利用してみるのも、ありですね!
(Y.S3)

5月6日(月)晴れ ひとこと日記

アメリカのシアトルに遊びに行ってきました! シアトルからウィスラーに滑りに来る方もいらっしゃるくらい身近な町シアトル。 バンクーバーからはバスも出ておりアクセスも良好です。 今回は初シアトルという事もあり、せっかくなのでレンタカーで道中のドライブも楽しみつつ行ってきました。 国境を超える際に少し時間を取られましたが、 実運転時間としては4時間弱(バンクーバーダウンタウンから)といったところでしょうか。 走りやすいハイウェイ一本道なので、運転もらくちん。

 シアトルといえば、スターバックス1号店や、メジャーリーグのシアトルマリナーズが有名ですが、 特に印象に残ったのは「Museum of Flight」。 シアトルは航空機メーカーボーイング社発祥の地であり、ボーイング社の工場の隣には航空博物館があります。 非常に大きな博物館で、沢山の航空機が展示、収蔵されており、超音速旅客機のコンコルド(中に入れます!)や、世界最速の航空機「ブラックバード」などインターネットで画面越し、写真越しにしか見たことが無かった、本物を見ることができ感動しました。 

 ボーイング社はその他にも工場見学ツアーなどもしており、この周辺だけで一日遊べるエリアになっています。 シアトルに行く機会があれば、是非訪れてみて下さい。
(T.W.)

2019-2020シーズン リフト券/シーズンパスについて

  春スキーシーズン真っ盛りのウィスラーですが、すでに来シーズンのシーズンパス/リフト券の販売が開始となりました!

 8/31までの超早期割引リフト券に加え、Vailリゾート共通で使用できるEpic Day Pass(4日券~7日券)、Epic Pass(共通シーズンパス)など、ウィスラー・ブラッコムで滑走できるリフト券は種類が沢山。 今回はそれぞれのチケットの特徴と、あなたにおすすめのチケットをご紹介します。 ウィスラーは年々リフト券の料金が上がっており、少しでもお得に滑走を楽しみたいところ。 早く予約すればするほど料金はお得になりますので、来シーズンウィスラーでの滑走を予定されている方は ”必見” ですよ!

① 超早期割引リフト券(8/31締切)
ウィスラーブラッコムのみで使用可能なリフト券。 2日~14日券までの取り扱いがございます。 使用する時期により料金が異なりますので、ご滞在の期間に応じた料金をこちらからご確認ください。(使用期間をまたいでいる場合には、使用開始日の料金が適用となります) なお、8/31までのお支払い/予約完了が必須となりますが、それ以降のキャンセルも可能です。

② Epic Day Pass(5/27以降は料金が値上がりする可能性があります)
ウィスラーブラッコムを含むVailリゾート共通で使用できるリフト券。 こちらはシーズン中いつでも使用可能な4日~7日券までの取り扱いがございます。(Epic関連の料金はこちらをご参照ください) ウィスラーブラッコムだけでなく、他のリゾートも滑走する方向けのリフト券となっていますが、実はウィスラーブラッコムだけを滑る方でも、年末年始などはこちらのチケットのほうがお得になる場合も。 ただし、ご予約と同時にお支払いが必要となり、それ以降のキャンセルはできませんのでご注意ください。

③ Epicローカルパス(5/27以降は料金が値上がりする可能性があります)
ウィスラーブラッコムを含む3つのVailリゾート共通で、シーズン中10日間滑走できるリフト券です。 年末年始などのピークシーズンは一部使用できない日がありますが、料金は非常にお得。 さらに上記の10日間に加え、白馬バレーやルスツの連続5日券も料金に含まれるので日本でも楽しめちゃいます! 白馬バレーやルスツの1日券は大人6000円ほどとなりますので、日本でも滑ればグッとお得に。

④ Epicシーズンパス(5/27以降は料金が値上がりする可能性があります)
ウィスラーブラッコムを含むすべてのVailリゾート共通で使用できるシーズンパス。 日数や期間の制限はなく、いつでも滑走をお楽しみいただけます。 Epicローカルパス同様、白馬バレーとルスツの連続5日券も含まれています。 ウィスラーブラッコムだけを滑走する場合でも、13日以上滑走する場合にはシーズンパスがお得です。


※Epic関連の料金はUSドルとなりますので、5/1時点のレートでカナダドルに換算し、比較しています。 レートによっては必ずしもお得とならない場合がございますので、ご了承ください。

 滞在する期間、滑走の日数、年齢によってお得になるリフト券が変わります。 詳細はinfo@japanada.comまで、お気軽にお問い合わせください。

5月6日(月)今日の一枚

ぽかぽか陽気でチューリップも満開♪
<2:00pm 撮影>

5月5日(日)晴れ時々くもり ひとこと日記

  春のポカポカと暖かい陽気の中、まだまだスキーシーズン真っ只中ですが、ビレッジの周辺ではスケートボードやマウンテンバイクといった、夏のアクティビティを楽しむ人が増えてきています。 先日はストレージからマウンテンバイクを引きずり出し、近所のマウンテンバイクトレイルを走ってきました。

 今シーズン初日なので、感覚を取り戻しながら乗っていましたが、スキーと同じような感覚で、思っていたよりも身体が覚えていました。 天気も夏のような暑さもなく快適な気候。 走ったコースでは雪も全て溶けており、楽しく安全にシーズン初日を走ることができました。

 シーズン始めは、冬の間に雪の重みで崩れた場所や倒木などの障害物などが、まだ整備されていないコースもあります。 「Trail Forks」というアプリでは、トレイルを走った人がレポートを書くこともでき、とくに人気のコースで危険な箇所があったりすると、レポートが上がっていることもあるので、事前に情報を集め安全に楽しみましょう!
(Y.S3.)

5月4日(土)晴れ時々くもり ひとこと日記

  最近食べてばかりなMYですが、今回はYN2と仕事帰りに一杯がてらPangea Pod Hotel内にあるカフェへ立ち寄ってみました。 場所はビレッジ中心部のスマイルギフトさんの向い側にある建物のホテル入口から2階に上がったところにあります。

 ちょうど、ピザ+1ドリンク(お酒)のスペシャルをやっていたので、オーダー。 キノコとサラミのホワイトソースベースのピザを頼みましたが、案外美味しくてびっくり。 2人で1枚をシェアし、小腹が満たされるくらいの量だったので、お腹が空いていたら1人1枚でも食べられそうです。

 Pod Hotelの中にあるだけあって、朝から晩まで営業。 朝食はコーヒー、スムージー、エッグベネディクトなど、夜はお酒と軽いおつまみといったメニューがあるようです。 特に朝の利用は便利そうなので、要チェックです!
(M.Y.)

5月4日(土)今日の一枚

ブランディワイン滝にかかる虹
<12:30pm 撮影>

5月3日(金)晴れ時々もり ひとこと日記(スノーレポート)

  今日の山は、1日中空全体にうっすらと雲がかかり、すっきりした晴れにはなりませんでした。 しかしそのおかげで暑くなり過ぎず、午前中のピステンバーンはしっかり残っていてとても気持ち良かったです。

 しかし午後にはどの圧雪コースもボコボコに・・・。 こんな時はあえてコブを滑るのも1つの楽しみです。 春雪のコブは柔らかくターンのタイミングを掴みやすいのでかなり練習になります。 今日は週末なのでハーモニーチェアも空いており、まだまだフリーラン楽しめますよ! 
(M.O.)
-*-*-*-*-*-*-*-*【マイルンの動画スノーリポート】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがスノーリポートを動画でお届けします!
チャンネル登録もよろしくお願いします!

5月2日(木)くもり ひとこと日記(スノーレポート)

  今日の山の上はくもり、昼頃からは風も出てきて小雨(小雪)がぱらぱらと降る寒い一日でした。 雪のコンディションはシャバシャバの春雪なので、練習にはもってこい! 春の限定されたエリアといえども、まだまだ長い距離を滑走できるので、滑り込みたい方にはぴったりでしょう。 レーシングやモーグルのチームなども練習をしているので、上手なスキーヤー/スノーボーダーが沢山見られるのも春のウィスラーのいいところかもしれません。

 今日はあまり気温が上がりませんでしたが、さすがに雪解けは始まってきており、下山コースはほぼ土がむき出しのところなどあり、おすすめができません。 写真のサインに書いてある通り、ゴンドラでの下山が推奨されていますので、ゴンドラミッドステーションから下りのゴンドラに乗ることをおすすめします。(5/6以降は完全にゴンドラ下山のみとなります)
(Y.N2.)

-*-*-*-*-*-*-*-*【マイルンの動画スノーリポート】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがスノーリポートを動画でお届けします!
チャンネル登録もよろしくお願いします!

5月2日(木)今日の一枚

マイルン撮影現場に遭遇♪
<12:30pm 撮影>

5月1日(水)晴れ ひとこと日記

  日本への一時帰国の際、毎年の悩みが日本へのお土産。 最初の年はメープルクッキーやメープルシロップなどの定番でいいのですが、回数を重ねていくとだんだん「去年はあれ買ったしなぁ…」となってくるのです。 そんな時に駆け込むのがウィスラービレッジのスマイルギフトさん。 日本人好みの商品が次々入荷されるので、困ったときにはここの新商品をチェックして、スタッフの方に相談するのが近道です♪

 今回購入したものの一つが、新商品のメープルティー。 メープルティーといえばお土産の定番ではありますが、こちらは紅茶屋さんが作ったメープルティーということで、お茶の味、香りも良く、さらに余計な甘さは加えられていないので、お茶そのものの味を楽しむことが出来ます。 紅茶だと軽く、また缶が可愛いのでお土産にぴったりですね。 その他にもアイスワインフレーバー、ブルーベリーフレーバーの紅茶など種類を取り揃えていますので、ちょっとしたギフトなどにもいいかもしれません。

 お土産のお買い物をされる際は、先にジャパナダオフィスにお立ち寄りくださいね。 スマイルギフトさんの割引券をお渡ししています。
(Y.N2.)

4月30日(火)晴れ ひとこと日記

  最近はお天気の良いが続いており、日差しが暖かいので、テラス席で食事をするのも心地良くなってきました。 先日はビレッジの中心部に位置するBeacon Pub & Eatery(ビーコン)というパブでランチタイム。

 メニューのメインはバーガーやサンドイッチですが、その他にも軽くつまめるものやサラダ、スープもあります。 肉汁たっぷりで厚みのあるパテのバーガーに、たっぷりのフレンチフライの組み合わせは王道ですね。 休日だったので、昼間からポテトをつまんでビール飲んでのんびり過ごす至福のひと時でした(私はお酒飲まないですが)。 バーガーはなかなかボリュームがあるので、半分はお持ち帰り。 カナダでは食べきれなかったら気軽に持ち帰りできるのが嬉しいところです。

 外に長時間座るには少し肌寒い日でしたが、ここはヒーターとブランケットがあるので快適♪ 夜はお酒を飲む人で遅くまで賑わっていますが、昼間は子連れでもOK。 夜は年齢確認の為、身分証の提示を求められることもあるのでパスポートがあると安心です。
(M.Y.)

4月30日(火)今日の一枚

ハイキングの後は海を見下ろしながらランチ
スタワマスチーフにて
<0:30pm 撮影>

4月29日(月)晴れ ひとこと日記(スノーレポート)

Whistler Mountain
 見渡す限り誰もいない!! ハイシーズン中では考えられない、貸し切り状態のバーントシチュートレイルを滑ることができました。 春シーズンの平日はハーモニーリフトが運休となるため、若干利便性が悪いということが影響したのか、バーントシチュートレイルでは他のスキーやとほとんで出会いませんでした。 こんな贅沢はそうそう味わえないなぁと、かなり得した気分。 ただ、コース後半はしばらく斜度緩めの林間コースが続き、運休中のハーモニーをスキップしてエメラルドリフトまで下りる必要があるので、時間に余裕をもって滑走されるのが良いでしょう。
 
 昨日のスノーレポートでもご報告していますが、ウィスラーゴンドラ中間駅から下の滑走は自己責任となっています。 怖いもの見たさで試しに滑走してみましたが、土や石、コースの分断(板を外して歩く)が所々あり、中間駅からはゴンドラ下山を強く推奨します。
(T.W.) 

4月28日(日)晴れ ひとこと日記(スノーレポート)

  Whistler Mountain:朝の内はマイナスの気温となっているため、オープンして直ぐは全体的に硬めのコンディションとなっています。 昼頃になると雪が緩み、春雪のシャバシャバ雪と変わっていきますが、日当たりや標高によりコンディションが変わりますので、お気をつけて滑走をお楽しみください。

 なお、ミッドステーションより下、およびクリークサイドゴンドラよりも下の下山コースはクローズとなっていました。 滑走している人もチラホラいましたが、土がむき出しになっている箇所が増えており、下まで滑ってくることは出来ない状況になっています。 帰りのゴンドラは混み合う場合がありますので、滑走後にバスに乗られる方は、時間に余裕をもって降りてくるようにしましょう。
(Y.N2.)

-*-*-*-*-*-*-*-*【マイルンの動画スノーリポート】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがスノーリポートを動画でお届けします!
チャンネル登録もよろしくお願いします!

4月28日(日)今日の一枚

春は気持ち良~くクルージング
<1:00pm 撮影>

4月27日(土)くもり時々晴れ ひとこと日記(スノーレポート)

  Whistler Mountain:  朝方は、ラウンドハウスレストランや山頂付近はマイナス10℃近くまで冷え込んでいるので、圧雪ゲレンデはキレイなハードパックになっていました。スキー場全体の状況をまとめてみましたので、滑走されるコースの参考にしてみてください。

・ピークエクスプレス&T-barエリア
サドルやTバーランなど圧雪ゲレンデは、終日通して締まった良いハードパックで、春とは思えないコンディションです。 気温が上昇する午後は若干グリップ感が増すような感触でした。
・エメラルドエリア
朝方はカリカリですが、昼前にはリフト乗り場付近はあっという間にシャバシャバ春雪に変化。 足を取られないように注意して滑走が必要ですね。
・レッドエクスプレスエリア
上部の圧雪ゲレンデは日陰になる斜面も多く基本的には終日硬い雪です。 そして、ピークエリアより若干アイシーですね。 ポニートレイルの下部などは気温の上昇ともに緩んで春雪のコンディションに。 また、日当たりの良いジミーズジョーカーの春コブが柔らかく、とても滑り易いです。

 天気予報では、しばらくは極端な気温上昇はなさそうなので、似たようなコースコンディションが維持され、まだまだ快適なスキーが楽しめそうです。
(T.W.)

4月26日(金)くもり時々晴れ ひとこと日記(スノーレポート)

  Whistler Mountain: New Snow: 0cm 天候:くもり時々晴れ

 今日も春らしい天気で、朝はゴンドラオープンに合わせて、たくさんのスキーヤー・スノーボーダーの長い列ができていました。 気温は高すぎず山頂付近では風も強かったため、パーカーなどの薄着で行くと少し寒く感じます。 コース状況は朝一は硬い斜面もありますが、12時を過ぎたころからは徐々に緩み始め、程よいグリップ感のある雪質になり、気持ちよくクルージングを楽しめます。 

 春はコブができやすいシーズンとなり、非圧雪のコースは自然コブが成長してきていました。 春雪は冬の雪に比べスピードがゆっくりになり、転んでも痛くないので、コブの練習にはもってこいの季節です。 Jimmy's JokerやCoyoteのコブがリズムも良く、滑りやすくてお勧めです!
(Y.S3.)

4月26日(金)今日の一枚

インストラクター資格レベル3の試験
真剣に臨む受験者たち
<1:30pm 撮影>

4月25日(木)晴れ ひとこと日記(スノーレポート)

  Whistler Mountain: New Snow 0cm 天候:晴れ

 スプリングシーズンが始まり、気候もようやく春らしくなってきました。 12時過ぎに山に上がり、ウィスキージャックを滑走。 緩み始めた程良いグリップで、春らしい雪質をクルージングできました。 その後、ピークリフトに上がりサドルを滑走しましたが、バーンは少し硬めです。 ゴンドラ中間駅からの下山コースは融雪が進み、1日の中でもバーン状況が変わります。 また、土が見えている場所がありますが、目印がされていないため、ゴンドラでの下山をお勧めします。

 春はモーグルチームがキャンプに訪れることが多いのですが、サドルコースの横にはモーグルのキャンプで使用するための綺麗なコブラインが作成されています。 まだ完成はしていないようでしたが、専用コースでの練習が始まったら、コブのスペシャリスト達の技術を、間近で見れるかもしれません。
(Y.S3.)

4月24日(水)晴れ ひとこと日記

  先日、無性にバターチキンカレーが食べたくなり、カレーディナーを楽しんできました。 ウィスラーにはインド料理のお店が3店舗あり、本格インドカレーが楽しめるのですが、今回は弊社でもミールクーポンの取り扱いがある「Tandoori Grill」へ行ってきました。

 カレーっていつも何を頼むか迷うのですが、定番のバターチキンと、マサラをチョイス。 手作りナンももちろん欠かせません。 前菜にサモサを食べてお腹を落ちつけようと思ったのですが、食べたらもっと食べたい!と余計にお腹が空いてしまいました(笑) しばらくするとカレーが到着。 スパイスの香りと絶妙な酸味が食欲をそそり、あっという間に完食。 満腹感で幸せです。

 カナダに来てまでカレーねぇ…と思うかもしれませんが、食べ慣れたお米は長米といえどやっぱり日本人の口にはしっくりきます。 スパイスに食欲が刺激されるので、時差ボケであまり食欲が湧かないときでも比較的食べやすいメニューかもしれません。 メニューのチョイスに不安がある方は、ミールクーポンを活用するととっても楽ですよ♪
(M.Y.)

4月24日(水)今日の一枚

おはようクマさん!
朝のバレートレイルにて。
<9:30am 撮影>

4月23日(火)雪のちくもり ひとこと日記(スノーレポート)

Whsitler mountain:   天候:雪のちくもり

 春スキー営業初日のウィスラーマウンテン。 営業時間も朝10時からになり、いつもの体内時計で滑っていたら、あっというまに午後1時くらいに。 気持ちは午前11時くらいのつもりでした(笑)。 春スキーのペースに慣れるには少し時間が掛かりそうです。 営業リフトも減ってはいますが、それでも十分な滑走エリアが確保されています。 それでも、天気が良く視界が十分であれば、ピークエクスプレスを回したいところ。 現時点ではサドルの雪質も良く、滑りごたえたっぷりの圧雪コースです。 また、ウィスラーボールのコブなどは、先日の降雪でリセットがかかり、ほどよい深さになっています。 雪も柔らかめなので、膝にも優しくコブが楽しめるでしょう。
 
 ビレッジへの下山コースは一部をのぞいて完全な重い春雪。 疲労を感じるときなどは、ラウンドハウスからゴンドラ下山するのも良いですね。 なお、ゴンドラ中間駅から下はコースの真ん中でも一部地面が見え始めており、注意が必要なコンディションです。 こちらはゴンドラ下山をベースに考えて頂いた方が良いでしょう。 
(T.W.)

4月22日(月)雨 ひとこと日記(スノーレポート)

  Blackcomb mountain: New snow 1cm  天候:雪

 今日でブラッコム山がクローズとなってしまうため、終日ブラッコム山を滑走してきました! ビレッジでは雨降っていましたが、エクスカリバーゴンドラからリフトに乗り継ぐと、中腹から上は雪に変わり一気に真冬の景色に。 圧雪後の硬めのバーンの上に薄っすらと降雪があり、朝一はどのコースでもフレッシュトラックのように滑走できました。 しかし、少し滑走するとウェアがびしょ濡れになり、気温も-5℃低く身体が冷えてきたため、一旦休憩。 休憩中に外の様子をみていると、雪の粒が徐々に細かくなりパウダースノーに! 降り方も激しくなってきたため、これはチャンスと準備しリフトに乗車。 7thヘブンからグレーシャーエリアに抜けるブルーラインに行くと、コースの半分はノートラックの斜面が広がっていました! 視界はイマイチだったものの春のパウダーを気持ちよく滑れました。

 ブラッコム山の最終日にまさかのパウダーを味わうことができたのと同時に、「まだまだ滑れるのに」という寂しさもありましたが、明日からはスプリングシーズン! ウィスラー山が5月27日までの営業と、1ヶ月以上もシーズンが続きますので、まだまだ楽しみたいと思います!
(Y.S3.)

-*-*-*-*-*-*-*-*【マイルンの動画スノーリポート】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがスノーリポートを動画でお届けします!
チャンネル登録もよろしくお願いします!

4月22日(月)今日の一枚

盛大に雪が降るブラッコム最終日
<10:45am 撮影>

4月21日(日)くもり時々晴れ ひとこと日記

  カナダで日本の食べ物はヘルシーな食べ物として、大変人気があります。 先日見つけた日本ぽいお菓子はコチラ。 NORA。 え? NORI(海苔)じゃないの? NORAってなんだろうと思い、買ってしまいました。

 味は日本にもある、イカフライのお菓子に海苔がくっついているようなもの。 油で揚げてあるのでヘルシーさはないですが、サクッとしておりちょっと懐かしい味がしました。 

 パッケージの裏面には、「NORAを食べればアジアの風を感じることが出来る、パスポートはいりません」と書いてありました。 うーん、そこまででもないと思いますが、また食べたくなったら買ってみようかな。 ちなみになぜNORAなのかはわかりませんでしたが、「Seaweedは日本ではNori、韓国ではGimと呼ばれています。」と書かれていたので、誤植ではないようです。
(Y.N2.)

4月21日(日)今日の一枚

手を伸ばしてちょっとでも早くゴールイン!
<11:30am 撮影>

4月20日(土)晴れ ひとこと日記(スノーレポート)

  Whistler Mountain: New Snow 0cm 天候:晴れ

 しばらく雨が降ったり止んだりとスッキリしないお天気が続いていましたが、今日は文句のつけようがない快晴でした! 朝は山頂でも-6℃と冷え込んでいたため、前日に緩んだ雪が固まってアイスバーンのコースもありましたが、お昼を過ぎると表面の雪が緩みだし、山の上部はまだまだ良いコンディションで滑走が楽しめます。 ゴンドラの中間駅より下部は重ためのザブザブした雪質となり、コース脇は雪解けが進んでいます。 下山中に疲れてきたらゴンドラでのんびり下山するのもお勧めです。

 4月22日でブラッコム山がクローズとなり、ウィスラー山のみの営業となります。 春シーズンに入ると、一部リフトやコースがクローズとなる場所もありますので、オープン状況を確認しましょう。 また、春シーズンは雪解けの進み具合によってコース状況も変わりやすいので、圧雪されているコースの外側での滑走の際は、岩や沢の穴などの障害物にご注意ください。
(Y.S3.)

-*-*-*-*-*-*-*-*【マイルンの動画スノーリポート】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがスノーリポートを動画でお届けします!


チャンネル登録もよろしくお願いします!

4月19日(金)くもり時々雨 ひとこと日記

  クリークサイドで朝食といえばここ、Southside Diner(サウスサイド・ダイナー)。 ローカルにも人気のお店で、毎朝賑わっています。 メニューはエッグベニーやパンケーキなどのメニューとなっており、ボリュームたっぷりでどれも美味。 エナジーチャージしてからスキー場に向かいましょう。

 今回オーダーしたフレンチトーストのサンド(ハム、チーズ入り)、なんとカナダらしくメープルシロップがたっぷりついてきます。 恐る恐る掛けながら食べてみると・・・これはこれでなかなか美味しい! ただ、カロリーを大量に摂取している感じがあり、罪悪感はありましたが・・・(笑)

 ちなみにこちらのお店には、日本語が喋れるウェイトレスさんがいるので、困った時でも安心。 他のスタッフもとてもフレンドリーなので、気軽な雰囲気の中、お食事が楽しめますよ。 ドミトリータイプのホステル、Southside Lodgeの1階にありますので、こちらにお泊りの方も便利にご利用頂けます。
(Y.N2.)

4月19日(金)今日の一枚

ドキドキのサスペンションブリッジ
スコーミッシュにて
<11:00am 撮影>

4月18日(木)雨 ひとこと日記

  ウィスラーのお土産屋さんを眺めていると、本当に色々なものがあります。 その中で、前々から気になっていた商品を発見。 それがこちらの氷河泥のパックです。

 ウィスラーを含め、氷河のある地域では、エメラルドグリーンや水色のような色の川がよく見られます。 そうした川底や川岸には細かい泥が沈殿しているのが確認できるのですが、どうやらこの泥がミネラル成分豊富でお肌に良いらしいという噂を聞いたことがありちょっと気になっていました。 こちらの製品は100%ナチュラル成分なのも嬉しいところです。

 写真のものは、使いやすい1回使い切りタイプ。 無香料の他に、ラベンダーなどハーブで香り付けされたものなど数種類ありました。 サイズも小さく軽いので、複数の方、特に女性向けにたくさんお土産を必要なときには便利かもしれません。 
(M.Y.)