8月16日(木)今日の一枚

クランクワークスで盛り上がるバイクパーク
<3:20pm 撮影>

8月15日(木)晴れ ひとこと日記

  隣町のスコーミッシュにある人気のハイキングコース「エルフィンレイクス・トレイル」を歩いてきました。 コースの全長11㎞、標高差600mのトレイルの先には画像の様な美しい2つのエルフィンレイクや、ガルバルディ州立公園内の休火山、アトウェル山、通称ダイアモンドと言う山を望むことが出来ます。

 トレイルは歩き始めてから7㎞位登りが続きますが、後半約4㎞はほぼ平坦な道をカナダらしい壮大な風景を楽しみながら歩くルート。 5㎞地点にはレッドヘザーと言う小さな山小屋があり、冬場はバックカントリースキーをする人達のための休憩所を夏も利用できます。 目的地の湖には33人が収容できるハットの他に、柱で土台が作られた平らなキャンプグランドが12か所ありました。 

 トレイル側の湖では泳いで良いとのことなので、早速火照った体を冷やしに泳いでみると、凍えるような冷たさに数分でギブアップ。 ですが、この素晴らしい景色を眺めながら泳げるというなんとも贅沢な時間でした。 隣の湖は生水のまま飲料水として使用できるそうですが、念のため5分程度煮沸消毒することをお勧めします。
(S.K.)

2018-19リフト券 早早割り情報(8/31まで!)


早早割リフト券の早期割引は8月31日まで! 

 この冬ウィスラー&ブラッコムへのご旅行を予定されている方は、8月31日までにお申込み限定の早早割引リフト券がゼッタイお得! 1年で最も安価でご購入いただけるチャンスです。 通常料金はまだ発表されておりませんが、9月1日以降は確実にお値段が上がります。 料金はこちら

 また、2018-19シーズンより従来のリフト券有効期限が変更となり、3日券の場合は使用開始日から5日間、5日券の場合は8日間有効となりました。 このため、途中でヘリスキーに参加されたり、休息日を取ってバンクーバーにも行ってみたい、など、よりフレキシブルにご利用いただけます。 

<参考例>
◆3日券をご購入の場合(使用開始日:12/29)
  ⇒ 12/29~1/2までの5日間の内、お好きな3日間ご利用いただけます。
◆5日券をご購入の場合(使用開始日:12/29)
  ⇒ 12/29~1/5までの8日間の内、お好きな5日間ご利用いただけます。

 もし、ご旅行の場合でも、9日間以上滑るならシーズンパスの方がお得。お申し込み/お問い合わせはジャパナダまでどうぞ。

2018-19シーズンパス 早割り情報(9/3まで!)


エピックパスの早期割引は9月3日まで!

 2018-19シーズンより、ベイルリゾート共通で使用できるシーズンパス、Epic Pass(エピックパス)を、日本語でお申込みいただけるようになりました!

 Epic Passはウィスラー&ブラッコムをはじめ、アメリカのベイル、オーストラリアのペリッシャーなど19のリゾートで無制限で滑走可能なシーズン券です。 また、今シーズンより、白馬バレーの各リゾート(※)で連続した5日間の滑走券が無料で含まれていますので、日本でも海外でもお得にご利用いただけるシーズンパスです!
 ウィスラー&ブラッコムで9日以上滑走を予定されている方は、通常のリフト券よりシーズンパスの方がお得です。(※時期により差があります)

 料金: 大人(13歳以上)USD$899
     子供(5-12歳) USD $469

 上記は9/3までにお申込みいただく場合の早期割引料金です。通常料金は公表されておりません。

<Epic Passで無制限で滑走可能なリゾート>
Vail, Beaver Creek, Breckenridge, Keystone, Park City, Heavenly, Northstar, Kirkwood, Stowe, Okemo, Mount Sunapee, Crested Butte, Stevens Pass, Wilmot, Afton Alps, Mt. Brighton, Perisher, Arapahoe Basin

<Epic Passで数日滑走可能なリゾート>
Fernie Alpine Resort, Kicking Horse Mountain Resort, Kimberley Alpine Resort, Nakiska, Mont Sainte Anne, and Stoneham; 30 European resorts across Austria, France, Italy, and Switzerland; Hakuba Valley, Japan; Telluride Ski Resort, Colorado

<白馬バレーには以下のリゾートが含まれます>
爺ガ岳スキー場、鹿島槍スキー場、白馬五竜スキー場、Hakuba47 Winter Sports Park、白馬八方尾根スキー場、白馬岩岳スノーフィールド、栂池高原スキー場、白馬乗鞍温泉スキー場、白馬コルチナスキー場

 早期割引料金は9月3日まで。それ以降は確実にお値段は上がりますので、この機会をお見逃し無く!

 日本語でのお申込み・お問い合わせは、ジャパナダへどうそ。

8月14日(水)晴れ(けむり) ひとこと日記

  マウンテンバイクをしていると、トレイルで迷わないんですか?とよく聞かれます。 ロストレイク周りにもマウンテンバイク専用のトレイルがあり人気なのですが、たくさんのコースに分かれています。 実際に走っていて人に会うと、ロストレイクにはどうやって出るの?など尋ねられることも。

 そこで役に立つのが「TRAILFORKS」というスマートフォンのアプリ! このアプリはGoogleマップを元に世界中の30,000ものトレイルが登録されていて、GPSで現在地を確認することができるんです。 レベルごとに色分けされていて、コースごとにトレイル状況などレポートも上げられているので、細かい情報も事前に確認できます。

 ウィスラーバイクパークのコースも載っているので、初めて行くコースは事前に調べ、自分のレベルに合ったコースで安全に楽しみましょう。
(Y.S3)

8月14日(火)今日の一枚

 
クランクワークス開催中!
<5:00pm 撮影>

8月13日(月)晴れ(けむり) ひとこと日記


  ウィスラーから北へ車で30分ほどの隣町ペンバートンへ行ってきました。 目的は、毎年恒例のブルーベリーピッキング。 ここでは時期により、イチゴやラズベリーも狩ることができます。

 よく行くファームはNorth Arm Farm。スタッフに声をかけるとピッキングしたいものによって場所を教えてくれます。 つまみ食いをしながら、バケツと口に交互にブルーベリーを放り込んで40分ほどピッキングしてましたが、あっという間にバケツがいっぱいになっちゃいました。

 ピッキングの後は、ここの自家製アイスを食べてひと休みするのが恒例。 ファームからの景色もすごく綺麗なので、癒されます。 ここも夏ならではのオススメポイントです。
(M.Y)

8月12日(日)くもりのち晴れ ひとこと日記

  夏から秋にかけて、ハイキング中にたくさんのキノコに遭遇します。 高地でよく見られるのがこちら、ヤマドリタケ(ポルチーニ)の仲間。 傘の裏側がスポンジのような形状になっているキノコです。 ポルチーニを代表として食べられるキノコも多くあるものの、似たような見た目のキノコも沢山あるので、見つけるたびに、これは何の種類だろう…?と観察せずにはいられないキノコたちです。

 びっくりなのはその大きさ。 この写真のもので30cm、重さは1kg以上はあろうかという巨大きのこ。 スーパーマリオとかに出てきそうな、絵に描いたようなきのこでした。

 先日歩いたハイキングトレイルでは、そこかしこにこのような巨大キノコが生えていました。 食べたら1UPライフ回復するかも・・・なんちゃって。
(Y.N2.)

8月12日(日)今日の一枚

削蹄中のお馬さん
<10:35am 撮影>

8月11日(土)くもり ひとこと日記

  今回はブラックタスク登山編その2です。(その1はこちら) 2日目の朝も1日目と同様に大量の蚊と格闘しながら、朝食と身支度を済ませ午前10時にブラックタスクへ出発。 ベースとしたHelmcreekキャンプ場からは、往復19キロのハイキングになります。

 比較的平坦なトレイルを6kmほど歩くと、ガリバルディ湖とブラックタスク山頂への分岐点に到着。 本格的な登りはここからで山頂までは距離3km、標高差650mと一気に標高を稼いでいきます。 しばらく歩くと視界も開け景色は非常に良いのですが、とにかく歩きずらいエリアです。 小さい落石が堆積している斜面を登っていくため、常に足をとられ想像以上に体力を奪れました。

 ブラックタスク壁面の直下まで来てみると、垂直にそびえたつ岩壁の迫力に圧倒されます。 と同時に、一体どこから山頂に登ることができるんだ?という疑問が(汗) 周辺を歩き進めてみると登り口のトレイルマーキングを発見。 しかし、そこにあるのは、「これ登るの?」という垂直な壁。 その3(登頂、下山編)へ続く。
(T.W.)

8月10日(金)晴れ ひとこと日記

  最近ロストレイクに行くと、ビーチが閉鎖されて入ることが出来ませんでした。 周りの道も迂回マークが。 その理由はWestern Toad(セイブヒキガエル)の大量発生によるもの。 親指の爪ぐらいの大きさのカエルなのですが、8月になるとビーチを埋め尽くすぐらい大量にピョンピョン跳ねています。 

 人間や犬がカエルを踏んで生態を崩してしまわない様に、私たちが徐行し道を譲ります。 また、カエルに素手で触るとカエルに菌を移してしまうかもしれないという事で、見つけた場合は紙コップですくって森に返してあげてください、とボランティアの方に言われました。

 カナダは動物に優しい国だな、と改めて思わされました。 
(M.O.)

8月10日(金)今日の一枚

穏やかな湖面のハーモニーレイク。
<10:20am 撮影>

8月9日(木)晴れ ひとこと日記

  海外旅行中に限らず、日常生活で欠かすことができない携帯電話。 もしも、電話の充電が無くなってしまうと、なにかと不便なはず。 ウィスラー山8合目のゴンドラステーション建物内(ラウンドハウス)には、無料で携帯電話やタブレット、端子が合えばデジカメ等の電子機器を充電できる便利なサービスがありますので、ご紹介したいと思います。

 ラウンドハウス2階にあるカフェの隣に、画像の機械が設置されていて、使い方は、まず画面内の緑色で示されている空いている充電ボックスを選択します。 すると、鍵の暗証番号を指定する画面に遷移するので、数字で暗証番号を指定します。 次に選択した充電ボックスの扉が開き、中に接続されている端子にお使いの携帯電話などを接続して、扉を閉めるだけ。 気になる料金は無料! 加えて、ラウンドハウス内は、Telusというこれまた無料WiFiが利用でき、とっても便利ですので是非ご利用ください。
(S.K.)

8月8日(水)晴れ ひとこと日記

  今年の夏にオープンしたばかりの、ウィスラー山の山頂にあるスカイブリッジ(スカイブリッジの記事はこちら)には、たくさんの観光客が訪れており、この夏の人気観光スポットになっています。 そして数日前には、スカイブリッジを渡った先の展望デッキも完成し、オープンしました。

 実は、この展望デッキもただのデッキではありません。 正式名称は「Raven's eye cliff walk」。 写真を見るとわかりますが、なんと崖の上から空中に飛び出していて、鳥のように高い所から景色を見下ろせるデッキとなっているんです。

 ちなみに、デッキからピークチェアリフトへ戻るには、スカイブリッジを渡って戻れますが、整備されたトレイルを周って歩いて戻ることができます。 また、ハイノート/ハーフノートトレイルの入り口にも繋がっているので、ハイキング前に寄ることもできますね。
(Y.S3.)

8月8日(水)今日の一枚

一仕事終えて、のんびりタイムの馬達
<3:00pm 撮影>

8月7日(火)晴れ ひとこと日記

  ウィスラービレッジの中心部にあるレストラン「Earls Kitchen & Bar(アールズ)」へ行ってきました。 このレストランは北米のチェーン店で、カナダ全国とお隣のアメリカにも店舗進出しています。

 メニューは和洋折衷で、ステーキやパスタ、中華風、和食風と様々。 今回はタコスとパスタを注文しましたが、パスタは北米らしい量なので、女性には多いかも…。 タコスくらいがちょうどいい量でした。 辛い料理が好きな方にはエスニック系のチキン料理がおススメなのだとか。

 バーカウンターやテラス席もあるので、お酒だけも良し、ファミリーでも良し。 食べたいものがバラバラなんて時には、色んなチョイスがあるアールズは良いかもしれませんね。
(M.Y.)

8月6日(月)晴れ ひとこと日記

  ウィスラーの近くから出発するハイキングコースはたくさんありますが、カラハンエリアにあるオリンピックパーク近くから登る、Hanging Lake Trailを歩いてきました。

 このHanging Lakeまでは、Rainbow Lakeトレイル側からアクセスするのが一般的ですが、今回は反対側からのトレイルからアクセスしたため、週末にも関わらず人が全くおらず貸し切り状態。 片道3時間ほどのトレイルですが、小さな湖や橋を越えていくトレイルは変化に富み、飽きずに歩くことが出来ました。

 湖の周辺にはカノコソウやルピナス、マウンテンヘザーなどが咲き乱れ、一気に疲れも吹き飛ぶほど。 まだまだ花のシーズンは始まったばかりだったので、今後もお花畑を楽しむことが出来そうです。
(Y.N2.)

8月6日(月)今日の一枚

釣り人、カヤッカー、水上飛行機・・・。
夏の渋滞が始まったグリーンレイク。
<3:50pm 撮影>

8月5日(日)晴れ ひとこと日記

  スポーツ時の水分補給や熱中症対策に最適な便利アイテムをご紹介します。 水に溶かすタイプのスポーツドリンクで、水だけだと不足する電解質の補給や、市販のスポーツドリンクだと甘すぎる!という方にオススメです。 

 使い方は簡単、タブレット一個を水500mlに入れて溶かすだけ。 発泡性なので(入浴剤のバブのような笑)溶けきるまではウォーターボトル等の蓋を緩めておいた方が良いと思います。 私の場合は700mlの水に溶かして少し薄めで使うことが多いです。

  ウィスラーでは、グロッサリーストア(入り口入って右側のパンコーナー付近)や、マーケットプレイスのIGA(レジの向かい側のコーヒーコーナー付近)で、10タブレット入りが9~10ドルでご購入頂けます。 ペットボトルのスポーツドリンクより割安で持ち運びに便利。是非お試しください。
(T.W.)

8月5日(日)今日の一枚

ウィスラー山をバックにゆったり川下り
<1:20pm 撮影>

8月4日(土)晴れ ひとこと日記

  8月に入り、様々なアクティビティーが催行中のウィスラー。 各社、毎シーズン新しいツアーの催行が始まり、初めて訪れる人だけでなく、リピーターの方にも飽きさせない工夫がされています。 そんな中で、今シーズン注目を集めているのがこちらの乗り物、「アルパイン・ライディング」。 簡単に説明すると、ダウンヒル用マウンテンバイクのサドルとペダル取り払った、立ち乗りスタイルの自転車で、ウィスラー山のダウンヒルコースを走るツアーもあります。 自転車のモデルは子供用、大人用、電動タイプがあり、ツアーは子供から大人、初心者から上級者まで幅広く参加することが出来ます。

 ウィスラー山8合目、ラウンドハウス付近にこのツアーデスクがあり、スタッフに話を聞いたところ、マウンテンバイクより操作性が簡単で、手軽にダウンヒルを楽しめるとのこと。 ツアーは初心者/中級者向けのそれぞれ2時間コース、山頂から山麓まで滑走が楽しめる中級~上級者向け3時間コースの3種類。 世界でもここウィスラーだけでしか、体験できないこちらのツアーは、これから大人気のアクティビティーになるかもしれません。 ツアーの様子はこちらから確認ください。
(S.K.)

8月3日(金)くもり ひとこと日記

  先日、Wedgemount Lakeにハイキングに行ってきました。 実は昨年の同じ時期にもWedgemount Laleまで行ったのですが、昨年は天気が悪く、霧で隠れてほとんど湖を見ることができませんでした。 しかし今年は、快晴が続いていたのでリベンジ!

 片道約6kmの距離で標高差約1154mと急こう配な山道を、ひたすら登っていきます。 この日は気温も35℃近くになった暑い1日でしたが、山の中は日陰でそこまで暑くは感じず、順調にハイキングを楽しむことができました。 ただ、急な道を登り続けていると喉がカラッカラになるため、多めに水を持って行ってはいたものの、思っていたよりも減っていました。

 そして、ようやく目的地の湖へ到着すると、昨年とは全く違い、綺麗な氷河湖が迎えてくれました。 さらに湖の奥にはWedgemount氷河もはっきりと見え、カナダらしい景色が眺められます。 この氷河を登りWedge Mountainの山頂へ目指すこともできるようですが、もちろん氷河を登るための装備が必要です。 今回は氷河を眺めながら岩の上でランチを食べてのんびり下山しましたが、キャンプサイトもあるので、次回はキャンプを目的に来てみようと思いました。
(Y.S3.)

8月3日(金)今日の一枚

ウェスタン・トードで通行止め
ロストレイクビーチにて
<11:00am 撮影>

8月2日(木)くもりのち晴れ ひとこと日記

  夏のウィスラーには様々なアクティビティがありますが、ゴルフも人気のあるスポーツのひとつです。

 ウィスラー周辺のコースは、チャンピオンコースでジャック・ニクラウス設計のニクラウスノース、ロバート・トレント・ジョーンズJr.設計のフェアモントシャトー、アーノルドパーマー設計のウィスラーゴルフと、とても充実。 周辺の山々の雄大な景色も思わずカメラを構えずにはいられない眺めです。

 私自身はプレーしませんが、ゴルフ場周辺のトレイルから綺麗な芝と山々を眺めるのお気に入り。 プレーされる方は、ウィスラーでゴルフ三昧という過ごし方も良いですね。(ゴルフ詳細はこちら)
(M.Y.)

8月1日(水)晴れ ひとこと日記

  ウィスラーに来てからはまっている趣味のひとつが、キノコ狩り。 ウィスラーではハイキングやキャンプの際、一歩山に入ると様々な種類のキノコを見つけることが出来ます。

 最近見つけたのはSummer Cepと呼ばれるキノコ。 ずんぐりむっくりした形が可愛らしいキノコで、ポルチーニの仲間としても知られる美味しいキノコです。 この日はキノコリゾットにして食べましたが、ナッツのような香りとクリーミーな味わいも合わさり、一流料理店のようなリゾットが出来上がりました・・・!(自画自賛ですみません)

 春、夏はまだまだキノコの種類も少ないですが、これから秋になるにつれて、マツタケをはじめとしたキノコが沢山取れるシーズンに入っていきます。 またキノコが取れたらレポートしますね!
(Y.N2.)

8月1日(水)今日の一枚

アルタレイクに海賊現る!?
<5:00pm 撮影>

7月31日(火)晴れ ひとこと日記

  バンクーバー・ダウンタウンでいつも行列ができる人気レストラン、「ステフォーズ(Stepho’s)」に行ってきました。 ここはギリシャ料理が楽しめるレストランで、肉を細かく切って串刺しにしたスブラキは、お店の代表料理の一つだそうです。 

 私が注文したビーフのスブラキ以外に、ポーク、チキン、ラム、サーモンを選ぶことが出来て、更にトマト、キュウリ、オリーブ、フェタチーズがかかったサラダ、ジャガイモとニンジンのソテー、タイライスの焼き飯がワンプレートの上にたっぷりとのっています。 スブラキの味はガーリック風味で日本人好み。 気になるお値段は約$10と、リーズナブルでした。

 ちなみに、このレストラン、スブラキ以外にイカフライのカラマリ、独特の癖が少ない柔らかラム肉ステーキなども人気のメニューだそうです。 店内はカジュアルで、雰囲気の良いお店でしたので、バンクーバーに滞在される方にお勧めのレストランです。
(S.K.)