1月28日(火)晴れ ひとこと日記(スノーレポート)

  Whistler mountain: ほとんど雲がなく、昨日に引き続き気持ちの良い晴れ模様。 昨晩の降雪は9cmと柔らかい雪質を楽しむ事ができました。 ピークリフトは9時30分にオープンし、ハーモニーリフトなどアルパインエリアも続々オープン。 11時過ぎにゴンドラでラウンドハウスへ上がりましたが、タイミングが良かったのかピークリフトには並ばずに乗車でき、探せばパウダーが残っている場所もチラホラありました。

 今日は、そんなパウダーを横目に、ウィスラー最長と言われているコース「Peak To Creek」のノンストップ滑走に挑戦!(1人で。笑) コースはウィスラー山頂から麓のクリークサイドまで、全長は11km、標高差は1,609mもあり、中級コース程度の斜度が続きます。 今日は山麓でも0℃とある程度は気温が低く、新雪も積もったおかげで、上から下まで全体的に柔らかめの雪質でしたが、デコボコが多く苦戦。 ターンを細かくしないとコントロールが難しいコンディションだったため、なんとか数えた総ターン数はおよそ400ターン! 前半は綺麗なターンを心がけましたが、後半は脚の筋肉が疲れてくるので、いかに楽にターンをするかが滑り切るカギとなります。 クリークサイドがはるか遠くに感じ、早くクリークサイドに着いてほしいと、心の底から思いながら滑ったことは初めての経験でした。
(Y.S3.)

1月27日(月)晴れのちくもり ひとこと日記(スノーレポート)

  Blackcomb Mountain: 昨晩の積雪は8cm。 久しぶりの晴れ間が見えたこともあり、朝9:30にウィスラーゴンドラは行列ができていました。 それじゃあブラッコム山に上がろうかとエクスカリバーゴンドラを見ると、行列ゼロ。 ささっとゴンドラに乗りこみ、天気のいいうちに氷の洞窟を見にブラッコムグレーシャーを目指します。 ショーケースTバーは前日オープンしていなかったため、パウダーを狙った人で混み合っていましたが、それでも10分程で乗車することができました。

 そこから少しハイクアップすると、トラックの少な目なブラッコムグレーシャーコースが! 気温も程よく、風もなかったので、本当に過ごしやすく気持ちの良い日にパウダーを堪能することができました。 その後ブラッコムグレーシャーの洞窟を拝み、クリスタルリフトへ。 コース上はさすがにトラックアウトされていましたが、森の中にはたっぷりとパウダーが残っており、平日の恩恵をうけ一日中空いたゲレンデを楽しむことができました。

 明日まで天気は良い予報。 今晩は雪も降りそうなので、明日の朝は混雑が予想されます!
(Y.N2.)

1月27日(月)今日の一枚

神秘的な輝きを放つ
ブラッコム氷河
<11:00am 撮影>

1月26日(日)くもり ひとこと日記(スノーレポート)

  Blackcomb Mountain: 本日は山頂付近が強風のためブラッコムゴンドラなど、減速運転をするリフトも見られました。 そんな中、グレーシャーリフトがオープン。 アルパインエリアのリフトは開かないと予想しクリスタルに向かっていましたが、クリスタルが強風によりホールドしていたため、グレーシャーリフトに乗車しました。 リフトに乗車し上に着くと、視界が悪いにも関わらずスパンキーラダーズには行列ができていました。 視界が悪く行列ができているスパンキーは諦め、最近行っていなかったチムニーへ向かいました。

 チムニーはクリスタルリフト降り場の真上に見える斜面ですが、急斜面の細い道を登らないと行くことができず、入り口も普通に滑っていたらわからない場所にあります。 滑り始めると、今日は大当たり。 深めのパウダーが残っており、浮力のある気持ちのいい1本を楽しめました。
(Y.S3.)

1月25日(土)くもり ひとこと日記(スノーレポート)

  Whistler Mountain: 本日はくもりのお天気でしたが、時々晴れ間も見えたりと、視界は思っていたより悪くありませんでした。 シンフォニーやピークリフトも運行していたので、ピークリフトからWest Bowlへに滑りに行きましたが、まだ長い行列ができる前で火とは少な目。 お昼頃に行ったため、もちろん、ある程度のトラックは付いていましたが、トラックは気にならないほど雪質が柔らかく、爽快に滑走することができました。 ただし、West CirqueというWest Bowlに続くコースは、入口が岩場の急斜面。 例年より雪が少ないせいか入り口は狭く、少しジャンプしないと行けないため、緊張感もありつつの滑走。 時には引き返すことも大事です。

 アルパインエリアではチラホラ雪が舞う中、ビレッジでは雨が降っていたりと、標高によって雪質がガラリと変わります。 中腹はアイスバーンのところもありますので、斜面状況をよく見ながら安全なスピードで滑走しましょう。 ちなみに、Blackcomb山はShowcase T-barがオープンしていたということで、ブラッコム氷河エリアの滑走も気持ち良さそうでした。
(Y.S3.)
-*-*-*-*-*-*-*【マイルンの動画リポート】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがウィスラーの様子を動画でお届けします!

1月25日(土)今日の一枚

今日の大気光学現象
映向日アークと思われる光の環
<12:00pm 撮影> 

1月24日(金)くもり ひとこと日記

  美味しいパスタが食べたい方にお勧めの「Pasta Lupino(パスタルピーノ)」というレストランへ行ってきました。 このレストランでは、パスタもソースも自家製で、もともとはパスタやピザ生地などを販売するストアだったのですが、あまりの人気にレストランも作ったのだそうです。 もちろん、現在もパスタやピザ生地の販売も行ってますので、キッチン付きのお部屋にご滞在の方でお部屋で食べたい方にもお勧めです。

 メニューはソーセージ・アラビアータやラザニアなど、出来合いのものもありますが、パスタやソースの種類を自由に選んで、自分好みのメニューにすることもできます。 今回はスパゲッティーニにボロネーゼソース、さらにソーセージをつけて食べてみましたが、なかなか良い組み合わせでした。

 予約は必要ありませんが、ホリデー期間中などのディナーは混んでいることが多いので、ランチで利用するのもありです。 デザートのティラミスも美味しく、豆をこだわっているコーヒーやエスプレッソも美味しいので、是非お試しください。
(Y.S3.)

1月24日(金)今日の一枚

オリンピックプラザのちびっこゲレンデ
<12:00pm 撮影> 

1月23日(水)くもり時々雪 ひとこと日記(スノーレポート)

  Whistler Mountain: 本日も30cmオーバーの積雪!朝の麓のお天気は雨ではありましたが、山の上では連日コンスタントに雪が降り続いています。ベースの積雪深(標高1650m地点)も240㎝程度となっています。
 
 新雪情報に吸い寄せられてか、平日木曜日にしては、朝から行列ができていたゴンドラ乗り場前でしたが、なんらかの理由(標高が低いエリアでのアバランチコントロールの影響だったもよう)によりゴンドラの営業開始が遅れ9時ごろに。 ゴンドラ待ちの混雑を避けてフィッツシモンズ→ガルバンゾー経由で山へ上がりました。水気の多いかなり重めの雪が降ったようで、ゲレンデ8合目ラウンドハウス付近の雪は握ればすぐに固まる雪。午後になると固く細かい凸凹がバーン上に形成され不意に足を取られ少しトリッキー。 標高をさげていくと、より水気の多いシャーベット状の雪となっていました。

 写真はラウンドハウスからアルパインエリアを眺めた様子ですが、視界不良と強風のため残念ながらアルパインのリフトはオープンすることなく、ゲレンデ最上部エリアを滑走できず。 明日は少し風が弱まるようですが、雪崩リスクの問題もありオープンするかどうかは微妙かもしれません。
(T.W.)

1月22日(水)くもり ひとこと日記(スノーレポート)

  Whistler Mountain: 今日の積雪は12cmとそこそこの降雪だったため、あまり期待せずに山に上がったところ、思いがけず深いパウダーにありついてしまったラッキーな1日でした。 昼頃からゴンドラに乗ったところ、最近オープンしていなかったアルパインエリアのチェアリフトが続々とオープン! 週の中日ということもあり、人もあまり多くなく、ヘリスキーのようなノートラックのパウダーがそこかしこに残っていました。 しかも膝上まで埋まるほど。 標高の高いエリアは軽いパウダーだったので、とても滑りやすくついつい声が出てしまいます。

 今晩もまたまとまった降雪がある予報となっており、パウダースノーが期待できますね。 1月の降雪量がすでに3mを超えたウィスラー。 今シーズンは降りだしは遅かったものの、ついに本領発揮! という感じです!
(Y.N2.)