6月14日(金)晴れ ひとこと日記

  先日、バンクーバーのお隣リッチモンドのナイトマーケットに行ってきました。 北米最大級のナイトマーケットということで、バンコク(タイ)のマーケットのような規模感を想像していましたが、それに比べればとてもコンパクトかつ整然としていました。 それでも、たくさんの人でごった返し人気の屋台飯はそれなりの時間並ばないと買えなかったりと大好評のようです。

 食べ物系以外にも雑貨のお店もあり、アジア系らしく?権利関係大丈夫かという商品が並んでいたりと、眺めているだけでも楽しいです。 それ以外にも、子供が楽しめるちょっとした遊具やアトラクション、ゲームなどもあり、さながら移動遊園地のよう。 家族連れでもOKですね。

 リッチモンドナイトマーケットは毎週土曜日の夜7:00から10月まで開催中。 無料の大型駐車場も完備されており車でのアクセスも便利ですが、少しでも混雑を避けたいのであればちょっと早めに行くことをお勧めします。 屋台もオープン直後のほうが空いていて快適です。 ちなみに入場料は1人5ドル。 一般入場の口の列をスキップできる優先入場券のついた6回券は28ドルなので、大人数で行く場合や何回も行く予定がある場合はこちらがお得です。
(T.W.)

6月14日(金)今日の一枚

マイナスイオンが気持ちいい
シャノン滝
<12:00pm 撮影>

6月13日(木)晴れ ひとこと日記

  この写真はカナダの車の速度メーター。 よく見ると外側と内側に2つの数字が書かれています。 外側はカナダで使われているキロメートル表記、内側はアメリカで使われているマイル表記です。 ウィスラーからシアトルまでは車で5-6時間ほどと車で行き来できる距離なので、国境を越えてカナダ、アメリカ間を往来する人も多く、このような表示がされているんですね。 アメリカに行くと、速度制限の看板がマイル表示になるのでちょっとびっくりしますが、これで速度オーバーにならずに済みます。

 カナダではパウンドやオンス、フィートなどの単位をたびたび目にすることもありますが、日本と同じくメートルやリットルなどの単位でも伝わることがほとんどです。(たまにわからないカナディアンもいますが…) 一方でカナダのお隣アメリカでは、マイル、フィート、ガロンなどなど、日本とは全く違うので、慣れるまでは少し混乱してしまいますね。
(Y.N2.)
-*-*-*-*-*-*-*-*【マイルンの動画リポート】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがウィスラーの様子を動画でお届けします!
チャンネル登録もよろしくお願いします!

6月12日(水)晴れ ひとこと日記

  しばらく日本へ一時帰国していたため、まだまだ頭の中は日本モードな今日この頃です・・・。 さて、日本とカナダの旅行には必ず空港を利用しますが、航空機利用者に朗報! カナダの運輸庁が飛行機を利用する全ての方のために新しい規則「Air Passenger Protection Regulations(航空旅客保護規則)」を発表しました。

  新規則はカナダの国内線と、出入りする全ての国際線に適用されます。 特に見逃せないのは、フライトの遅延やキャンセル、オーバーブッキングによるキャンセルがあった場合、荷物の紛失や破損があった場合には航空会社から補償金が支払われることになるそうです。(補償限度額や補償対象となるには一定の条件はあります。) また、その他には離陸前に長時間の機内待機が生じた場合の対応や保護者とお子様の座席位置についてなどが含まれています。

 なお、これらの規則はまだ施行されておらず、7/15~と12/15~に順次施行されていくようです。 詳細はカナダ運輸庁のページ(英語)に記載されています。 英語のページではありますが、わかりやすくまとめられているので、7/15以降にカナダで航空機を利用する予定があるのであれば、目を通してみると良いかと思います。
(M.Y.)

6月12日(水)今日の一枚

みんなのアイドル、マーモット!
<12:00pm 撮影>

6月11日(火)晴れ ひとこと日記

  ついに本日、この夏のウィスラーサッカーリーグが開幕しました! 天気は快晴で、気温もちょうど良くアウトドアスポーツ日和。 リーグは全部で8チームあり、毎週月・火・木曜のいずれかの日に試合が行われます。 今日は初戦とあって、各チーム気合が入っていました。

 試合は45分ハーフで通常のサッカーと同じルールですが、試合中は必ず女性か子供のプレーヤーが2人フィールドにいることが条件となります。 ちなみに、日本ではあまり知られていないカナダのサッカー事情ですが、カナダの女子サッカーは現時点でFIFAランキング5位と、日本(7位)よりも上位という強豪国なんです。 女性のプレーヤーとはいえ、学生時代に地元のチームに所属経験がある人も多く、男子顔負けのプレーが飛び出すことも!

 ちなみに、今日の試合は前半に1点失ってしまいましたが、後半は攻勢が続き1点返して引き分け。 私はゴールキーパーとして試合に出ましたが、強烈なシュートが飛んできたりと、なかなか緊張感のある試合でした。 次回は勝てるように頑張りたいと思います!
(Y.S3.)

6月11日(火)今日の一枚

晴天のグレーシャースキー!
<1:00pm 撮影>

6月10日(月)くもり時々晴れ ひとこと日記

  
  マウンテンバイクパラダイスなウィスラーですが、バンクーバー寄りの隣町スコーミッシュも、負けず劣らすたくさんのコースがありとても人気があります。 今回、初めて走りに行くことができましたので、様子や雰囲気をちょっとご報告。

 クロスカントリーのバイクトレイルというのは、下り用に作られたコースであっても、基本的に自力でスタート地点まで登る必要があります。 ただし、場所によっては広めの林道を使って自動車をリフト替わりにすることも可能。 今回行ったスコーミッシュのトレイルはまさにそういったポイントでした。 大きめのバンを使って、シャトルサービスをしている会社もあり、1回10ドルで上から下まで(標高差900メートル程度)を上がってくれるとのこと。

 スタートから下までは何通りにもコースを選ぶことができますが、メインとなる中級コースは人の手によってキレイに作り込まれたハイスピードトレイル。 昨年オープンしたクリークサイドのバイクパークコースに似ていました。 また、途中大きなジャンプが設置されているコースがあったりと超上級者もOK。 もちろん初級者コースもありますので誰が行っても楽しむことができそうです。 大型ショッピングセンターへの買い物で訪れることが多いスコーミッシュですが、機会を見つけてバイクトレイルも探査していきたいですね!
(T.W.)

6月9日(日)くもり ひとこと日記

  ウィンターシーズンが終わって2週間ほどたったところですが、6月8日にGlacier(氷河)サマースキーがオープンしました! ブラッコム山の氷河エリアで6/8~7/14の間Tバーが運行し、短い距離ではありますがフリーランが少し、そしてパークのアイテムが並んでいます。

 見てください、まだ真っ白な雪! カナダは黄砂がないので雪が汚れにくいのがいいですね。 板も走り久しぶりのスノーボードを楽しめました。  

 この時期のお天気は不安定で、オープン初日も霧がかかっており、たまに雪がちらつくことも。 今年は新しくできたニューブラッコムゴンドラから登れるので、行きも35分ほどで氷河エリアに行くことができます。 また晴れたときに詳しいリポートもどんどんしていきたいと思います。
(M.O)

6月9日(日)今日の一枚

隣町スコーミッシュにバイク遠征!
<12:30pm 撮影>

ダウンヒルレッスン 体験記 2019年夏

  ウィスラーといえばスキー場、というイメージが多いことと思いますが、近年は雪が解けると同時に世界中からマウンテンバイカーが訪れる、世界有数マウンテンバイクの街として知られています。 そんな夏の一大人気アクティビティ、ダウンヒルバイクを初心者のスタッフが初挑戦してきましたのでレポートいたします!

 冬はスキーもスノーボードもする私、Y.N2.ですが、夏のダウンヒルは全くの初挑戦。 楽しそうだけど転んだら怪我するよなぁ・・・と、スケートボードとともに敬遠していたアクティビティ。 5月にマウンテンバイクシーズンが開始されると、悪天候でも押し寄せるマウンテンバイカーたちに圧倒され、今回トライするに至りました。
 
今回は初心者用のグループレッスンに参加。 こちらにはダウンヒルバイク、ヘルメット、ひざ・肘のプロテクター、グローブのレンタルが含まれているので、動きやすい服装だけ準備すればだれでも参加できます。 まずはレンタルショップでプロテクターとバイクのフィッティング。 この時に、後輪のブレーキが右がいいか、左がいいか聞かれますので、普段使いなれている方をお選びください。 ちなみにカナダのバイクは右が後輪ブレーキですが、日本やニュージーランドなどでは左後輪ブレーキが一般的とのこと。 レンタルバイクも国際対応がされてるんだなーと感心。
フィッティングが済んだらバイクをもってレッスン開始! まずはリフトの載せ方から。 バイクと人間は一緒のリフトには乗れないため(ゴンドラには一緒に乗れます)、バイク用のリフトにバイクを載せこみ、そのあとで人間が乗るような仕組みになっています。 数回、止まっているラックに載せこむ練習をしてから、いざリフトへ。 止まっている自転車ラックに載せるのは問題ないのですが、動いているリフトだとなかなか大変。 インストラクターさんに助けられながら無事乗車。
リフト降り場に到着し、まずは基本姿勢の練習から。 ニュートラルポジションと、カーブや段差に耐えやすいレディーポジションを数回練習すると、さっそくコースへと降りていきます。 最初はもちろん初心者コースを走りますが、急カーブの曲がり方や目線の送り方などは、止まりながらきちんと説明してくれるので、初めてでも楽しんで降りてくることができました! 1回のリフトでもかなりの距離があり、かなりの満足感! 登りはリフトなので、自転車を漕ぐ辛さは全くありません。 森の中を爽快に駆け抜ける、いいとこ取りな印象でした♪ 1本目でちょっと上達したので、2本目、3本目は初級だけでなく、中級のコースにも挑戦! 初級コースもより狭く、でこぼこの斜面が多くなりますが、スリル満点なコースと終わった後の達成感が病みつきです。 最初に怪我の心配をしていましたが、レンタルバイクの整備はしっかりされており、自分の実力以上に無理をしなければ、不用意な転倒の心配はあまりなさそうでした。(きっと上達してくると無理をしたくなってくるのでしょうね…笑)

 初心者レッスンではリフト3本分とレッスン(3時間程度)がツアーに含まれており、ダウンヒルが初めての方には、これだけで充分楽しめます。 もし、一度でもトライしたことがあるけれども、ウィスラーのコースがわからない、インストラクターに教えてもらいたい、という場合には、半日レッスン(マウンテンバイクパークは1日券付き)、1日レッスンもおすすめです。
ほかの参加者からも楽しかった! またやりたい! という声が多く、ダウンヒルを始めてみようかな、ダウンヒルってどんなアクティビティだろう? という方には是非お勧めしたいと思います!

 ウィスラーでのダウンヒルに興味がある方は、是非お問い合わせくださいね♪
(Y.N2.)

6月8日(土)晴れ ひとこと日記

  今年もビーチバレーのシーズンがやってきました! 昨年も共にプレーしたM.O.と一緒に、今年は4人制のビーチバレーリーグに参加しています。 このビーチバレーのリーグは、6月から9月まで10週間、週に1回2試合プレーをして順位を決めます。 月・水・金曜日は4人制、火曜日は2人制、木曜は3人制と毎日異なるリーグが開かれており、たくさんの人が参加している人気のリーグです。

 昨年は上手な人の多い3人制のリーグに入ってしまったため、結果は16チーム中、14位とイマイチでした…。 ただ、今年は比較的初心者の多い4人制リーグなので、もう少しいい成績が納められるかも?!と練習に励んでいます。

 先日早速最初の試合が開催されましたが、なんと2勝0敗! イエイ!(初戦はまさかの不戦勝でしたが…笑) 相手チームは身長の高いプレーヤーも多く、高さのハンディはあったものの、粘りのラリーで何とか勝つことができました! レインボーパークで毎週金曜日の夕方に試合をしていますので、応援よろしくお願いします♪
(Y.N2.)

6月7日(金)くもり ひとこと日記

  カナダのお土産シリーズ。今回はアイスワインのご紹介。 ワイン好きの方はご存知かと思いますが、カナダにはオンタリオ州とBC州を中心にワイナリーが数多くあり、カナダ産ワインは実は国際的にも高く評価されています。 その中でも特に有名なのはアイスワインです。

 デザートワインの一種であるアイスワインは凍ったブドウから造られています。 ブドウは凍ると水分が減り果汁が凝縮されて、糖度が高まるので甘いワインが出来上がるのだそうです。 元々は寒波に見舞われてしまった年に、農家の方が処分するはずだったブドウでワインを造ってみたところ、香り高く甘いワインが出来上がったという偶然の産物なのですが、ブドウ1粒から1滴しか搾り取れないという程とても希少性の高いワインです。

 アイスワインはウィスラー内の酒屋さんでも購入できますが、それよりも空港の免税店がオススメです。 なんといっても種類が豊富! 選ぶ際には、厳しい品質基準をクリアした証であるVQAというラベルのついているものが良いですよ。 また、1本の箱入りもあれば、お得な3本セットなどあり、予算に合わせて選ぶこともできます。 色々な種類を買って飲み比べてみたくなりますが、購入時には免税範囲内に収まるようお気をつけください。
(M.Y.)

6月7日(金)今日の一枚

マウンテンバイクを傾けてコーナリング!
<3:45pm 撮影>

6月6日(木)くもり時々雨 ひとこと日記

  カナダと言えばフィッシング! スコーミッシュ⇒ウィスラー⇒ペンバートンと、ウィスラー周辺の川や湖にも、サーモンやトラウトが釣れるたくさんのフィッシングスポットがあります。 じつは最近、日本から釣り用具を一式持ってきたので、今年は大物を狙ってフィッシングに取り組んでいこうと思います。

 サーモンは時期や遡上の周期により、釣れる時期が限られているので、普段はレインボートラウト(ニジマス)を狙って川に入ります。 レインボートラウトは、春に放流されてから冬のアイスフィッシングまで、ほぼ1年中釣れる魚のため季節を問わず楽しめるんです。 また、サーモンに引けを取らない勢いがあり、40cmを超える大物になればなるほど難しくなるので、釣りごたえがあります。

 早速、ペンバートン方面の川に釣りに行ってきましたが、この日は、釣りというよりもラフティング日和と言えるほど川が増水。 ポイントになるはずの場所も大荒れで釣りにならず。 それでも、ようやく見つけたポイントで15cmくらいのレインボーが釣れました。 水が落ち着くのは1週間後くらいの予想なので、来週もまた釣行を楽しもうと思います!
(Y.S3.)

6月5日(水)雨 ひとこと日記

  
  ウィスラーでは、5月~9月にかけての毎週木曜日夕方6:30から、Toonieライドというマウンテンバイクのグループライドイベントが開催されています。 先週行われたシーズン第3戦の登りのコースは、なんとウィスラースライディングセンター! バンクーバーオリンピック時に建設され、冬期はワールドカップ等も開催されているソリ競技(ボブスレー、リュージュ、スケルトン)のコースです。ここを逆走する形で登っていきました。 
 
 コース幅が狭いので、一人ずつスタートのタイムアタック形式。 路面はコンクリートで綺麗なので走りやすく、勾配も思ったほどは急ではなかったので、観光気分で楽しんでゆったり走ることができました。 普段は走ることができない、イベントならではのコースを楽しめるのもToonieライドの良いところ。 また、スポンサーとしてコースを開放してくれたスライディングセンターにも感謝です。 
(T.W.)

6月5日(水)今日の一枚

自然いっぱいのウィスラー
今日は小鹿のバンビちゃん発見♪
<3:00pm 撮影>

6月4日(火)晴れ ひとこと日記

  隣町ペンバートンは山岳リゾートのウィスラーとは異なり、カナダの田舎町といった感じですが、夏はキャンプにハイキング、冬はバックカントリースキーやスノーモービルといったアウトドアアクティビティの拠点となる町で、特に夏はハイキング客などを多く見かけます。

 そんなペンバートンのインフォメーションセンター隣にあるフードトラック、Lynx Cafe(リンクスカフェ)が私のお気に入り♪ 昨年から、日本のニセコの料理屋さんで働いていたフランス人スタッフが入り、日本の味が組み合わさったメニューなんかも提供されています。 今年新しくできたカラアゲバーガーは、しっかりと味付けされたしょうがしょうゆ風味の唐揚げが入っており、私の新たなお気に入りとなりました。(完全に日本の唐揚げでした!) 他にも、ベーコン/ポテト/トマト/レタスが入ったブレックファーストバーガーや、ジューシーな牛肉パティが入ったのリンクスバーガー、ペンバートンポテトと軽い衣がサクサクのフィッシュ&チップスなど、どれもこれも美味しいものばかり。 屋台形式なので気軽に立ち寄れるのも嬉しいところですね。 ハイキングの前の腹ごしらえにおすすめです!
(Y.N2.)

6月3日(月)晴れ ひとこと日記

  
  カナダの西沿岸部に点在するトーテムポール。 バンクーバー空港やウィスラービレッジ内にもあり、誰もが目にしたことがあると思います。 先住民の伝統的な工芸品の一つですが、単なる飾りのためのオブジェではなく、実は色々な意味があります。

 ひとことに先住民族といってもスコーミッシュ族、リルワット族、ハイダ族など、部族によってそのデザインや色づかいに特徴があるそうです。 本来は家の柱に使われており、先祖代々伝わる神話や歴史、縁のある氏族が彫刻され家紋のような役割を果たしていました。 また家の柱ではなく、単独で建てられているものには、祝い事の記念に作られたもの、故人を弔うもの、歓迎の意を表すものなどそれぞれ意味が込められています。 ちなみに写真のような一番上が翼を広げた鳥のトーテムポールもよく見かけるのですが、耳のようなものが付いているのはサンダーバードという伝説の巨鳥、付いてないものはオオガラスといった違いがあるのだとか。

 ただの飾りと思っていたものも、意味を持っていると思うと見る目が変わります。 バンクーバー空港の到着ロビーにあるにある2本のトーテムポールは歓迎の意を表すものだそうですよ。 他にはどんなトーテムポールがあるのか、滞在中に探してみてください。
(M.Y.)

6月3日(月)今日の一枚

人が通っても気にせず朝ごはん!
<9:30am 撮影>

6月2日(日)晴れ時々くもり ひとこと日記

  スコーミッシュには「Mag's 99 Fried Chicken And Mexican Cantina」(以前の記事はコチラ)という、地元の人や旅行社に人気のレストランがあります。 ここはメキシカン料理のレストランで、ブリトーやフライドチキンなどが美味しく、ボリューム満点なので、大食いの私もスコーミッシュに行くときに利用しています。

 先日、バンクーバーのオンラインニュースを見ていたら、このレストランの記事がありました。 読んでみると、現在の場所が閉鎖となってしまうということ。 オーナーからの発表では近々フードトラックを開設するということですが、移転の情報は後日発表されるということです。 記事によると、スコーミッシュで現在開発が進んでいる商業区域に移転するだろうという情報。 開発されている商業区域は、現在もトランポリン施設やカフェなどが並んでいて、これから賑わっていくかもしれませんね。

 新しい店舗のオープンも待ち遠しいですが、ローカル間の強い何とも言えない雰囲気がなくなってしまうのは、少し寂しい気持ちにもなりました。
(Y.S3.)

6月2日(日)今日の一枚

ナイスショット!!
<5:00pm 撮影>

6月1日(土)晴れ ひとこと日記

  ちょっと疲れたそんな時は温泉へ、と日本のようにはいかないウィスラー/カナダですが、ウィスラーにはスカンジネイブスパという北欧スタイルの大きな露天風呂施設があり、今回、初めて行って来ましたので簡単にレポートしたいと思います。
 
 まず場所ですが、ウィスラービレッジからは少し離れていますので、タクシーの利用が便利です。(私は自転車で行きましたが笑)入口直ぐのカウンターで受付と代金の支払いを済ませ、大きなバスタオルを2枚受け取ります。 カウンターのフロアに併設されているカフェを横目に階段を降りるとそこは大きな更衣室となっており、水着に着替え、2枚あるバスタオルの1枚を持って露店風呂エリアへ。 なお、携帯電話と会話は禁止となっているので注意してください。 露天風呂エリアには、温水ジャグジータイプの湯船、サウナ、水風呂がそれぞれ3つほどありました。 加えて、椅子やハンモック、日光浴室(ソラリウム)、ヨガマットのある部屋、ソファーが置かれた部屋など、湯船以外の設備もとても充実しています。

 会話が禁止ということで、グループで訪れた場合などは、コミュニケーションの取り方で戸惑いがあるかもしれませんが、とにかく話し声すらない静かな空間で過ごせるというのが最高でした。 夏のアクティビティで疲れた時は、ここで少し贅沢な時間を過ごすのもお勧めですよ!
(T.W.)

5月31日(金)晴れ ひとこと日記

  2017年からスコーミッシュに新しくできたアクティビティ、Rope Runner(ロープランナー)を見学しに行ってきました! こちらはアスレチックの拡大版のようなもので、この中に50もの課題があり、難しさのレベルも3段階に分かれています。 1回の参加で2時間の時間制限があり、自分のスキルに応じて、好きな課題にチャレンジすることができるようになっているので、大人も子供も一緒に楽しめるアクティビティですね。 よく見ると、ボルダリングの壁や、スノーモービル、カヌー、マウンテンバイク等がアスレチック内に組み込まれており、スコーミッシュらしさが見ているだけでも伝わるようになっているんだとか。 

 この日はあいにくの雨模様だったため、私たちはトライせずに見学のみとしましたが、雨の中でもたくさんの人たちが楽しそうに遊んでいました。 次回はぜひチャレンジしてレポートしたいと思います♪ 場所はスコーミッシュのビジターセンターの裏にありますので、ウィスラーまでの道中立ち寄ってみてはいかがでしょう?
(Y.N2.)

5月31日(金)今日の一枚

ダウンヒルバイク初挑戦!
レッスンをしっかり受けて挑みます!
<11:00am 撮影>

5月30日(木)晴れ時々くもり ひとこと日記

  ウィスラーに来る皆さんが必ずといっていいほど利用するバンクーバー空港(通称YVR)で、こんなインスタ映えスポットを発見しました! 写真が暗くなってしまったのですが、実際はもっと明るく可愛らしい雰囲気です。

 ところで、バンクーバー空港は北米No.1の国際空港だということをご存知でしょうか。 これは、イギリスの航空サービス調査会社が毎年発表している世界の国際空港ランキングを基にしており、バンクーバー空港は全世界中17位にランクイン。 北米にある国際空港では最高位でバンクーバーは10年連続北米No.1だそうです。 ちなみに日本の空港は、なんと2位に羽田国際空港、7位に中部国際空港、9位に成田国際空港と、トップ10に3つも入っています。 バンクーバー空港も頑張っていますが、日本の空港はさすがといった感じですね。

 インスタ映えの写真スポットは、国際線出発ロビーにある、ネイティブアートの大きな翡翠像前に設置されています。 いつまで置かれているかは不明ですが、旅の記念に良い写真が撮れそうです♪
(M.Y.)

5月30日(木)今日の一枚

ボブスレーコース(登り)でタイムアタック!
<5/30 6:30pm 撮影>

<19-20シーズン マイルン初滑りツアー募集開始!!>


ウィスラー初滑りツアー 11/29~12/4
  JAPANADAのひとこと日記の「マイルンの動画スノーリポート」でもお馴染みの、プロスノーボーダーかつYoutuberのMaiとLunaが開催する初滑りツアー! カナダ往復国際線、リフト券、ホテル、送迎など、全て込みのパックツアーです! 

 毎シーズン100日以上滑走している私たちが、ウィスラーブラッコムの魅力を存分にガイドさせて頂きます。 ツアー中のガイドはもちろん、プレゼントや滑った後のアクティビティも盛りだくさん。 今までウィスラーで滑ってみたかったけど、英語や海外の山ってなんだか不安だな・・・なんて思っていた皆様。 シーズンインに私たちと最高の思い出を作りましょう!

(スケジュール予定)
1日目(11/29):成田/バンクーバー 
         マイルン空港にお迎え、送迎車にてウィスラーへ 
         到着後、街案内・パーティ(夕食付)     ウィスラー泊

2日目(11/30):滑走日                                  ウィスラー泊

3日目(12/1):滑走日                                                                  ウィスラー泊
       −32℃!のウォッカールームへご案内

4日目(12/2):滑走日  
        最終日さよならパーティ(夕食付)      ウィスラー泊

5日目(12/3):送迎車にて空港へ バンクーバー/成田 

6日目(12/4):夕方、日本到着

(マイルンツアーの魅力)

・旅のしおりをムービーでプレゼント!
・行きは空港でマイルンがお出迎え!
・3日間マイルンがつきっきりでガイド!
・初日ウェルカムパーティ!(夕食)
・マイルングッズプレゼント!
・ツアー動画プレゼント!
・アイスウォッカルーム体験!
・最終日さよならパーティ!(夕食)

(予価)お一人様¥252,000~ 
※最少催行6名様 / 定員:10名様
※正式なツアー代金は6月中旬発表の予定です。
お申し込み時期により航空券代金、リフト券代金が変動するため ツアー価格が変更になる可能性がございます。 お早めのお申込みがお得です。 別途費用*ご入金案内の際ご連絡いたします。
*(成田空港施設使用料、 カナダTAX、燃油サーチャージ 合計約¥26,610 / 5月現在) 
*燃油サーチャージは原油の高騰により変更になる場合がございます。
*料金に含まれるもの:往復航空券代金、宿泊代(4泊)、リフト券(3日分)、現地空港/ホテル間送迎、1日目、4日目夕食代、アイスウォッカルーム代
*日程表に記載のないその他の食事は各自ご負担になります。

(ご利用予定ホテル)
 ホテル名:ウィスラ-ビレッジイン予定(2名様1室利用になります)*シングル利用、その他のホテルをご希望の場合はお問い合わせ下さい。

 お申し込み、お問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。
JAPANADA Enterprises, Inc (Whistler, Canada)
メール:info@japanada.com
※ご質問にはMaiがメールで直接お応え致します。

お問い合わせは基本的にはメールにて承りますが、お電話でのお問い合わせの場合はこちらにご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ:
株式会社トラベルプランニングサービス
*東京都知事登録旅行業第3-5177号*
TEL:03-5835-5255
担当:村田

( キャンセル規定)
35日前以降~15日前以前 旅行代金の50%
15日前以降~4日前以前 旅行代金の80%
3日前以降  旅行代金の100%

5月29日(水)くもりのち雨 ひとこと日記

  先日、バンクーバーのカナダプレイスに寄ると、大きなクルーズ船が停泊していました。 カナダプレイスには様々な船が停泊していることがあるのですが、今回の船はなんと「ディズニークルーズ」! じつは、カナダプレイスはディズニークルーズ船の発着場にもなっていて、カリフォルニア沿岸やハワイ、アラスカなどの航路があるんです。

 ディズニークルーズ船内では、おなじみのディズニーキャラクターが出迎えてくれたり、舞台や映画などのエンターテイメントはもちろん、スライダー付きのプールや大人専用のラウンジなど、朝から夜まで楽しめます。 カリフォルニア沿岸やハワイの航路では到着した先で、さらにディズニーランドにも行けるため、楽しさも倍増するでしょう。

 子供連れの家族はもちろん、ハネムーンにも人気のディズニークルーズ。 航路によりますが、意外と手を出せそうな値段も。 せっかく大港町バンクーバー近くに住んでいるので、優雅なクルーズ旅行でも計画してみようかなと思いました。
(Y.S3.)

5月29日(水)今日の一枚

ウィスラーゴルフクラブのシグナチャーホール
「ザ・ギャラリー」
<11:30am 撮影>

5月28日(火)晴れ ひとこと日記

  先日、バンクーバーの隣にあるリッチモンドの小さな港町スティーブストンに行ってきました。 その目的の一つは新鮮なエビの購入! 毎年5月のこの時期は、ボタンエビ(カナダボタン)の漁が解禁され、新鮮な生のエビを堪能することができます。 これ以降市場に出回るのは冷凍物になってしまうので採れたてを生で楽しめるのは今だけです。

 今回購入したのは小ぶりなものを合計5ポンド(約2.3kg)! 頭あり3ポンド、頭なし2ポンドでそれぞれ10ドルでした。まずは飽きるまで刺身でいただき、その後は、から揚げ、かき揚げで堪能。 また、食べない頭はみそ汁に入れて出汁をとるとこれも美味。 ちょっと量を買いすぎたので、2日間ほどはひたすらエビ料理をつくり続け残ったものは冷凍へ。 ちなみに写真の量は全体の5分の1ほど。

 日本に比べると美味しい生の魚介がリーズナブルに手に入りづらいカナダですが、ボタンエビは別格で美味しくそして安い。 また来年のこの時期が待ち遠しいです!
(T.W.)

5月27日(月)晴れ ひとこと日記

  ウィスラー山最終日!! 11月22日からオープンした今シーズン、4月22日に一足にブラッコム山が閉まり、とうとう今日ウィスラー山もクローズ。 今シーズンもお疲れさまでした。

 最終日といえば、80年代の格好をして滑る「Gaper Day(ゲイパーデイ)」が有名です。 私も気合を入れて参戦してきました。 ですが正直80年代の格好と言われても難しいので、とにかく派手な格好をして山に上がるイベントだと感じています。笑

 最終日は幸運なことに快晴に恵まれ、パークで最後までストイックに練習する人や、ハーモニーの水たまりでウォータースキー&スノーボードを楽しむ人、ただ集まってわいわい騒いでいる人など、今年もとても盛り上がっていました。 シーズンが終わってしまうと言いつつも、この後もブラッコムの一部でサマースキーが約1か月楽しめるので、まだまだ私のシーズンは終わりません。
(M.O.)

5月27日(月)今日の一枚

探せシリーズ
ワイルドな親子ギャラリーを探せ!
<8:30am 撮影>

5月26日(日)晴れ ひとこと日記

  アッパービレッジにあるお寿司屋さん、和み寿司。 日本食が恋しくなると、ついつい行ってしまうお店のひとつです。 特にここのメニューは、居酒屋さんのような一品メニューも充実しているので、しっかりお寿司を食べたい方にも、飲みながらまったり過ごしたい方にもオススメ。

 私がいつも注文するメニューは、写真奥の鯖の炙り寿司。 メニューにはSABA BO(鯖棒寿司)と書かれているので、注文するときも「SABA BO please!」で通じます。 締め具合もちょうど良く、香ばしく炙った鯖が美味しい一品。 今回初めて角煮も頼んでみましたが、ボリュームもたっぷりで柔らかく、日本が恋しくなるお味でした。(日本に一時帰国したばかりなのに。。。笑) その他新鮮なお刺身やてんぷらなどもいただき、大満足。 日記を書いているだけなのにお腹が空いてきました~笑
(Y.N2.)

5月26日(日)今日の一枚

ピーク2ピークの夏観光営業開始!
更に賑わうウィスラーゴンドラ 
<2:15pm 撮影>

5月25日(土)雨のちくもり ひとこと日記

  ウィスラーのお土産シリーズ。 今回は、ご当地の土地名が入ったものを集めている方には特にオススメの地名入りナンバープレートです。

 旅行先の土地名が入ったお土産はキーホルダーやマグカップ、Tシャツなんかが定番ですが、こちらのナンバープレートシリーズもオススメ。 世界各都市で手に入りやすく、並べて飾られているとインテリアにもなって、カッコイイですよ。 特にお気に入りはクマの形をしたもの。 ウィスラーという地名入りではないですがカナダらしさが良いです!

 ナンバープレートは薄いのでスーツケースに入れてしまえば全く邪魔になりません。 ちなみにこのシリーズはマグネットになっている物もあるので、小さいお土産をコレクションしている方にはそちらがオススメです。
(M.Y.)

5月25日(土)今日の一枚

うちのご近所さん
<4:00pm 撮影>

5月24日(金)雨 ひとこと日記

  アウトドアスポーツが盛んなウィスラーでは、ビーチバレーやソフトボールなど様々なスポーツリーグが行われています。 私はこの冬、リーグ戦ではありませんが毎週行われていたフットサルに参加していて、夏にはサッカーのリーグ戦があるという話を聞き、この夏はサッカーに挑戦してみることにしました。

 リーグ戦は6月からの開始となりますが、まずはチームに加入する必要があります。 各チームは、ホテルやレストランなどでサッカーをする人を集いチームを構成したり、リーグ戦が始まる前に当日参加のゲームがあり、そこでオファーしたりと様々です。 

 早速、当日参加のサッカーに参加してきましたが、もちろん多国籍のサッカー好きが集まるため、体格が大きい選手や足が速そうな選手など、まるで海外リーグに参加しているような雰囲気を味わえます。 私は冬に一緒にフットサルをしていたチームに加わり、リーグ戦を戦うことになりました。 ただサッカーが好きな素人ですが、活躍できるように頑張りたいと思います!
(Y.S3.)

-*-*-*-*-*-*-*-*【マイルンの動画スノーリポート】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがスノーリポートを動画でお届けします!
チャンネル登録もよろしくお願いします!

5月23日(木)晴れ時々くもり ひとこと日記

  先日、ウィスラービレッジにあるQuattroというイタリア料理系のレストランに行ってきました。 このブログでも時々ご紹介していますが、5月から6月のお客様が減る一定時期、多くのレストランでは普段よりお得なメニューが提供されています。 色々なレストランの味を気軽に知ることができる良い機会なので私自身利用することが多く、今回のレストランも初めてのトライです。

 店内の雰囲気は、モダンというよりは少しクラシックな造りで、敷居が高すぎず、気軽に入れる印象です。 店内のBGMも静かで、落ち着いて、ゆっくり食事を頂くことができました。 オーダーしたのは、トマトソースのパスタとメインディッシュに鶏肉の料理。 特にチキンはとても柔らかく仕上がっており、抜群の食感と味付けでした。 話を聞くと、クリーム系のパスタもおススメなようなので、次回機会があれば試してみたいですね!
(T.W.)

5月23日(木)今日の一枚

北米原産 レッドフラワリング・カラント
<3:30pm 撮影>

5月22日(水)くもり ひとこと日記

  昨日は今年初のキャンプをしてきました。 場所はウィスラーから車で30分、タクシーでも行けちゃうぐらい近い「Cal Cheak(カルチーク)」というキャンプ場へ行ってきました。 気軽に行けて、川も近くにあり、自然豊かでとても気持ちの良いところです。 設備はテーブルとベンチ、焚火用のドラム缶みたいなもの、トイレはトイレットペーパー付です。

 キャンプといえばキャンプファイアー。 しかし乾燥しているカナダでは山火事が多く
、いつも夏に行くと焚火禁止なことが多いんです。 でもこの日は雨も少し降ったりして焚火がOKだったので夜も冷えることなく焼きマシュマロを楽しむことができました。
(M.O.)

5月21日(火)くもり時々晴れ ひとこと日記

  先日「今日の一枚」にも写真を掲載しましたが、リルエット族のロデオを見に行ってきました! 毎年この時期に開催されるロデオは3日間開催され、地元出身のブルライダーだけでなく、カナダ各地からブルライダーが集まり、なかなか盛り上がるイベントとなっています。

 写真にあるように暴れている牡牛に乗る競技、ブル・ライディングが一番目玉となっていますが、それ以外にもカウボーイのロープ投げ技術を競うチーム・ローピング、馬に乗って速さを競うバレル・レーシングなど、さまざまな競技が行われるので、見ていても飽きません。 ルールなどあまりわからなくても、ロデオは見ているだけでドキドキハラハラ、そして鮮やかに馬を操るカウボーイはかっこいい!

 その他、メインステージの横では、先住民族のダンスショーや、先住民族の洋服・アクセサリーなどの販売も行っており、気軽に文化に触れることが出来るイベントとなっていました。 毎年この時期に開催しているので、機会があれば訪れてみてはいかがでしょう?
(Y.N2.)
-*-*-*-*-*-*-*-*【マイルンの動画スノーリポート】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがスノーリポートを動画でお届けします!
チャンネル登録もよろしくお願いします!

5月21日(火)今日の一枚

湖からの景色がさわやかな季節です!
<11:30am 撮影>

5月20日(月)晴れ時々くもり ひとこと日記

 
  先日、バンクーバーにある水族館「Vancouver Aquarium」へ行ってきました。 バンクーバー市内のスタンレーパーク敷地内にあるここの水族館では川や海の生物に留まらず、熱帯雨林コーナーにはナマケモノやカラフルなインコ、蝶なども見ることができます。

 いつもはクラゲに癒されて帰ってくるのですが、今回はラッコたちに心を奪われました。 水にぷかぷか浮きながら愛くるしい表情や仕草を見せるラッコやひたすら水上を回旋しながら泳ぐラッコ、陸の上でごろごろして過ごすラッコ…。 一日中見ていても飽きない可愛さです。

 ラッコはバンクーバー周辺の海にも生息しているので、フェリーから野生のラッコを見ることもあるんですよ。 のんびりと気持ちよさそうに漂っている姿を見ていると、ラッコになりたいな…なんて思ってしまうのでした。
(M.Y.)

5月19日(日)晴れ時々くもり ひとこと日記

  最近はマウンテンバイクパークがオープンするなど、夏のアクティビティも徐々にシーズンが始まっているウィスラー 。 そして、私が昨夏からハマっている、ディスク(フリスビー)ゴルフシーズンもスタート!

 ディスクゴルフとは、コース上に設置されたバスケット型のゴールにディスクを何投で入れられるか競うシンプルなスポーツ。 通常、ゴルフ場のように開けた場所のコースが多いのですが、ウィスラーのディスクゴルフ場は森の中のコースがあったりと、自然そのままを利用したコース設計になっています。 目の前の木にぶつかったり、斜面を転がったりとハプニングもありながら、ディスクがバスケットに入った瞬間は気持ち良いんです!

 専用のディスク($15程度)はウィスラービレッジでも購入することができ、コースは無料で遊べます。 軽いハイキングのような運動量で、ちょっと身体を動かしたいときにちょうど良いので、この夏もチャレンジしていこうと思います。
(Y.S.3)
-*-*-*-*-*-*-*-*【マイルンの動画スノーリポート】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがスノーリポートを動画でお届けします!
チャンネル登録もよろしくお願いします!