8月4日(火)今日の一枚

お庭のシロツメクサを食べに、可愛い来客
<4:30pm 撮影>

8月3日(月)くもり ひとこと日記

  最近晴れて暑い日が続くウィスラーですが、最近話題に上がり始めたのが山火事。 最近ウィスラーでもタバコの不注意と思われるボヤがあったり、キャンプファイヤーの消し忘れがあったりと、危うく大きな火事になりそうになった事件があったそうです。

 今年の夏は遠出ができないため、カナダ国内に住む方は近くでキャンプなどを楽しむ方も多いかと思いますが、出かける前に必ず確認して欲しいのが、キャンプファイヤーをやっても良いかどうか。 キャンプ場にファイヤーピットが用意されていても、Fire Banが出ている場合にはキャンプファイヤーをすることができず、もし火をつけた場合、罰金の対象となる場合があります。 必ずBC州の情報と、出かけ先の地方自治体の情報を確認してください。 ウィスラーの場合だとこちらのサイトに情報がまとまっていますが、現時点でウィスラー市内のキャンプファイヤーは許可がない限り基本的にNG、公園でのバーベキューもプロパンガスのもののみ(直火や木炭のBBQは禁止)となっています。

 皆さんも注意してキャンプやBBQなどをお楽しみくださいね!
(Y.N2.)

8月2日(日)晴れ ひとこと日記

  先日、「欲張りプラン②」にご参加いただいたお客様をご案内! 欲張りプラン②は、カナダならではのアクティビティ、カヌーと乗馬を体験でき、さらにカナダの景色を存分に堪能できるツアーです。 ご参加いただいたお客様はご友人同士の2家族で、小さなお子様もカヌーや乗馬に挑戦。

 カヌーのパドリングは慣れていないと力が入ってしまい、初めは大人でも疲れてしまいます。 先日のツアーでは風があり波が大きく難しい状況の中、兄妹で力を合わせてパドリングを楽しんでいました。 その後の乗馬ツアーも、しっかりと馬に指示を与えて最後まで楽しそうに参加されており、満足そうな笑顔でツアーから戻って来ました♪

 欲張りプランは6歳以上のお子様からご参加いただけます! 半日に様々なツアーがギッシリと詰まっているため、滞在期間の短い方にも満足いただける大変お勧めなツアーです!
(Y.S3.)

8月2日(日)今日の一枚

圧倒的存在感のスタワマス・チーフ
スコーミッシュダウンタウンより
<1:00pm 撮影>

8月1日(土)晴れ ひとこと日記

  チャカマス湖のトレイルがオープンしたということで、早速ハイキングに行って来ました。 ジャパナダのハイキングツアーでも人気のコースで、巨木が並ぶ森の小道を氷河湖(チャカマス湖)まで歩く片道3㎞のコースです。 
 
 トレイルヘッドに到着したのは朝8時半ごろでしたが、既にパークレンジャーが入口に立っており、今期から導入されたDay use passをチェックしていました。 トレイル内は倒木も取り除かれており、ばっちり整備済み。 とても歩きやすい状態になっています。 チャカマス湖の湖畔に到着したころには、朝日が湖面を照らし、緑がかった氷河湖特有のカラーに染まり始めていました。

 湖畔でゆっくり休憩したり、もう少し奥まで歩いてみたりと、しばらくトレイル内で過ごしましたが、例年よりも明らかに人が少ない印象。 すくなくとも現時点では、デイパスの人数枠をかなり絞っているのかもしれません。 
(T.W.)

8月1日(土)今日の一枚

ディスクゴルフ場に訪問者
<2:30pm撮影>

7月31日(金)くもり時々雨 ひとこと日記

  最近のウィスラーは30℃を超える日が続き、短い夏がようやく始まったという感じがしています。 暑い日が続くと人気なのが水辺のアクティビティで、カヌーやラフティングが大人気。 ローカルもビーチでのんびりしたり、湖で泳いだりとレイクサイドで過ごす人が多いように思います。

 次の週末は祝日を含む3連休となるため、特に混雑が予想されるということで、アルタ湖湖畔にあるレインボーパークへのフリーシャトルが出るとの事!(ウィスラービレッジ発、クリークサイド発の2路線) レインボーパークはウィスラー山とブラッコム山の眺望が綺麗な広々とした公園ですが、ウィスラービレッジからはバレートレイル経由で3kmちょっとと少し距離があることと、バスの経路がない為、車か自転車でのアクセスが主流でした。 シャトルがあると車のない方でもアクセスが便利ですね。 現時点ではこのフリーシャトルはパイロットプログラムということで、8/1~8/3の週末限定のようです。 また、この期間中のレインボーパーク近くの路上駐車は禁止となるそうなので、週末に車で訪れる方はご注意ください。(詳細はこちらをご参照下さい)

 レインボーパーク以外だと、ロストレイクも無料のシャトルバスが走っていますので、レイクサイドで過ごしたい方はこちらもご利用いただくといいと思います。
(Y.N2.)

7月30日(木)晴れ ひとこと日記

  ウィスラーには約517ものマウンテンバイク用トレイル(MTBパークを含む)があり、初級者~プロがそれぞれのレベルで楽しめるようなトレイルが作られています。 行きたいトレイルへのアクセス方法や難易度などの詳細を確認するときに「Trailforks(トレイルフォークス)」という地図アプリを使用しており、そのマップ上では各レベルが色分けされて表されています。(初級:グリーン、中級:ブルー、上級:ブラック、エキスパート:レッド、プロ級:オレンジ)

 上級以上のトレイルになると、急斜面や大きな岩面を下る難しい場所もあり、初めて行く場所では必ず一度MTBを降りてチェックをしながら進んでいきます。 実際に行ってみて怖くて行けなかったり、その日の調子によって行くか行かないか判断することも多くあります。 そういった場所では迂回ルートが作られていることも多く、巷では「チキンライン」と呼ばれています。 チキンと言われると負けず嫌いは絶対に行きたくありませんが(笑)、無理をして失敗をしてしまったら、せっかくの楽しいMTBがトラウマになったり、怪我をしてしまったりと良いことはありません! MTBはこういったメンタルによる判断が重要なため、調子のあまり乗らない時や恐怖心が出て自身が無いときは、チキンラインを気持ちよく走り安全に楽しみましょう。
(Y.S3.)

7月30日(木)今日の一枚

ナイター照明で快適草ソフトボール
<8:30pm撮影>

7月29日(水)晴れ ひとこと日記

  トフィーノ・ユクレット旅行記③(その②はこちら): 友人は滞在中、毎日サーフィンをしていましたが、私は寒いのでパス。 代わりにいくつかハイキングトレイルを歩いてみました。 1つ目はWild Pacific Trail。 ユクレットの町中から歩きでアクセスができるハイキングトレイルで、海岸沿いを歩く、フラットで歩きやすいトレイルです。 途中ベンチや展望スポットなどが多くあるので、ランチを持参してピクニックをするもよし、海の音を聞きながらぼーっとするのもよし。 徒歩のみアクセス可能ということもあり、混雑していなかったのも良かったです。

 2つ目のトレイルは、トフィーノの町からウォータータクシーで10分ほどのMeares Islandにある、Big tree trail。 ここは樹齢1000年を超える大杉が見られるトレイルで、ここも登りの少ない易しいトレイルです。 前半は木道が敷いてあるため、非常に歩きやすいですが、後半はぬかるみを歩くところが多くなるので、ハイキングブーツがあるといいでしょう。 大杉だけでなく、どの植物も大きく育っているので、歩きながら自然の力強さを感じることができました。 トフィーノの町中は混雑していましたが、ここのトレイルは船でのアクセスということもあってか、ほとんど人と会うことなく静かでおすすめです。

 今年はコロナの影響で国境もあかず、またBC州内の旅行に留めておくことが推奨されています。 今年の夏はBC州内の良さを改めて見直すチャンスかもしれません!
(Y.N2.)