8月18日(日)晴れ ひとこと日記

  本日でマウンテンバイクの祭典「クランクワークス」が終了しました。 17日に行われたクランクワークスの目玉とも言えるRedbull Joyrideは、マウンテンバイク界のスロープスタイルの大会。 大きなジャンプ台で難しい技にチャレンジしながらコースを下って行く競技です。

 バックフリップやフロントフリップ、横に1回転する360、ハンドルを持ったまま空中で車体を回すテールウィップなど、数々のトリックがあり、選手によって得意技があります。 さらに回転中にハンドルを回したり、両手を離したりと細かい技を組み合わせることで難易度が上がり、高得点になります。

 カナダ・ケロウナ出身のBrett Rheeder選手は、細かい技を組み合わせるのが上手く、応援していた優勝候補の1人。 しかし今年は、スウェーデン出身の20歳の勢いに乗る若手Emil Johansson選手が、1本目で難易度の高いトリックを綺麗に決め、念願の初優勝となりました! トリックや選手の名前を少しも覚えると、また違った楽しみ方ができますね。
(Y.S3.)

8月18日(日)今日の一枚

4匹仲良くお散歩タイム♪
<1:15pm 撮影>

8月17日(土)くもり時々晴れ ひとこと日記

  ベジタリアン思考の方が多いウィスラー。 豆腐はお肉の代わりにタンパク質の源としてメジャーな食べ物なので、普通のスーパーでも手に入ります。 その豆腐コーナーに当たり前のように並んでいるマンゴー味のこちら…。 豆腐=食事のおかずなので、私の中ではどうしてもスイーツのジャンルに振り分けることができず、なかなか手が出なかったのですが、ついに買ってみました。

 デザートとのことなので、食後にいざ実食。 結論からいうと、思っていたよりもマンゴー味がしっかりしていて美味しかったです。 ただ、想像ではマンゴープリンや杏仁豆腐のような少しぷるっとした感じか、あるいはとろっとしているタイプかな〜と思っていたのですが、そこはザ・お豆腐。 絹ごし豆腐を食べているような食感で「あぁやっぱりこれは豆腐なんだな」と。   

 おやつとしてはクッキーやチョコよりヘルシーで良いかもしれません。 調べてみると豆腐を使ったスイーツレシピって結構あるみたいですね。 確かに日本でも豆腐ドーナツとか流行ったことがあったような…。 豆腐の新たな可能性を見出しました。
(M.Y.)

-*-*-*-*-*-*-*-*【マイルンの動画リポート】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがウィスラーの様子を動画でお届けします!
チャンネル登録もよろしくお願いします♪

8月16日(金)晴れ ひとこと日記

  先日、ポルチーニ茸がたくさん採れた話を日記に上げましたが、私がキノコ狩りにはまったのは実はカナダに来てから。 日本でも山菜狩りは良く行っていましたが、キノコ狩りは区別が難しく敬遠していたんです。 ただ、この辺りでは比較的簡単に松茸を採ることができ、また、それ以外にも区別のつきやすいキノコも多いことから、だんだんと楽しくなり、今に至る、という感じです。

 インターネットでも情報を集めることができますが、メインはこちらで販売されているキノコの本を頼りにしています。 右下の本は食べられるキノコがメインに紹介されている本で、食べられるキノコと、それに類似する毒キノコの情報がまとまっていて、初心者にもおすすめの本。 その上の本は、こちらに来て私が初めて購入した本で、1ページごとに写真と特徴、見分け方、生えている場所、食べられるかどうか、味などがまとまってとても見やすい本となっています。 表紙の写真からもわかるように、キノコオタクの愛情が詰まった、なかなか読み応えのあるマニアックな仕上がり。 その隣は図鑑のようになっていて、この3冊の中で最もキノコの掲載数、写真が多くなっているので、見たことのないキノコを見つけたときに役に立つ一冊です。

 これらの本とインターネットの情報を元にキノコライフを楽しんでいますが、何より大事なことは、自分が100%確信が持てない限り絶対に食べないこと。 中には危険な毒キノコなどもありますので、安全に楽しみましょう!
(Y.N2.)

8月16日(金)今日の一枚

ナイスショット!!
景観抜群のビッグスカイゴルフクラブにて。
<3:30pm 撮影>

8月15日(木)晴れ ひとこと日記

  
  甘いお菓子やスナック菓子が好きな私は、北米製の色々な商品を試しています。 人によってはさすがにこれは・・・というような北米感満載のすごい色&味のお菓子もありますが、写真のものは私の中では定番なそこそこイケる愉快な仲間たち。
 
 マーブルチョコのようにも見える「スキットルズ」は甘酸っぱい系のチューイングキャンディー。 黄色いパッケージの「スターバースト」もチューイングキャンディーですが、ハイチューに似たタイプの食感&味。 高カロリーな甘い系のお菓子はハイキングのお供にもバッチリです。

 ちなみに、現在、特別キャンペーンが開催中で、写真のような「フリームービーチケット」パッケージの商品を5個買うと、なんと映画のチケットが1枚もらえます! 対象の映画館がウィスラーに無いのが少し不便ですが、 映画チケット目当てで、ついつい買いだめしてしまいました。
(T.W.)

8月14日(水)晴れ ひとこと日記

  先日、友人がウィスラーへ遊びに来ていたので、軽いハイキングをしに「Train Wreck Trail」へ行ってきました。 このトレイルは木々はもちろん、岩場や釣り橋からチャカマスリバーの美しい景色を楽しむことができます。 また、マウンテンバイクでのバイクトレイルも楽しめますよ☆

 なぜTrain Wreckという名前かというと、写真にもあるように7台の車両が様々な場所に色々な方向を向いて放置されています。 Wreckというのは大破や破壊されたという意味を持つ単語で、本当に名前の通りですよね! これらの車両は1956年からここにあるようです。 なんでも事故にあった車両をここまで運んできたのだとか。 車両にあるグラフィティが歴史を感じさせます。

  以前来たときは名前の由来や背景は調べなかったのすが、調べてみると面白い発見があるのもです。 他のトレイルやスポットも、改めて調べてみると新たな発見があるかもしれません。 「常に探究心を」という心意気が大事だなと感じた一日でした!
(M.K.) 

8月14日(水)今日の一枚

爽やかな風が気持ちいい、ハーフノートトレイル
<12:00pm 撮影>

8月13日(火)くもり時々雨 ひとこと日記

  ウィスラーの夏の風物詩とも言えるウェスタントード。 ウェスタントードは、ロストレイクで卵から孵り、7月上旬頃にビーチの一部を黒く染めるほどたくさんのオタマジャクシに成長し、カエルになります。 8月の上~中旬頃は成長したカエルがロストレイクのビーチを埋め尽くすため、約2週間のあいだビーチはクローズされます。

 ウェスタントードは大人のカエルとはいえ、体長は1cm程度と指に乗るサイズ。 カエルになると川に沿って上流へ上がり、卵を産みにまたロストレイクまで戻ってくるんですが、天敵が多く1%~2%しかロストレイクへ戻ってこれないそうで、ウィスラーでは生態系の保護のため、ビーチをクローズしているのです。 

 フェアモントシャトーゴルフ場は、途中でロストレイクに流れ込む川を渡るのですが、その周りにもウェスタントードがいます。 先日ゴルフ場に行くことがあったのですが、よく見ると各カートにウェスタントードの案内がされていました。 こういった生き物への気配りも自然に優しいウィスラーならではですね。
(Y.S3.)

8月13日(火)今日の一枚

今日は蹄交換の日
<11:00am 撮影>

8月12日(月)晴れ ひとこと日記

  ランチに良い場所をお客様からご質問を受けることも多いのですが、時間に余裕があるのであれば、散歩がてらにアッパービレッジにあるPortbelloもお勧めです。 

 先日、ランチをしに行ってきたのですがボリューム満点! 半分でもお腹いっぱいになってしまいそうな量ですが、フェアモントホテル直結のカフェだけあっておいしくいただきました。 ドーナツなどのスィーツもあるので、コーヒータイムにもピッタリです。
(M.Y.)

8月11日(日)雨 ひとこと日記

  バンクーバーの牛角に行ってきました! 外観は日本の牛角と全く同じ。 海外に行くと、日本のチェーン店がとても懐かしく感じられ、ついつい入ってしまいます。

 メニューは日本でもおなじみのメニューが多いですが、肉はステーキのような厚切りの肉メニューも多め。 個人的には、普段薄切り肉が食べられない(スーパーであまり手に入らない)ので、薄切りの日本風の焼き肉とご飯が最高!でした(笑)

 日本の味が恋しくなったらぜひ立ち寄ってみて下さい。 バンクーバーダウンタウン内の他、バンクーバーに数店舗あります。
(Y.N2.)

8月11日(日)今日の一枚

最新のマウンテンバイク用電動変速機のデモ!
<1:00pm 撮影>

8月10日(土)くもり ひとこと日記

  ブラッコムのアッパービレッジを散歩中に見つけた上の写真。 現在は使用されていないウィスラービレッジゴンドラの旧キャビン(にファーマーズマーケットのラッピングが施されたもの)です。 ウィスラーではリフトの架け替えなどで不要になった椅子やキャビンが格安で売りに出ることがあり、個人はもちろん、レストラン等がディスプレイ用に購入することも。
 
 ちなみに、スキー場には5本+1本(高級住宅エリア用プライベートゴンドラ)の合計6本のゴンドラがかかっていますが、現行で最も長い期間使用中なのは、ウィスラービレッジゴンドラ。 キャビンの変更(10人立ち乗り⇒8人椅子タイプ)が2014年頃に行われたため新しく見えますが、実は1988年に建設されたものです。

  毎年なにかしらのアップデートがあるスキー場なので、そろそろウィスラーゴンドラが新しくなるのでは!?と勝手に妄想していますが、キャビンの交換に約5億円の費用がかかったようなので、もう少し後かもしれませんね。
(T.W.)

8月9日(金)晴れ ひとこと日記

  夏のウィスラーで1番大きなイベント、マウンテンバイクの祭典「クランクワークス」が始まりました。 今年はニュージーランド(ロトルア)、オーストリア(インスブルック)と、すでに2シリーズが終了し、最終シリーズとなるカナダ大会は、ウィスラーが舞台となります。 大会に出る選手たちは、3シリーズの総合優勝を目指してウィスラーに乗り込んできます。

 クランクワークス期間中は、ダウンヒル、エンデューロ、パンプトラック、スロープスタイルなど、様々なカテゴリーの大会やイベントが行われ、ウィスラー中が多くのマウンテンバイカーや観戦者で賑わいます。 毎日違ったイベントがあるため、クランクワークスを楽しむためにはスケジュールチェックが欠かせません。

 マウンテンバイクを知らない方でも楽しめるイベントについては、2018年大会のときにひとこと日記でも紹介していますので、(記事はコチラ)気になるイベントがあればスケジュールをチェックし、ウィスラーに滞在中の方は現地で、そうでない方はウェブキャストで、是非ご覧になってみてください! イベントスケジュールはコチラ
(Y.S3.)

8月9日(金)今日の一枚

クリフバーブースもクランクワークス仕様!
<12:15pm 撮影>

8月8日(木)晴れ ひとこと日記

  最近は25℃~28℃とウィスラーの夏らしい日が続いています。 そんな時に食べたくなるのがアイスクリーム。 やっぱりお気に入りは、Rocky Mountain Chocolate Factory。 ウィスラーの夏は短く、油断するとすぐにアイスを食べるには寒い季節になってしまうので、おいしく食べられる日に食べないと!と思い行ってきました。

 夕方頃に行くと、いつもは十数種類あるアイスの種類が、この日は数えるほどしかありません…! この暑さで、売り切れてしまったのでしょうか。 仕方ないですね。 けど、好きなタイプのフレーバーは残っていたのでそちらをチョイス。 通常サイズが既に2段というのも嬉しいところ。 青空の下、アイス食べながらゆったり散歩。 夏の楽しみのひとつです♪ 
(M.Y.)

8月8日(木)今日の一枚

一面のお花畑が楽しめるハーフノート
<8/8 12:00pm 撮影>

8月7日(水)晴れ ひとこと日記

   今回は前回の続きでアイアンマンボランティア実践編。 私の役割はリードバイクで、担当するのはアイアンマンフル(スイム4キロ、バイク180キロ、ラン42キロの最長部門)の男子3位。 42キロに渡って、ずーっと自転車で選手の後ろをついていきます。
 
 まず、これは選手大変だなと感じたのは「追い抜き」。 フル部門のトップ選手といえど、その前には、既にランを開始している大量のハーフ部門の一般選手たちがいるんです。 そしてコースの大部分は狭いバレートレイル。上の写真のような場所は稀です。 場所によっては寿司詰め状態。 ペースを乱されながらも追い抜かないといけません。 途中、担当の選手から「先導してくれないか?」と話もありましたが、特定の選手が有利になる行動は禁止されているのでそれも不可。
 
 そして、私自身きつかったのは単純に体力(笑) トップ選手は42㎞を大体3時間、時速にすると約14km/hで走ります。 自転車にとっては大したことない速度ですが、 コースはアップダウンがあり、特に下りはランナーに合わせながら常にブレーキ。 高温のコンディションもあいまって、登った分下れないというのが思った以上に大変でした。 といっても、選手に比べれば全然ラクチン。 何度も足をつって立ち止まる様子など、その過酷さを間近で体感。 来年は伝統のペンティクトン開催のアイアンマン。 ハーフだったら私もでれるのでは?なんて思いつつも、クロールで泳げないのが大問題です(笑)
(T.W.) 

8月6日(火)晴れ ひとこと日記

  隣町ペンバートンのスーパーマーケットで見つけたサイン。 12歳以下の子供は、このかごのフルーツを無料で食べることが出来るというものです。

 カナダに来てすぐの時に、スーパーマーケット内でフルーツを食べている子供がいたのにびっくりした事がありますが、こんなスーパーマーケットもあったのですね。 小さな子供連れのお母さんお父さんには、嬉しい取り組みかもしれません。
(Y.N2.)

8月6日(火)今日の一枚

飛べないはずの雷鳥、木の上で発見。
「降りられないよー。」
<2:15pm 撮影>

8月5日(月)晴れ ひとこと日記

  3連休が明けました! お天気に恵まれ、ウィスラーの至る所どこも賑わっておりました。 そんな最終日の昨晩、少しでも涼しさを感じたいとGreen Lakeへ。 友人がボートとエアー式カヤックを持って来てくれたので、涼みつつ水とたわむれつつ湖の至る所を散策をしてきました。


 ボートで湖をぐるっと回っていると、とても小さなドックを発見したのでそこへ乗り付け。 ドックのまわりは茂みが広がっていたのですが、茂みをかき分け奥へ進んでみるとその先には昔集落があったであろう痕跡が! 本体部分が木材で作られた車があったり、とても古い形のオーブンやキッチン用品があったり、さらには水の供給パイプがそのまま生きてていたり。(とめどなく水が湧き出ていました。) 確かにここに村があったんだなぁと驚きでした。


 普段生活している場所でも、このような新たな発見があるとわくわくしますよね。 避暑目的でしたが、思いがけない出会いがあり、良き思い出となりました。
(M.K.)

8月4日(日)晴れ ひとこと日記

 「Wiffle Golf」という遊びを知っていますか?「Wiffle Golf」とは、専用ボールとゴルフクラブ1本があれば家の庭でもできるレクレーションスポーツ。 ルールは簡単で、通常のゴルフのように、何打でボールをホールに入れることができるかを競います。

 元々は、自宅の庭で、ピンポン玉のような軽いボールをバットで打ち、ホールに見立てたバケツや小屋、鳥の巣などに入れられるかという遊びだったそうです。 そこからゴルフのように発展して、「Wiffle Golf」になったとか。

 ウィスラーにはロストレイクとRVパークの2カ所にコースがありますが、ディスクゴルフ同様、森の中のアドベンチャーコース。 ウォーターハザードがあったり目の前の木に当たったりと、ハプニングが盛りだくさん。 ボールは1人1つ必要ですが、小さいコースなので、ゴルフクラブはグループで1本あれば気軽に遊べます。 機会があれば是非トライしてみてください!
(Y.S3.)

8月4日(日)今日の一枚

ウィスラー山頂エリア、絶景です!
<1:00pm 撮影>

8月3日(土)晴れ ひとこと日記

  この週末は月曜日がBC Dayという祝日のため3連休です。 この連休に合わせてウィスラーではWanderlustというヨガイベントが8/4まで開催されています。 ビレッジ各所にブースが出ているのですが、弊社の入っているウェスティンホテルの前もご覧の通り賑わっています。

 ビレッジ内の広場には自由に使えるハンモックも置かれています。 この青空の下でハンモックに揺られてのんびりするのも気持ちが良さそうです。 イベント期間中はフリーのヨガクラスやコンサートも開催されています。 毎年この時期に開催されているので、ヨガ好きの方におススメのイベントです♪(イベント情報はこちら)
(M.Y.)

8月2日(金)小雨 ひとこと日記

  初めて見ました! こんなキノコ。 Giant Paffball(ジャイアントパフボール)と言う名前のキノコで、ホコリタケの仲間。 サッカーボールか、それ以上に大きくなることもあるそうです。 見つけた物はソフトボールくらいでしたが、ずっしりと重かったです。

 このきのこ、成長と共に中が黄色くなっていくようですが、中が白い若いうちは食べることも出来るそう。 今回はトライしませんでしたが、次に見つけたら食べてみようと思います!
(Y.N2.)

8月2日(金)今日の一枚

嵐の後に日差しが差し込むチャカマス湖
<10:45am 撮影>

8月1日(木)くもり ひとこと日記

 
  先日行われた長距離トライアスロンイベント「アイアンマン カナダ」のボランティアに参加してきましたので、その様子をご紹介します。 こういった大きなイベントを開催するには、大量のボランティアの協力が不可欠です。 例えば、各所に配置された補給所、種目の切り替えポイントでのサポート、コース案内、観客の誘導などですね。 

 そんな中、私が参加したのが「リードバイク(自転車)」というお仕事。 ランニング時に上位選手の後ろを順位プレートを付けた自転車で走るというのもで、観客の方に分かりやすくレースを楽しんでもらうのが目的です。 私が担当したのはアイアンマン”フル”に参加する男子3位の選手。 ランの距離はフルマラソンと同じ約42kmです。 それほどペースも早くないだろうし、厳しい仕事ではないだろうと高をくくっていましたが、実際は。。。(汗) レース中の様子は次回のブログでご紹介します。
(T.W.) 

7月31日(水)晴れ ひとこと日記

  先日、フィッシングに行ってきたのですが、ついに、ピンクサーモン(カラフトマス)を釣り上げることができました! 遡上している量が増えてきているという情報があり、さっそく休日に早朝5時からフィッシングへ。 すでに数名の釣り人がいましたが、ポイントの場所は空いていたので一安心。 この時期を逃し、たくさんのサーモンが群れ上がってくると、まず場所を確保するのが大変になります。

 ポイントの場所で2時間ほど釣るも反応はほとんどなく、相変わらずアザラシが周りでジャレているくらい。 なかなか難しいと感じていた頃に、目の前でサーモンらしき影がライズ。 その辺りにルアーを通るように投げると、ようやく魚が食いつく感覚が! 重たいものに引きづられて行くようにラインが引っ張られ、あわやラインが全部出されてしまうほど。 それでも、体力勝負で時間を掛けてようやく陸に上げることが出来ました。

 ピンクサーモンのオスは、カップリングでメスの気を引くために、徐々に背中が競りあがっていきます。 今回釣り上げたピンクサーモンは、まだ海から上がりたての新鮮な状態で、食いついてからの引きが強かったです。 ズッシリと重みのある綺麗な魚体で、思い出に残る1匹でした。
(Y.S3.)