【第2回 バーチャルワークショップ 開催決定】

【夢のウィスラーブラッコム~滞在編~】

  ウィスラーブラッコムという名前は知っていても、意外と知らないウィスラー事情。 現地在住ジャパナダのスタッフがウィスラーブラッコムについて詳しく解説します。 ホテルのお部屋やスーパーで売っているもの、スキー場の見どころなどを映像付きで案内するので、旅行の準備に役立つ情報が満載! 海外スキー旅行の予習に是非お勧めです!

 スマートフォンやタブレット端末、パソコンからオンラインでどなたでもお気軽にご参加いただけます!

<詳細>
日時:日本時間 2021年2月7日(日)午前8:00~9:00 (1時間)
   カナダ時間 2021年2月6日(土)午後3:00~4:00
料金:10カナダドル(税込)/1アクセス
特典:21-22シーズンまでのお手配に使える10ドル分のJapanadaトラベルクレジット付
開催方法:Zoom
※1つの端末であれば、ご家族、ご友人など複数人で視聴、ご参加いただけます。
※アプリをインストールするだけで登録は必要ありません。

<お申込み方法>※1月31日(日)申込み締切り
下記フォームもしくはメール( info@japanada.com )よりお申込みください。
ご予約完了後、Zoomのリンクをメールにてご連絡致します。

★お申込みフォーム★

<JAPANADAについて --会社概要-->

ご不明な点がございましたら info@japanada.com へ、お気軽にお問合せ下さい😃

1月20日(水)くもり ひとこと日記

  レストランではそれぞれのテーブル間の距離を空けるため、通常時よりも席数を減らして営業しています。 席数を維持しようとすると広いスペースが必要になりますが、店内のスペースやパティオがあるかも各レストランによって違うので、各レストランで様々な工夫が見られます。 ビレッジにある人気レストランの「Araxi」では、通常外の席は設置してないのですが、現在は外でも快適に食事を楽しめるようにテントを設営していました。 天幕越しですが、周りのイルミネーションの光の中でのディナーは普段と違う雰囲気で、これはこれで予防策以外として続けても良いのでは?と思いました。

 コロナ禍で様々な工夫を凝らして過ごしていかないといけませんが、収束後もそのまま続けられるような思いがけないアイデアが生まれることもあるかもしれませんね。
(Y.S3.)

1月20日(水)今日の一枚

しばらく降雪がない平日の朝のラインナップ
<7:45am 撮影>

1月19日(火)晴れ ひとこと日記

  実は、世界の五大ウィスキーの生産地としても知られているカナダ。 ウィスキーとメープルシロップというカナダらしい組み合わせのメープルウィスキーが人気です。 種類も色々あるのですが、今回はお勧めされたメープルウィスキーを飲んでみることに。 「Sortilege(ソルティレージュ)」というケベックの人気ウィスキー工場があり、その中でも7年以上ホワイトオーク樽で熟成させたライ麦ブレンドのウィスキーに、ケベック産の純メープルシロップを合わせて作られたウィスキーです。

 栓を開けると、本当にメープルシロップなのではないかと思うほど甘い香りが漂います。 そして飲んでみると、メープルシロップの甘い口当たりから、コクのあるウィスキーがしっかり感じられる深い味わいでした。 メープルウィスキーはアイスにかけたりソーダで割ったりしても楽しまれるようですが、このメープルウィスキーはロックで飲むのがお勧めです。 スコッチのスモーキーさとは違いまろやかなので、ウィスキー初心者にもお勧めですし、ウィスラーのリカーストアで購入できるので、お土産にもいいですね。 是非お試しください。
(Y.S3.)

1月18日(月)晴れ ひとこと日記(スノーレポート)

  Blackcomb Mountain: New Snow: 0cm 積雪: 228cm @1,650m

 スキー場中腹にも雲がかかることなく、ビレッジから山の上まで気持ちのよい青空が広がりました。 放射冷却のためか朝の麓の気温は-3℃。 氷点下を下回ることが無かったここ数日の中では一番の冷え込みです。 早朝発表されるスキー場のゲレンデリポートでは雪質は「ハードパック」。 特に8合目ランデブーレストランから下部はかなり固めでした。 しっかりチューンされたエッジの板があると快適でしょう。 ただ、それ以上の標高のアルパインエリアではしっかりグリップする良い雪質でした。

 明日から4日間は、本日以上に朝晩冷えこむ晴れ予報ですので、似たようなゲレンデコンディションがキープされそうです。
(T.W.)

1月18日(月)今日の一枚

ウィスラーで最も斜度が急なコース
「Saudan couloir(スーダン・クーロアール)」
<2:00pm 撮影>

1月17日(日)くもり ひとこと日記

  今シーズンはコロナの影響で何かと「今までとは違う」ことが多いのですが、それでもスキー場やアクティビティなどが営業を続けてくれているということはとても有難いです。 スキー・スノーボードスクールもシーズン初めはプライベートツアーのみで、グループレッスンは催行されない予定でしたが、現在では グループレッスンも催行が再開されています。

 特に、1/11より5-6歳のスキーレッスンが再開となったことは、ローカルの家族にも嬉しいニュース。 スクールに参加させれば、両親は自由に滑れたり仕事に行ったりでき、その間に子供はグングン上手くなるので一石二鳥です。 同じ年代のグループでレッスンを受けられるので、他の子と仲良くなったり国際交流体験にもなるので、興味のある方は是非。 レッスンの詳細はこちら
(Y.S3.)

1月16日(土)くもり ひとこと日記

  当ブログでもおなじみのYoutubeチャンネル「カナダから配信!!MAI&LUNのウィスライフ」の、オリジナルマスクの取り扱いを開始しました! ウェスティンホテル内ジャパナダカウンターで$8.99にて販売しております。 なお、日本の方向けにはマイルン公式オンラインショップ」にて購入可能です。 マイルンステッカーも販売しているようですので、こちらも是非チェックしてみてください。
(T.W.)

1月16日(土)今日の一枚

新しいカフェ発見!
アッパービレッジにて
<3:00pm 撮影>

1月15日(金)くもり ひとこと日記(スノーレポート)

  Blackcomb Mountain: New Snow: 2cm 積雪: 237cm @1,650m

 ビレッジでは空全体を雲が覆うお天気でしたが、ゲレンデ中腹を超えると雲を抜けて快晴でした。 2日前には圧雪車跡がそのまま残り続けるレベルの超ハードパックだったゲレンデも、適度に緩んでいました。
 
 プロサイズのアイテムまでが揃うブラッコムのスノーパークでは、たくさんのスキーヤー&ライダーが思い思いのトリックを披露しており、見る人の目を飽きさせません。 15分ほど立ち止まり見物させていただきましたが、XL(プロ)サイズのキッカーを飛ぶ半数近くが、ダブル系(縦2回転+横回転)の技を繰り出しており、ウィスラーローカルのレベルの高さを感じさせます。

 例年、ブラッコム側に中級~プロ向け、ウィスラー側に初級~中級向けのパークが設置されますが、コロナ禍での営業を強いられている今シーズンは、ウィスラーのパークは設置されていません。 ただし、ブラッコム側の「ビッグイージー」というコースに初級者パークが設置されています。 こちらも近日中にご紹介しますのでお楽しみに。
(T.W.)