11月30日(月)今日の一枚

ふかふかパウダー!どこ滑ろうかな
<1:00pm 撮影>

11月29日(日)晴れのち雪 ひとこと日記


  遂にスキー場がオープンとなったウィスラーですが、スキー&スノーボード以外にも冬ならでは、冬季オリンピック開催地ならではのボブスレー&スケルトン体験ができます。 2010年のオリンピックに使用されたコースを実際に滑ることができ、ある人のほうが珍しいでしょうか、経験不要でだれでも参加OKです。 

 ところで、写真の様にヘッドスライディング姿勢で滑るスケルトンはもちろん一人乗り。 未経験の素人をたった一人でいきなり氷のコースの中に入れちゃうところが、カナダらしくもありますが、スケルトンは”刃”がない乗り物(刃の代わりに丸い鉄パイプが氷と接しています。)なので、リュージュ、ボブスレーと比較して最も安全なんだそうです。 それでも最高時速は100㎞近くに達するので、最高のスリルと非日常感が味わえますよ。
 
 今年は本日(11月29日)に1回目の体験会が予定されていましたが、COVID-19によるBC州内の移動制限による影響で残念ながら中止。 今のところ毎月1~2回程度体験会が予定されているので、状況が改善し無事開催されることを願います。
(T.W.)

11月29日(日)今日の一枚

まだ11月とは思えないほどの雪景色
<12:30pm 撮影>

11月28日(土)くもり時々晴れ ひとこと日記

  ウィスラービレッジのオリンピックプラザでは、冬期はアイススケートリンクが開設されます。 11月27日にオープンしたばかりですが、地元の子供たちや家族でリンク上は賑わっていました。 ホッケーやフィギュアスケートが盛んなカナダだけあって、綺麗にスピンをする子供やミニホッケーを楽しむ子供もいたりと、見ているだけで雰囲気も味わえます。 もちろん初心者の方もいますが、補助具もあるので安全に楽しむことができます。 

 自分のスケートシューズを持っている場合は$2で利用できます。 シューズを持っていなくてもレンタルシューズ込みで$8(ヘルメットは無料)と、誰でも利用することができます。 午前11時から夜の8時30分(途中メンテナンス時間あり)まで営業していますので、滑走をお休みして空いた時間や、夕食前のちょっとした時間などに丁度いいアクティビティですね。
(Y.S3.)

11月27日(金)くもりのち雨 ひとこと日記

 
  今日は山のレストランの予約システムについてお話します。 大きいレストランは、利用当日の朝7:00からWebまたはEpic Mixのアプリで座席の予約が必要なのです。 私もゴンドラ待ちの時間にEpic Mixからウィスラー山8合目にあるラウンドハウスの座席を予約をしてみました。

 時間になり行ってみると、係の方が入り口付近にいて、名前を伝えると「V5」と書いた紙を渡されて2階へ(1階の予約もとれます)。 2階へ上がると各テーブルに番号が書いてあるので「V5」と書いてあるテーブルを探して座る、という流れでした。 もはや空いている座席を探さなくて良いので例年より楽かも?!

 レストランのご飯は全てパッケージされていましたが、暖かいご飯やスープもありました。 朝にお昼休憩の時間を予約する、というのがルーティンになりそうです。
(M.O.) 

11月27日(金)今日の一枚

 
霧がかったレッドチェア
<12:00pm 撮影>

11月26日(木)くもりのち雨 ひとこと日記

 
  ついにウィスラーブラッコムスキー場がオープンしました! 今年は降雪に恵まれ、天気もまずまず、かなり期待の初日。 私は8:30のゴンドラオープンに向けて7:30にゴンドラ乗り場に到着しました。 ゲレンデが予約制になり人数制限はされているものの、長蛇の列を覚悟して早めに来たのですが、いざ到着してみると、例年ほど混んでいない! 写真のようにグループごとに2m間隔を空けて並ぶように言われていたので、一見長い列に見えますが、実際はあれ、こんなもんか、と言った感想でした。

山に上がりさっそく滑ってみると、かなり良い雪質! 圧雪バーンは柔らかくエッジが噛むし、人も少ないので時間がたってもパウダーが残っていて、まだアルパインエリアは開いていないものの、1日中しっかり楽しめました。 さあ、今シーズンもたくさん滑るぞ!

コロナ予防のためにいくつか山のルールができていましたので、また次回の日記でご紹介します。
(M.O.)
*-*-*-*-*-*-*【マイルンのウィスライフ】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがウィスラーの様子を動画でお届けします!

チャンネル登録もよろしくね♪

11月26日(木)今日の一枚

待望のスキー場オープン!
<10:00am 撮影>

11月25日(水)くもり時々雪 ひとこと日記

  ジャパナダのツアーデスクが入るウェスティンホテルですが、ウィスラーゴンドラ乗り場の隣にありとても便利な立地です。 そんなウェスティンに長期契約でお住いのお客様を発見。 夏のアルパインエリアのハイキングでも見かけることがあるナキウサギです。 彼らのお部屋探しの条件に「ゴンドラ徒歩1分」は無いはずですが、ホテル建物脇の石垣が巣をつくるのちょうど良かったようです。

 ハムスターっぽい見た目で、ウィスラーの野生動物のなかでも抜群に可愛いナキウサギ。 熊やマーモットと違い、冬眠しない種類の動物なので、これからの時期もたまに見かけることがあるかもしれません。
(T.W.)

11月25日(水)今日の一枚

熊?の足跡発見!
冬眠まではもう少し。
<10:00am 撮影>

11月24日(火)くもり時々雪 ひとこと日記

 
  いよいよ明日がウィスラーブラッコムスキー場のオープン日です!! 現在の山のコンディションとしては、これまで169㎝の降雪があり、84㎝積もっているとのこと。 思い返せば、去年のオープン時期は雪が少なく、降雪機が24時間フル稼働していた記憶があります。 しかもオープン日が-18℃と極寒だったことも重なり、珍しくあまり混んでいなかったシーズンインでした。

 今年はというと、降雪はかなり期待できます。 山麓まで雪がつき、もしかしたらオープン日から滑って下まで降りれるのでは?期待してしまいます。 気温も落ち着いていて、かなり良いオープン日になりそうです。 明日は早起きして誰よりも先にいい雪を滑るぞ!
(M.O.)

11月23日(月)今日の一枚

オープンに向けてスタッフトレーニング中
<9:00am 撮影>

11月22日(日)くもり時々雪 ひとこと日記

  最近は麓の気温が0℃前後と、湿っぽい雪や雨が降ったりしています。 この時期に、気を付けないといけないのは車の運転です。 締めっぽい雪が降った後に気温が氷点下まで下がると、路面が凍結し滑りやすくなります。 歩いていても、ちょっとした坂道で滑って転びそうになることも。

 ウィスラー近郊はウィンタータイヤ指定区域になっているため、10月から3月にかけてウィンタータイヤの着用が必須となっています。 バンクーバーから向かってくるとスコーミッシュあたりで検問を行っていることもあり、従わないと罰金を取られることもあります。 オールシーズンタイヤでも問題はありませんが、オールシーズンタイヤの中でも、冬向きのタイヤとそうでないものがありますので、タイヤ購入時やバンクーバーでレンタカーを借りてウィスラーへ向かう時などは、確認をするといいでしょう。 

 もちろん、ウィンタータイヤを着用していても水分が多い雪道では滑りやすく、必ずしも安全ではありませんので、路面状況を確認しながらスピードを抑えて安全運転を心がけましょうね。
(Y.S3.)

11月21日(土)くもり ひとこと日記

  最近お気に入りの炭酸飲料は「Bubly(バブリー)」です。 ノンカロリーで甘味料が入っていない炭酸水で、ストロベリーやライム、ピンクグレープフルーツなど、12種類のフレーバーがあります。 さっぱりとした味わいなので、ウォッカなどのアルコールを割って飲んでも美味しいんです。 2018年にアメリカで発売され、昨年あたりからスコーミッシュやウィスラーでも販売しているのを見るようになりました。

 ウィスラーブラッコムには、大きいゴムチューブにのってスライダーが楽しめる「チューブパーク」があります。 昨シーズンまでは、コカ・コーラがスポンサーになっておりましたが、今シーズンからはバブリーがスポンサーになりました。 実はこのバブリーという炭酸飲料は、世界で人気のペプシコーラやリプトンなどのドリンクやLay'sなどのスナックを取り扱っている「PEPSICO」という大手食品会社のブランドなんです。 

 チューブパーク自体は変わらず爽快なスピード感を楽しめますので、スキーやスノーボード以外にご家族などで参加するアクティビティとしてお勧めです!
(Y.S3.)

11月21日(土)今日の一枚

コースの仕上がりが気になる日々
<8:45am 撮影>

11月20日(金)くもり ひとこと日記

  ウィスラーブラッコムスキー場より、スキー場内レストハウスの利用も予約制になるとの発表がありました。 レストラン内で他の利用者との物理的距離を十分に取れるよう席数を減らす等の対策をしており、さらに混雑を避けるため予約制となりました。

 スキー場直営のレストランには、大きいレストハウスやゴンドラ乗り場のパブ&レストラン、小さいログハウスタイプの休憩所などがあります。 予約が必要なレストランは大きいレストハウスとゴンドラ乗り場付近のパブ&レストラン。(下記のリストをご確認ください。) 予約は12/8以降毎日オープン日以降毎日EPIC MIXアプリWebページより当日の朝7時から予約ができるとのことで、ゴンドラ乗り場へ向かうまでに、休憩やランチのプランを検討することを推奨しています。

・予約が必要なスキー場直営レストラン
ラウンドハウス(座席予約のみ)   ウィスラー山
スティープス            ウィスラー山 ラウンドハウス内
ランデブー(座席予約のみ)     ブラッコム山
クリスティーンズ          ブラッコム山 ランデブー内
グレーシャークリーク(座席予約のみ)ブラッコム山
マーリンズ             アッパービレッジ
ダスティーズ            クリークサイド
ガリバルディ・リフト・カンパニー  ウィスラービレッジ

 上記以外の小さいログハウスタイプの休憩所は、クイックサーブというパック売りされている軽食販売のみとなるので予約は必要ありません。 アルコール類は瓶や缶での販売のみとなり、グラスやカップでドリンクを提供しているアンブレラバーなどのバーやカフェは今シーズンはクローズです。 スキー場アクセスの予約とは別に予約が必要ですので、利用を予定している方はお忘れなく。
(Y.S3.)

11月19日(木)小雨 ひとこと日記

  少し前ですが、カナダで初めて車を買いました。 せっかくカナダにいるのだから大きくてカッコいい外車にも憧れていたのですが、最終的には安心安全の日本車になりました(笑)。

同じスバルでも日本とカナダでは、グレードの呼び名や標準装備の仕様など違う点がたくさんあります。 それよりも驚いたのが、セールスマン、支払い、保険の人がすべて違う人だということです。 そして各ブースの担当の人のところに自分自身が移動していくのです。 担当がきっちりわかれているため、セールスマンにローンや保険のことを聞いてもあまりわからないと言うし、支払い担当の人に値段交渉をしても意味がないのです。 ブースを移るごとに後へは戻れない気がしてドキドキしましたが、買ってしまえばもう後悔は1つもありませんでした。 車のある生活でカナダ生活がもっと楽しくなりそうです。
(M.O.)

*-*-*-*-*-*-*【マイルンのウィスライフ】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがウィスラーの様子を動画でお届けします!

チャンネル登録もよろしくね♪

11月19日(木)今日の一枚

冬らしい白くまドーナツが発売
<10:00am 撮影>

11月18日(水)雪 ひとこと日記

  今年のスキー場は予約制になったということで、初めての経験なので、ちゃんと予約が取れて毎日滑れるのか少し心配していました。 そんな今日はスキー場オープン日の週の滑走予約がスタートする日。 12月7日まではシーズンパスとDayパス保持者のみが滑走可能ということで、そこまでは混まないだろうと予想しつつも、開始の1:00pmにしっかりとケータイを持ってスタンバイ。 

 1:01pmに予約サイトに入れたものの、予約に4万人以上待ち!! 海外からの人は今年はいないはずなのに、開始1分で私より先にこんな大勢が予約をとるためにケータイの前で待っていたなんて・・・。 毎年のパウダー戦争も納得がいきます。 結果、1時間ほど待って無事に予約がとれました。 オープン日まであと約1週間! どんなオープン日になるのかワクワクします。
(M.O.)

11月16日(月)雨 ひとこと日記

  ウィスラー内のショップやレストランでは、COVID-19感染症対策で、BC州内の他のエリア同様に、同時にお店の中に入れる人数や座席数を制限しています。 写真のお店はウィスラービレッジにある「Arc'Teryx」専門店ですが、入口を入るとすぐに入店待機エリアが設置されていました。 ただ、混雑具合によっては店の外で待つことも十分想定されます。 また、お店によっては、待機スペースを屋内に確保できないこともあるでしょう。 
 
 この冬ウィスラーにお越しで、ショッピングやお食事をウィスラービレッジで楽しまれる予定の方は、屋外で待機することも考えて、いつもより暖かい服装でお出かけください。 雪が降っているケースも考えると、街ぶらもスキー/スノボウェアが便利かもしれませんね。
(T.W.)

11月16日(月)今日の一枚

週末明けで静かなウィスラービレッジ
<1:30pm 撮影>

11月15日(日)みぞれ ひとこと日記 

  ハロウィンが終わり、クリスマスモードに変わりつつあるウィスラー。 スーパー等のお店もクリスマス商品で賑やかになってきました。 写真のショップはウィスラー市の南端、ウィスラービレッジから南へ8㎞の場所にあるホームセンターです。 2階建て店舗の1階部分は、工具や電材、塗料などを扱う純然たるホームセンターでオシャレ要素は皆無なのですが、2階はガラッと雰囲気が変わり、おしゃれなインテリアやキッチン用品などが置かれています。
 
 このホームセンターのあるFunction Junctionというエリアは、観光客の方が訪れることは少ないですが、世界的に人気なバイクブランド「Chromag Bikes」の本社、スプリットボードのパイオニアブランド「Prior」の本社、トランポリントレーニング用のスノーボードを作る「SNOWBOARD ADDICTION」の本社があったりと、知る人ぞ知る有名スポットです。

 その他にもブリュワリーやカフェ、スケートショップ、マウンテンバイクショップがあるなど、実は楽しめるスポットも多いファンクションジャンクション。 機会があれば是非立ち寄ってみてください。
(T.W.)

11月14日(土)くもり ひとこと日記

  以前、サンシャインコーストに遊びに行った際、インスタ映えそうな写真を現地でアップ。 すると、見慣れないアカウントからの「イイネ」がついていたのでチェックしてみると、シーシェルトにある「PLETHOLA FINE FOODS」というチーズや加工肉を扱うおしゃれなお店でした。 せっかくなので、ウィスラーへの帰路の途中で寄ってみることに。 

 店内で特に目を引いたのがオリーブオイル&バルサミコ酢。 上の写真のようにサーバーから自由にテイスティングでき、気に入ったものをその場で瓶詰めして購入できます。 プレミアム品質ということで安くはないですが、グリーンリーフ系の野菜にそのオイルをかけるだけで、レストランのサラダが完成!といっても過言ではない位美味しく、ベーシックなものとバジルの香りが効いたも2種類を購入しました。

 大量につかうような用途には勿体なくて躊躇してしまいますが、サラダだけでなく、オイル系パスタにも抜群の相性で、あっという間に使い切ってしまいそうです。
(T.W.)

*-*-*-*-*-*-*【マイルンのウィスライフ】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがウィスラーの様子を動画でお届けします!
チャンネル登録もよろしくね♪

11月14日(土)今日の一枚

バレートレイルにできた雪の一本道
<8:30am 撮影>

11月13日(金)くもり時々雪 ひとこと日記

  ウィスラーの麓でまとまった雪が降る前日、今秋ラストとなるであろうキノコ狩りへ行ってきました。 今年、私自身マツタケはよく採れていましたが、他のキノコは見つけることができていません。 マツタケが採れただけでも十分満足なのですが、他のキノコも見つけて食べたいので集中して地面を観察。 この日の時点ですでに地面はうっすらと雪で覆われ、キノコが雪を突き破っていないと見つからないかもしれない難しい状況でした。

 そんな中、雪が積もっていない箇所や岩の裏、倒木の近くなどポイントを絞ってみていると次第にキノコが見えてくるように。 すると、岩の裏ではシャントレール、倒木の近くではヘッジホッグ(シロカノシタ)やトランペットシャントレールなど、今まで見つけたことのないキノコを見つけることができました。 探すのが難しい状況で探していたので、キノコが呼んでくれたのかもしれませんね。(笑)

 もちろん、帰宅後は採ったキノコを贅沢に使った料理で味覚を満喫。 ヘッジホッグマッシュルームが甘みがあり風味もあって特に美味しかったです。
(Y.S3.)

11月12日(木)雪 ひとこと日記

  ウィスラーに雪が降りました!! これほどまとまった雪が降ったのはこの秋で初めて。 昨晩だけで山の中腹では30cmほど積もったそうです。 街から見た様子だとコースの下腹部にまで雪が積もって、かなりスキー場らしくなってきました。

スキー場のオープンは11月26日予定ですが、去年のシーズン初めが雪不足だっただけに、今年はさらに期待が膨らみます。 今年の山は予約制であったり、ゴンドラやリフトの乗車人数も制限されていく予定だそうです。 今までとは違うことが色々ありそうなので、また日記でリポートしたいと思います。
(M.O.)

*-*-*-*-*-*-*【マイルンのウィスライフ】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがウィスラーの様子を動画でお届けします!

チャンネル登録もよろしくね♪

11月12日(木)今日の一枚

雪の滑り台で遊ぶ子供
<3:30pm 撮影>

11月11日(水)晴れ ひとこと日記

  先日、リッチモンドにある「Apex Adventure Plex」という施設に遊びに行きました。 ここは、トランポリン、ボルダリング、パルクール、バブルサッカー(コロナの為今はバレーボール)などが楽しめる屋内施設です。 到着すると滑り止め付の靴下がもらえ、あとは施設内なら何でも遊び放題。 スポッチャをもっと激しくしたスポーツ施設といったところでしょうか。 
 中でも1番面白いのが、日本の人気番組サスケが体験できる忍者ゾーン。 レベルも分かれていて、誰でも楽しめるようになっています。 私もチャレンジしてみたのですが、テレビのようにはいかず、腕の筋肉がピクピク悲鳴を上げていました。 思いっきり汗をかきたい方におススメです。 着替えをお忘れなく。
(M.O.)

11月10日(火)今日の一枚

冬景色のウィスラービレッジ
<9:00am 撮影>

11月9日(月)雪 ひとこと日記

  ジャパナダブログでも定番ネタのカナダ産マツタケですが、先日バンクーバーのグランビルアイランドで店頭に並んでいるのを発見。 値段は1ポンド39.99ドル =  約9ドル/100g。 おそらく、日本産松茸の日本での店頭価格の1/10くらいだとおもいます。 とはいえ、他のキノコに比べれば明らかに高級食材。 この時は眺めているだけで終わりました(笑)
 
 ちなみに、カナダ産マツタケの日本での販売価格も少し調べてみましたが、インターネット上では、2500円/100gくらいが相場のようです。 それに比べれば、現地カナダの値段はやはり割安。 自分で採れなかったときは、買ってみるのもアリかもですね。
(T.W.)

11月8日(日)晴れ ひとこと日記

CTV Newsより
  先日のニュースで、「身分証明書を持たないブラックベアーが国境を越えようとした」という見出しの記事を発見。 読んでみると、ブラックベアーの子供がカナダからアメリカへの国境サービスの建物に近づき入ろうとしていたため、保護されたというニュースでした。 その国境はブリティッシュコロンビア州の北部とアラスカ州の国境で、そのブラックベアーは律義に人間がいる建物から国境を超えようとしていたそうです。

 カナダの野生動物保護協会は、その子供のブラックベアーがおそらく母親を自動車事故で亡くし孤児となっていたため、1ヵ月前から追跡していたそうです。 今回の事件で保護されたときは体重が極端に少なく冬眠の準備ができていなかったようで、食べ物を探して彷徨っていて国境へたどり着いたのかもしれません。 保護されたブラックベアーは、この冬は施設で過ごし、来年の初夏に野生へ戻されるそうです。 珍しい事件があるものですね。
(Y.S3.)

11月8日(日)今日の一枚

朝晩の冷え込みで育った霜柱
<11:00am 撮影>

11月7日(土)晴れ ひとこと日記

 以前のブログ(こちらこちら)で、ウィスラーから北へ120kmのリルエットという町につてご紹介していきましたが、日本にとって関係の深い場所でもあります。 第2次世界大戦、太平洋戦争中、アメリカやカナダに住む日系人の方たちが、多くの財産や権利をはく奪のうえ労働や強制収容所に送られたという歴史は、皆さんご存じかと思います。 実はリルエット近郊は日系人の強制収容所がおかれたエリアの一つです。

恥ずかしながら、私自身はその史実を知らずリルエットを訪れ、ミュージアムの前にある記念の石碑でその事実を知りました。 上の写真にある宮崎政次郎氏は、リルエットの強制収容所に送られた日本人医師で、それがきっかけとなりリルエット周辺エリアの医療を長年支えてこれた方とのこと。 村には無かった救急車の導入に尽力されたり、また村議会議員も3期務められるなど、現地の方からも大変尊敬されていたそうです。

また、リルエット中心部には宮崎氏が住んでおられた邸宅が、ボランティアの方たちによって今でも維持されており、気軽にその歴史に触れることができるます。 ウィスラーにスキー目的で来た私T.W.は、今までこういった事には無頓着だったのですが、知るべき先人たちの足跡がまだまだ身近な所にあるような気がします。
(T.W.)

-*-*-*-*-*-*-*【マイルンのウィスライフ】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがウィスラーの様子を動画でお届けします!
チャンネル登録もよろしくね♪

11月7日(土)今日の一枚

 
タンタラス連山も雪化粧
<1:00pm 撮影>

11月6日(金)晴れ ひとこと日記

  先日、近所のスーパーで飲み物コーナーを物色していると変わったコカ・コーラーを発見。 「British Columbia Raspberry」味と「Quebec Maple」味。 最近日本ではクラフトコーラが流行っていると聞きますが、そういう雰囲気を感じないこともない商品です。 家に帰ってインターネットで調べてみましたがカナダ限定商品のよう。
 
 メープル味の方は、おそらくメープルシロップ風味なんだと思いますが、「がっつりメープル」か「ほのかにメープル」かで、かなり味の雰囲気が変わりそうです。 今のところまだ、試飲できていないので、機会があれば味のレビューもご紹介したいと思います。
(T.W.)

11月5日(木)くもり時々雨 ひとこと日記

  Daylight Saving Timeが終了し、17時を過ぎるとバレートレイルは街灯以外の光がありません。 いつもの帰り道で街灯がない場所に近づくと、暗がりの橋の真ん中に岩のような黒い物体があるのを見つけ立ち止まりました。 ヘッドライトをしていたので照らしてみると、小さい点が2つ並んで光ったので、すぐにブラックベアーだとわかりヒヤリ。 普段は温厚な性格のブラックベアーとはいえ、暗闇でバッタリ出会えば驚いて攻撃的になってしまうので、そっとその道から離れました。

 例年、今時期はや留学・ワーキングホリデーなどでウィスラーに移動してきたばかりの人やイベントの参加者で賑わい始める頃です。 それと同時に、ブラックベアーなどの動物たちが冬眠の準備をしている時期でもあります。 今年は、出歩いている人が少ないせいか、動物にとっていつもより出歩きやすくなっているかもしれませんね。 雪が積もっていない道は、光をあまり反射しないため本当に真っ暗なので、ヘッドライトは必須。 イヤホンをつけて歩いていると些細な音や気配に気づけなくなるので、留学やワーキングホリデーなどでこの時期にウィスラーに来る予定の方はお気を付けくださいね。

 また、もし野生動物を見かけて、他の人が見かけた場所の方向に向かっていたら、声をかけて注意してあげると、その人たちも動物たちにとっても安全です。
(Y.S3.)

-*-*-*-*-*-*-*【マイルンのウィスライフ】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがウィスラーの様子を動画でお届けします!
チャンネル登録もよろしくね♪

11月5日(木)今日の一枚

ペンバートンのマウントカリーも雪化粧
<4:00pm 撮影>

11月4日(水)雨 ひとこと日記

  ウィスラービレッジやビレッジ外で、観光で滞在中の方に時々聞かれることが、公衆トイレの場所。 もともと町などを歩いていて公衆トイレを見つけるのが難しいカナダ。 ホテルやレストラン、ショップ以外の場所で探そうと思うと、場所がわかりにくく見つかりません。 私が初めてカナダやウィスラーに来た時もトイレの場所がわからず困った経験もあります。

 そこで現在、ウィスラー市のプロジェクトでビレッジなどに公共のトイレの建設が進められています。 場所はメインのバスターミナル、オリンピックプラザ、ロストレイク・パッシブハウスの3カ所。 オリンピックプラザは元々トイレがあったのですが、他の2カ所は無かったのでありがたいですね。 バスターミナルの完成予定は未定ですが、パッシブハウスは今年中、オリンピックプラザは来春の完成予定です。 3か所ともわかりやすい場所にあるので、初めてウィスラーに訪れる方も、公衆トイレを探してビレッジなどを彷徨うこともなくなりますね。
(Y.S3.)

11月3日(火)今日の一枚

紅葉の景色もあと少し
哀愁漂う秋のウィスラービレッジ
<1:00pm 撮影>

11月2日(月)くもり時々雨 ひとこと日記

  ウィスラーより標高の低いペンバートンでは、11月に入ってもマウンテンバイクが楽しめます。 ウィスラーのトレイルは10月に一度雪が降ったので、水溜まりがそのまま乾かずぬかるみだらけの状態。 ただ、泥が跳ねて汚れるだけなら洗えば済むのですが、ぬかるみが深い場所もあったり走れなくなるトレイルもあるので、ほとんどの人はマウンテンバイクを片付けます。

 先日行ってきたペンバートンのトレイルは、所々に水溜まりはあるのですが、それさえ避ければまだまだコンディションは良好。 一度は倉庫に片付けかけたマウンテンバイクですが、天気のいい日に行って楽しく乗ることができました。 ペンバートンも真冬はもちろん雪が積もりますが、ウィスラーよりは積もっている期間は短く、ほぼ一年中マウンテンバイクをしている強者もいるだとか。 スコーミッシュのトレイルもまだ乗れそうですが、スキー場オープンまでもう少しなので、楽しく乗れた今回でマウンテンバイクは片づけ、気持ちをスキーに切り替える予定です。
(Y.S3.)

11月1日(日)晴れ ひとこと日記

  今年のハロウィンは隣町ペンバートンの友人家族の家で過ごしてきました。 ハロウィンでは仮装した子供たちがトリックオアトリートと言って近所にお菓子を貰いに行きます。 今年は新型ウィルスの影響もあるため、お菓子の配り方やパーティーの規模についてBC州が注意を呼び掛けていました。

 通常は子供たちがドアをノックすると家の人が出てきてお菓子を渡しますが、今年はソーシャルディスタンスを保つためにスペースを十分取れるように工夫しなければなりません。 玄関の外で待っていて配っている家も多かったのですが、2階のベランダや窓からロープやパイプを使って配っているのを見て、そのアイデアに感心。 子供たちもゲーム感覚で楽しんでいました。 また、お菓子を配っていない家はポーチなどの外灯を消し、消えている家には近づかないという決まりもあったり、家のデコレーションも煙の出る演出はNGだったりと制限もありました。 例年よりも人通りも少なく規模は小さかったそうですが、デコレーションや仮装に力を入れている家をゆっくり見て回って楽しめました。 

 ちなみに余談ですが、子供たちの変装はバンクーバー、トリックオアトリートという言葉はカナダのアルバータ州が、北米で初めて行われたという記録も残っているそうです。
(Y.S3.)

11月1日(日)今日の一枚

ほのぼのとしたペンバートンの週末
<12:00pm 撮影>

10月31日(土)晴れ ひとこと日記

   Facebookではご紹介しましたが、バンフにあるレイクルイーズスキー場が10月29日にオープン!! 今期の累積降雪量は既に100㎝を超え、本日現時点でもベースで50cm程度の積雪があるようです。 滑走可能な距離としても、日本の中規模のスキー場の標高差に相当する、標高差736mのゴンドラもオープンしており、ボトムまで滑り降りれるようなので、初滑りには十分すぎるコンディションだと予想されます。 ラニーニャ現象が予報どおり来てそうな今シーズン、ウィスラーも期待できそうです!!
(T.W.)