11月30日(金)今日の一枚

ウィスラーピークを目の前に
初めてのスキーに挑戦!
<10:30pm 撮影>

11月29日(木)晴れ ひとこと日記(スノーレポート)

  Whistler & Blackcomb: 両山滑走 24時間降雪1㎝ 天候:晴れ時々くもり

 昨日のカリカリのアイスバーンは降雪機のおかげで、やわらかく滑りやすくなっていました。 しかし、気温が下がりきらないためか、コース下部は降雪機が稼働しておらず、やはりカリッカリに硬かった。 滑走には注意が必要です。

 そして、アルパインエリアは昨日よりバックカントリーゲートを設け、オープンしていないコースを滑るインバウンドバックカントリーへ出かける人も多く見られました。 ハイシーズンはコース内といえど、オープンしていないこの時期は雪崩コントロールをしていないため、完全に管理区域外で雪崩のリスクももちろんあります。 そのため入山する人は必ず、通常のバックカントリー装備を持って出かけています。 オープンしてしまうと一瞬でギタギタ、さらにはボッコボコになってしまう斜面も、この時期ならのんびりゆったりと新雪滑走を楽しむ事ができる。 インバウンドバックカントリーはこの時期ならではの遊び方の一つではないでしょうか。
(元JAPANADAスタッフ:S.K2)

11月29日(木)今日の一枚

目にもとまらぬ速さ…!
明日からリュージュの世界大会が開催されます。
<2:00pm 撮影>

11月28日(水)晴れ ひとこと日記(スノーレポート)

  Whistler & Blackcomb: 24時間降雪 : 12cm 天候 : 晴れ時々くもり

 昨晩は気温低下と降雪。 さらには放射冷却もあったようで、朝一番はウエットコーストらしからぬサラサラパウダーを楽しむ事ができました。 圧雪斜面ではコース中間まではやわらかく気持ちいいコンディションでしたが、下部はカリッカリ。 ターンの度にゴーーっというジェット機並みの轟音が響いていました。 ただ、ブラッコム山のほうが、コース下部のコンディションは良好でした。

 また、今日のように晴れた日は、360度に広がる絶景を見ながら滑走できるので、もうそれだけで気持ちよく、日本では体験する事ができない非現実世界を楽しむ事ができます。 さすがはウィスラー。
(元JAPANADAスタッフ:S.K2)

*-*-*-*-*-*-*-*-*【マイルンの動画スノーリポート】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、

MaiとLunaがスノーリポートを動画でお届けします!

 動画はコチラ

11月28日(水)今日の一枚

青空のウィスラー!雪質も良好です!
<11:00am 撮影>

11月27日(火)くもり時々晴れ ひとこと日記(スノーレポート)

 
Whistler Mountain:  24時間降雪 : 3cm 天候 : くもり時々はれ

 雨は夜更け過ぎにという歌がありましたが、今回はその逆。 3cmかぁという感じでしたが、アルパインエリアはずっと雪だったようで、見るからに積雪が増していました。 そして、昨晩はラウンドハウス周辺がフリージングレベルだったのか重い生コンパウダーも堪能。 また、気温上昇によって圧雪斜面は完全にスプリングコンディションに。 コーンスノーを楽しむ事ができました。

 しかし、お昼を過ぎると気温は下がり雪質は一気にかたくなりました。 今晩以降は再び降雪機がフル稼働しそうです。
 (元JAPANADAスタッフ:S.K2)

*-*-*-*-*-*-*-*-*【マイルンの動画スノーリポート】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、

MaiとLunaがスノーリポートを動画でお届けします!
 動画はコチラ

11月26日(月)雨 ひとこと日記(スノーレポート)

  Whistler mountain: 24時間降雪 : 11㎝。 天候 : 雪(標高1500m以下は雨)

 フリージングレベルこそ高いものの、昨日雪が降り続き、これでアルパインエリアのオープン日も近いのではとニヤニヤしながら滑走。 ラウンドハウス付近は重ための新雪。 標高を下げていくと新雪は若干引っ掛かる、ストップ雪一歩手前といった雪質。
 それでもグルーミングバーンは滑りやすく、エッジtoエッジの滑走が最高に気持ちよいコンディションでした。 また、ビッグレッドリフトを使うと、標高差550m滑走できます。

 ただ、ボタ雪でゴーグルが見えなくなるので、時おり手で払いながら滑りました。 こういった水分を多く含んだ雪や雨の時はゴーグルを拭くとミラーが簡単に剥がれてしまうので、ミラーのないレンズをチョイスすると良いのかもしれません。
(元JAPANADAスタッフ:S.K2)

*-*-*-*-*-*-*-*-*【マイルンの動画スノーリポート】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがスノーリポートを動画でお届けします!
動画はコチラ

11月26日(月)今日の一枚

ホワイトクリスマスなジャパナダ前
<2:30pm 撮影>

11月25日(日)くもりのち雪 ひとこと日記(スノーレポート)

  Blackcomb mountain: 24時間降雪1cm。 ほとんど降雪もないためか、日曜日だというのに山は静か。 終日リフト待ちもなくコースも空いているため、終日グルーミングをクルージングできました。

 さらに、お昼前から雪が降りだしたおかげで、雪質も終日良好。 滑りやすくエッジの噛む良い雪でした。 そして、雪は夕方には本降りに。 今後のフリージングレベルが気になるところですが、山の上は明日明後日と雪が続きそうです。 となると、そろそろローカルも滑りだすのでしょうか。明日のほうが混むのでしょうか。。。
(元JAPANADAスタッフ:S.K2)

11月24日(土)くもり ひとこと日記(スノーレポート)

  Whistler Mountain & Blackcomb Mountain: 24時間降雪3cm。 アルパインエリア天候 : 晴れ後くもり。 ツリーライン天候 : 終日くもり。

 朝、どんより天気のビレッジとはうってかわって山の上は雲海。 さらにはハロ現象のおまけ付きで、景色を堪能。 そして、本日より運行開始のブラッコム山キャットスキナーリフト。 なんと、高速クワッドにリニューアルし、輸送力が大幅アップ。 オープン後初の週末という事もあり、たくさんの人で賑わっていましたが、コースエリアも広がり混雑も緩和されていました。 さらにウィスラー山ビッグレッドリフト、クリークサイドゴンドラも営業開始。

 雪質は午前中エッジの噛むきれいなグルーミング。 午後には多少荒れてくるが、降雪機のおかげで、終日雪質はやわらかくキープされていた。 が、石の出ているところもあるので、注意が必要。 あー石踏んじゃった! そんな時でもさすがはウィスラー。 チューンアップショップも充実。 夕方出して翌朝仕上がります。
(元JAPANADAスタッフ:S.K2)

11月24日(土)今日の一枚

降雪機フル可動中! 冷えてます。
<11/24 10:20am 撮影>

11月23日(金)くもり時々雪 ひとこと日記(スノーレポート)

  Blackcomb Mountain: オープン2日目。 New snow 11cm。 朝一番は新雪やきれいなグルーミングを滑ることができます。 ただ、滑走可能コース内で営業しているリフトがJersey creamのみ。 という事で終日リフトやコースは混雑していますので、滑走には注意が必要です。

 また、午後にはそのJersey creamリフトが1時間ほど止まるというハプニングがありましたが、そこはさすがのWHISTLER BLACKCOMB。 来た人を全員ハッピーにさせるという奇跡のホスピタリティを魅せていただきました。

 まだまだ、いろんな意味でアーリーシーズンコンディションですが、それでも山にあがれば日常では体験することができない別世界が広がっています。 さらに、天然降雪プラス人工降雪により積雪も順調に増えているので、コースエリアもだんだんと広がってくるでしょう。 日々滑れるコースが増えていくアーリーシーズン。 何回来ても新鮮です。
(元JAPANADAスタッフ:S.K2)

11月22日(木)ひとこと日記(スノーレポート)

  Whistler mountain: 今日からスキー場オープン! オープン初日は雪不足と言われていたせいか、朝から並んでいる人も少なくスムーズに8合目まで登ることができました。 山麓はまだまだ雪がうっすらとしかついていませんが、8合目あたりまで来るとちゃんと雪が積もっています! 

 ウィスラーはFranz's Chairと、今年から新しくなった6人乗りのEmerald Expressが運行。 昨晩24cm積もったという報告通り、オープンしているコースは3箇所ほどですが、午前中はコース内でも十分気持ちの良いパウダーを楽しむことができました。 その周辺コースは自己責任エリアになっておりますが、まだ岩や木が出ているので危険です。 今週は雪の予報。 ほかのリフトも早く開くといいですね。
(M.O.)

11月22日(木)雨 ひとこと日記

  ウィスラービレッジ内には、数店舗日本料理屋さんがありますが、今回紹介するのはアッパービレッジのなごみ寿司。 秋は特にお得なコースメニューをやっているので、毎回恒例のように来てしまいます。

 コースメニューは酢の物から始まり、二品のおつまみ、そして寿司ロール2種類か、握り寿司5かん、さらにデザートまで付いてくるんです。 熱々の天ぷらや美味しい寿司ロールをいただき、満足♪ ちなみに私のおすすめは炙りしめ鯖がのった鯖棒すしと、ホタテ、サーモン、アボカドと見た目も鮮やかなレインボーロール。 日本人の板前さんが握ってくれるので、味はお墨付きです。

 日本の味に恋しくなったらここ! 寿司ロールはカナダっぽい変わり種もたくさんあるので、カナダならではの日本食にチャレンジしてみるのもいいかもしれません♪
(Y.N2.)

11月22日(木)今日の一枚

オープン初日、雪あります!
<11:30am 撮影>

11月21日(水)雨 ひとこと日記

  冬が始まるとすぐにウィスラーはクリスマスモードになりますが、毎年この時期に買う、ものが、アドベントカレンダー。 1から25の数字が書かれた窓があり、クリスマス当日までにカウントダウンをしながら1日1つ窓を開けていきます。 開けるとお菓子などが入っており、小さな贈り物を楽しみながらクリスマスまでの毎日を過ごせます。

 ロジャーズチョコレートなどのショップやスーパーなど、色々な場所に置いてあるのですが、今年は子供たちが外でアイスホッケーを楽しんでいる様子が描かれたカレンダーを選びました。 こちらを購入すると、バンクーバーのアイスホッケーチーム「バンクーバー・カナックス」のキッズプログラムへ$1が寄付されるそうで、子供たちに小さなプレゼントを贈った気分にもなりますね。
(Y.S3.)

11月21日(水)今日の一枚

 オープンを翌日に控え試運転中。
スタッフも自然と笑顔。
<11:40am 撮影>

11月20日(火)晴れ ひとこと日記

  パンのお供といえば、バターやジャムですが、最近ハマっているのがピーナッツバター。 日本でピーナッツクリームというと、甘いホイップクリーム状や水飴ベースのものが多いので、初めて食べた時はあまりの違いに、おいしくない! と衝撃を受けたことを覚えています(笑)

 食べ慣れた今となっては日本のピーナッツクリームよりもピーナッツバター派なのですが、大きな違いは甘さが控えというところ。 ほんのり甘さはありますが、日本の甘いピーナッツクリームを期待して食べるとびっくりします。 食感はバターというだけあって、粘度が高く重めなので、焼きたてのトーストに塗るのがオススメ。 香ばしいピーナッツトーストが楽しめます。

 特に私のお気に入りは、砕いたピーナッツが入っているクランチタイプ。美味しいのですが、油分が多いので食べ過ぎるとニキビの元になりますのでご注意を…!
(M.Y.)

11月19日(月)晴れ ひとこと日記


 11月22日のスキー場オープン日について、ウィスラーブラッコムより営業予定リフトの発表がありました(営業情報の詳細はコチラ)。 ここ最近のお天気からゲレンデ状況を心配していましたが、まずはオープンするということで一安心です。

 ゲレンデへのアクセスはウィスラービレッジベースからのみとなります。 ウィスラーゴンドラでウィスラー山へ、エクスカリバーゴンドラでブラッコム山へ。 滑走可能なリフトは、ウィスラー山はエメラルドとフランツチェア、ブラッコム山はジャージークリームとなる模様。 もちろん、P2Pゴンドラも運行予定ですので、8合目で山の移動が可能です。 
 
 明日から雪予報も出ていますので、週末に向けてゲレンデ状況の向上に期待ですね!
(T.W.)

 
 

11月19日(月)今日の一枚

あと3日に迫ったスキー場オープン。
しかし、今日も気持ち良い晴天です・・・。
<10:00am 撮影>

11月18日(日)晴れ ひとこと日記

 
  今週は「CORNUCOPIA」という飲食の祭典が8日-18日までおこなわれていました。 毎日さまざまなレストランやアルコールメーカーが集まり、自慢のメニューをふるまってくれるイベントです。

 そのなかでも一番盛り上がるのが、最終日のBearfoot Bistroという高級レストラン主催の牡蠣がメインのパーティ。 生牡蠣、ワイン、カクテル、その他おつまみが食べ放題です。 その会場の真ん中では牡蠣剥きの世界大会も行われており、剥く早さ、綺麗さ、正確さなどを競っていました。

 日本人の方も出場しており、選手達の素手で素早く牡蠣を剥くかっこいい姿に会場は大盛り上がり。 牡蠣って剥くのが本当に大変で時間もかかるし、手を切ってしまったりしますよね。 来年も必ず行こうと思える楽しいイベントでした!
(M.O.)

11月18日(日)今日の一枚

ブラッコム山の奥に輝く月
<3:45pm 撮影>

11月17日(土)晴れ ひとこと日記

  ウィスラーでよく観られるキノコをご紹介。 Admirable mushrooms(アドミラブル・マッシュルーム)という、イグチ科のキノコ。 ビロードのような傘が特徴で、なんとなく気品があり、おとぎ話に出てきそうな感じがします。 この写真のものは小さなサイズですが、大きくなると20cmほどの高さになることもあり、重厚でずっしりとした見た目は、Admirable = 見事な、立派な、という名前がしっくり来るようなキノコです。

 こちらのキノコ、重厚な見た目にも関わらず、レモンのようなさわやかな香りがして、味も癖が無く食べやすいです。 ただ、ぬめりがあるので好き嫌いは分かれるかも。 どちらかというと、写真の被写体など、眺めていて可愛らしいキノコですよね。 ツガの木の根元や倒木などから生えていることがありますので、森の中を歩く際は見つけてみてください。
(Y.N2.)

11月16日(金)晴れ  ひとこと日記

  先日、隣町のスコーミッシュへ行ったときに、たまたま見つけたベーカリーへ立ち寄ってみました。 「Tall Tree」という、カナディアンの夫婦が2016年にオープンした新しいベーカリーで、白が基調のシンプルで綺麗な店内。 カウンターの奥の部屋でパンやお菓子を作っています。

 オーナー夫婦は二人ともスキーとマウンテンバイク好きで、旦那さんがベーカー、奥さんが経営と、それぞれの道で経験を積み、夢だったお店をオープンしたそうです。 健康のためにヘルシーな食材にこだわってパンを作っているとあって、お菓子に使用しているクリームも程よい甘さで美味。 もちろんコーヒーにも合います。

 たまたま寄っただけですが、食べてみたパンもお菓子も美味しかったので、近くに行ったときは、必ず寄っていきたいと思うお店でした。
(Y.S3.)

11月16日(金)今日の一枚

雨上がりの朝に現れた不思議な雲
<8:00am 撮影>

11月15日(木)雨  ひとこと日記

  先日、BC州政府が車の走行スピードの制限を改定することを発表しました。 特に影響を受けるのは、バンクーバーからウィスラーをつなぐSea-to-Sky Highway。 なんでも、4年前にスピード制限を緩めたところ事故発生率が上昇したので、やっぱり制限しましょうとのこと。

 スコーミッシュ- ウィスラー間は100kmから90kmへ、スコーミッシュ-ホースシューベイ間、ウィスラー-ペンバートン間は90kmから80kmのように10kmずつ下がります。 このニュースに対する意見は様々で、納得という人もいれば、呆れるほど遅いと怒りを露わにする声もあり、様々な意見があるようです。 日本の高速は制限速度100kmなので、私なんかは別に良いのでは?と思いますが、カナダは場所は110kmや120kmの道路もあるので、そうでもないようです。

 今後、ウィスラーやバンクーバーまで車を運転する方は、スピード制限に注意が必要そうです。 夜間や悪天候時のハイウェイは本当に運転しづらいですからね。 スピード制限に関わらず安全に目的地まで辿り着くことが第一です。
(M.Y.)

11月14日(水)くもり時々雨 ひとこと日記

 日本でもアウトドアも楽しむ人たちに大人気のウォーターボトル「nalgene(ナルゲン)」。 ウィスラーではノースフェースやエスケープルート、エクセスバックカントリーなど、各アウトドアショップがオリジナルデザインのボトルを販売しており、私のオススメウィスラー土産の1つです。 

 ナルゲンのボトルの特徴は、軽量、頑丈、高気密性(高温/低温環境可でも蓋から漏れない)、BPAフリー。 安心してアウトドアでハードに使うことができます。 また、大口径の飲み口は中を洗いやすく、ブロックの氷をそのまま入れることもできて大変便利。 アウトドアだけでなく、普段使いでもストレスなく使用できると思いますので、ウィスラー限定デザインのボトルをさりげなーく使って、友人に自慢しちゃいましょう! 
(T.W.)

11月14日(水)今日の一枚

雨なんてへっちゃら!
<11:40am 撮影>

11月13日(火)くもり ひとこと日記

  本日ウィスラーブラッコムから残念なお知らせが入りました。 今シーズン$66-million カナダドルをかけたプロジェクトについて、以前ご紹介しましたが、その中の目玉プロジェクトともいえる、ニューブラッコムゴンドラ(アッパービレッジからブラッコム山8合目まで)の運行開始が11/22のオープンには間に合わないことが正式に発表となりました。 12/14からオープンの予定となるそうです。

 カナダで工事が予定通り進まないのは日常茶飯事ですが、さすがに今回は今年の夏からずっと工事をしていたので、一か月近く延期という情報にちょっとびっくり。 他の工事は大丈夫なのかな?と思いましたが、エメラルドチェア、キャットスキナーチェアの架け替え工事は予定通り終わり、11/22オープンの予定だそうです。

 ウィスラーの情報誌、Piqueに詳しく載っていますので、こちらも併せてご覧になってくださいね。
(Y.N2.)

11月12日(月)晴れ ひとこと日記

  ウィスラーに、人気アウターブランド「カナダグース」のショップができました! 1957年にトロントで創業し、カナダ北部などの極寒地での生活や、南極やエベレストでの実体験から、製品を作っているメイド・イン・カナダのブランドです。 以前も取り扱っていたショップはあったのですが、専門店となったことで、たくさんの商品が揃っています。

 スリムでオシャレなデザインですが、もちろん保温性はしっかりとしていて、ヘルメットの上に被れる大きなフードなど、機能性も最高品です。 コヨーテの毛皮を使用していたり、商品名もカナダ国内の地名が使うほど、メイド・イン・カナダにこだわっているのも特徴です。

 ちなみに、アイスルームで貸し出すダウンジャケットも、カナダグースのダウンジャケットなので、本当に温かいの?と疑ってしまう方は、是非お試しあれ!
(Y.S3.)

11月12日(月)今日の一枚

黄葉が見られるのももう僅か
一気に冬様相のウィスラー
<9:50am 撮影>

11月11日(日)晴れ ひとこと日記

  カナダのお札の話はこれまでもいくつか紹介していますが、カナダ中央銀行の発表によると、11/19から新しいお札が発行されるそうです。 新しくなるのは、$10紙幣で中央の人物とデザインが一新され、なんと絵柄は縦型! 珍しいですね。

 絵柄に選ばれた女性は、ヴァイオラ・デズモンドという黒人実業家。 かつて白人優位の人種差別があった時代に、ヴァイオラが差別による不当な扱いに対して抵抗した結果、投獄されてしまうという事件があったそうです。 この事件をきっかけにカナダで人権運動広がり、現在の多民族国家にいたるというカナダの歴史上重要な人物です。 また、縦型の理由は、記念通貨以外で女性が採用されるのはヴァイオラが初ということもあり、他の紙幣と一線を画する為だそうです。

 冬にカナダへ来る方は、早速このお札を手にするかもしれませんね。 人物以外の一つ一つの絵柄にも全て意味があるので、じっくり眺めてみてください。 興味のある方はカナダ中央銀行のサイトで見ることができます。
(M.Y.)

11月10日(土)晴れ ひとこと日記

  以前、こちらでご報告しましたが、ウィスラーのトランポリン施設バウンスがクローズになりました。 となると、一般の人向けでウィスラーから一番近いのはスコーミッシュにある「Airhouse」になります。先日遊びに行ってきましたので、様子をご紹介します。

 まず料金ですが、2時間$20、10回券が$100、1ヶ月パスが$55からと、月パスがお得感のある値段設定です。 施設としては、通常サイズのトランポリンが4面、通常の2倍サイズ(正方形)ほどのトランポリンが1面、そして更に大きいスーパートランポリンが1面、ミニサイズも数面あり非常に充実しています。 また、ドロップインの時間でも自由にアドバイスをもらえるインストラクターが常駐していました。

 スケールボードのランプやマウンテンバイクのジャンプ練習用の道具なども置いてあり、時間を見つけて是非また行ってみたいですね。
(T.W.)

11月10日(土)今日の一枚

イルミネーション準備中
ビレッジも冬らしくなってきました
<5:45pm 撮影>

11月9日(金)晴れ ひとこと日記

  先日、ちょっと珍しいきのこを発見! カリフラワーマッシュルームと呼ばれるきのこで、日本ではハナビラタケとして知られるきのこです。

 標高1000m以上の松林に生えるそうですが、味が美味しいからか、鹿などの野生動物も食べてしまうことから、野生で見つけるのは難しいそう。 βグルカンという食物繊維を豊富に含んでおり、抗がん作用や、コレステロールのバランスを整える働きなどがあるそうです。 炊き込みご飯や炒め物にしてみたところ、コリコリとした食感と旨みがじわっと出てくる感じで美味しい! 日本ではスーパーで手に入ることもあるようですが、カナダではスーパーで買えるきのこの種類も少ないので、この味わいは感動的でした・・・(おおげさ?)
(Y.N2.)

11月8日(木)晴れ ひとこと日記

  昨日はバンクーバーへショッピングへ行ったついでに、ダウンタウンの居酒屋さん「金魚」へ行ってきました。 長く住んでいると、こういった日本の居酒屋が恋しくなるので、メニューを見ると食べたくなるような料理がたくさんありました。

 お勧めしたい料理はたくさんあるのですが、ひと際目を引いたのは写真の石焼牛タン! 日本でも珍しい石の上で焼き肉です。 目の前でジュ~っと音を立てながら焼かれたお肉は、ちょうど良い歯ごたえで美味しかったです。

 他にも、チーズコロッケやバター蟹飯など、味付けが美味で懐かさを感じながら、美味しくいただきました。 昨日は平日だったのですが、あっという間に満席になるほど人気の居酒屋。 長期滞在などで日本の味が恋しくなった方には、是非お勧めです。
(Y.S3.)

11月8日(水)今日の一枚

霜で白くなった朝
もうすっかり冬ですね 
<9:45am 撮影>

11月7日(水)晴れ ひとこと日記

  ウィスラーの花屋さん、Senka Floristに見事なポピー(ヒナゲシ)のディスプレイがされていました。 11/11はリメンバランスデーという、第一次世界大戦以降の戦死者や退役軍人を追悼する、戦没者追悼記念日となり、ポピーはそのシンボルになっているので、この時期になると、赤いポピーのバッジを胸に付けた人をよく見かけるようになります。 

 ポピーがシンボルとなっている由来は、戦争終了後、戦地に赤いポピーの花が埋め尽くすように咲いたためと言われています。 ポピーは過酷な土地でも育つ丈夫な植物だそうで、戦争で荒れ果てた土地でも生き残り、その花を咲かせたそうです。その後、カナダ人の詩人の詩がもとになり、戦没者を象徴する花になったそうです。

 カナダ以外にも、英国や欧州の国にも同じようにポピーを象徴としたリメンバランスがあるようです。 日本でも終戦記念日に黙祷するように、11/11には黙祷が行われます。   
(M.Y.)

11月6日(火)くもり ひとこと日記

  11月に入りましたが、未だにマツタケが採れています。 今年は少しシーズンが遅かったのかもしれませんし、10月中頃の晴天続きが影響しているかもしれません。 雪さえ積もらなければまだ楽しめそうです。

 さて、今日のブログの写真はもちろんマツタケではありません(笑) ベニテングタケというキノコで、ウィスラーでは山中だけではなく、道端の比較的日当たりの良い場所などでも良く見かけるキノコです。 毒キノコではありますが、猛毒ではなく食しても死に至ることはほとんど無いそうです。(とはいってもかなり辛い中毒症状はでるそう。)

 ちなみに、このキノコの毒の主成分であるイボテン酸はグルタミン酸(昆布などに含まれるうま味)の10倍ほどのうま味があり、食べるとかなり美味とのこと。 また、欧米ではラッキーマッシュルームとして古くから縁起物として親しまれているそうです。 マリオに出てくるキノコにも似てますね。
(T.W.)

11月6日(火)今日の一枚

山は冬らしくなってきました。
<10:20am 撮影>

11月5日(月)くもり時々雨 ひとこと日記

  カナダで一番ポピュラーに飲まれているお酒は実はビール。 ビレッジ内のレストランはどこでも色々な種類のビールを飲むことが出来ます。

 先日行ったレストランでは、Tap take Over(いつもの生ビールに替わって、他の生ビールを販売しているもの)をやっており、ウィスラー近辺のブリュワリーで作られたビールを楽しむことが出来ました。 普段はペンバートンやスコーミッシュまでいかないと飲めないものもあり、珍しいビールも選ぶことができました。

 苦味の強いビールから、まろやかで甘みの強いもの、フルーティーでベリーのフレーバーのものなど、ユニークなビールがたくさん! 最近はずいぶん寒くなってきましたが、まだまだビールの美味しい季節です♡
(Y.N2.)

11月4日(日)くもり時々雨 ひとこと日記

  よく、「お土産は何がありますか?」という質問を受けるのですが、私のお勧めのお土産はこちら。 スポーツウェアで人気のあるノースフェイスで、「Whistler」とプリントされているアパレルです。 カラーバリエーションも豊富でシンプルなデザインなので、友人へのお土産にしています。

 ウィスラーのショップでは、メーカーとウィスラーが共同で出している限定品を見かけることがあります。 とくに、ノースフェイスはウィスラーブラッコムのスタッフユニフォームとなっているため、商品数も多くあります。 お土産選びに困ったら、こういった限定品を探してみるのもいいかもしれません。

 ジャパナダツアーデスクでは、お越しいただいた方にウィスラーブラッコム系列のショップで利用できる割引券をお渡ししています。 ノースフェイスのショップも含まれていますので、是非ご利用ください。
(Y.S3.)

11月4日(日)今日の一枚

久しぶりの青空が嬉しい朝♪
<9:45am 撮影>

11月3日(土)晴れ ひとこと日記

  またまた冬シーズンの新情報! ウィスラーブラッコムのホームページによると、去年までは4月末で閉まっていたウィスラーマウンテンが、今年は5月27日まで営業予定。

 その代わりに、ブラッコムマウンテンが4月22日に閉まるようです。 春はブラッコムというイメージでしたが、今年はとても新鮮ですね。 雪の残り具合によっては春にフルートが登れたりするのでしょうか?! 

 GWに毎年来るけどいつもブラッコムしか滑っていないという方は、今シーズンはウィスラーが滑れるチャンスですね!
(M.O.)


11月2日(金)くもり時々雨 ひとこと日記

  チーズケーキには、スフレ、ベイクド、レアチーズなどがありますが、カナダはベイクドチーズケーキが主流です。 スフレチーズケーキはジャパニーズスタイルと呼ばれ、一般的ではありません。 チーズケーキで有名なカフェでも、やはりベイクドタイプのものばかりでスフレ好きの私としてはがっかりした記憶があります。

 そんな折に、バンクーバーにスフレチーズケーキの専門店がオープンしていました! たまたま近くまで行ったので立ち寄ってみると、そこには長蛇の列が…。 それでも、せっかくなのでと30分程並びました。 3個くらいまとめ買いしたかったのですが、お一人様ひとつまで。 しぶしぶ1個で我慢することに。 久しぶりに食べたスフレはやっぱり美味しい♪ 帰宅してすぐにぺろりと食べちゃいました。

 どうしても食べたくなったら自分でも作りますが、やっぱりケーキ屋さんにはかないません。 この人気が広がって、色んなお店でスフレチーズケーキを取り扱うようになればいいのにな~と願うのでした。
(M.Y.)

11月2日(金)今日の一枚

我が家の前に現れた野うさぎ
つぶらな瞳に癒されます♪
<10:00am 撮影>

11月1日(木)雨のちくもり ひとこと日記

 
 ウィスラーでは公式にハロウィーンイベントが開催されるエリアがきまっており、Tapley's Farmという住宅地。 10月31日の夜限定でそのエリアの車の通行は禁止され、参加者の為にウィスラービレッジからの無料シャトルバスも運行されます。 
 
 もちろん、大人も含めて訪れている人の大部分は仮装しており、子供達は家を巡ってバッグ一杯のお菓子を集めまわっているわけですが、特に凄いのが各家のデコレーション。 各々に趣向を凝らした装飾をほどこし、音響やプロジェクターを使っている家もあり、家の雰囲気が怖すぎて訪れるのを躊躇している子供達もいるほど(笑) そして、イベントのフィナーレとして花火が打ち上げられます。 
 
 今年初めて参加しましたが思いのほか楽しかったので、来年は発光する系の仮装をして参加してみようと思います!
(T.W.)

10月31日(木)雨 ひとこと日記

  日本でもオリンピックに向けて導入が検討されているサマータイム。 カナダではデイライト・セービングタイムとして世界で初めて1908年に導入が始まり、途中取り止めとなった年もあったようですが、なんと今年で106年目と、長く続いています。

 ただ、このデイライト・セービングタイム、ブリティッシュコロンビア州内でも導入されている地区と、されていない地区があるなど、地区や州によってばらつきがあるんです。 こんなんで混乱しないのかな~と思いますが、100年以上もなんとな~くうまくやっているんでしょうね。 もともとシステム関係の仕事をしていた私としては、どうやってシステム対応しているんだろう・・・と無駄に心配してしまいます(笑)

 さて今年のデイライト・セービングタイムですが、11/4に終了となります。 11/4の朝2:00に、時計が1時間戻り、朝1:00になります。 つまりこの日は1日の長さが25時間に! 1時間余計に眠れます♪ 携帯電話や電波時計などは自動的に調整がされますが、そうでない場合には手動での調整が必要となりますのでご注意を。 デイライト・セービングタイムについての詳細はこちらもご参照ください。
(Y.N2.)