9月15日(日)小雨 ひとこと日記

 常日頃カナダのニュースサイトは見るようにしているのですが、その中からとても感動したものをご紹介します。 日本でも話題になったかもしれません。 先日12〜14日、カナダのOakvilleでフィギュアスケート・オータムクラシック2019が行われ、男子の表彰式が15日に行われました。 そこで起きたなんとも心温まる一幕です。

  今回の大会では羽生結弦選手がゴールドメダルを獲ったのですが(すごい!)、その表彰式中に起こったことです。 本来なら日本の国歌が流れる間に日の丸があがるはずが、どこにも見当たらず。。 その様子を見たカナダのキーガン・メッシング選手(彼は3位でした)が羽生選手の後ろにあった日本の国旗を手で広げ、皆に見えるようにしてくれたのです。 羽生選手も表彰台を降り、国旗の方を向いて応えます。 

ツイッターのオリンピックチャンネルでも紹介されています。

  同じスポーツで競い合う仲なのに、こうしてお互いに尊敬しあうスポーツマンシップは本当に素晴らしいです! 朝から感動させられました! ちなみにメッシング選手の高祖父はカナダへの日本移民第1号の永野万蔵さんだそうです。 これからも注目していきたいですね。
(M.K.)

9月15日(日)今日の一枚

雪、降ってます!! 
冷え込んだウィスラー山頂の様子
<1:30pm 撮影>

9月14日(土)雨 ひとこと日記

  今年はキノコの当たり年なのか、8月の半ばから秋のキノコがちょこちょこと採れるようになっています。 先日ペンバートンの北のMount Locomotive近くに歩きに行ったところ、写真のBlue Chanterelle(ブルーシャントレール)を発見!! 日本ではカラスタケという名前なんだそうです。 乾燥すると真っ黒になり、食べられるのか…?という感じですが、食べることのできるキノコです。

 火を通すと青のりのような味になるので天ぷらがおススメ…という話をどこかで聞いたので、半分は天ぷらにしてみました。 食感はコリっとサクッとしている感じで、味は癖もなく美味しかったです。 残りはゆでてからパスタに投入。 別の日に取ったポルチーニや松茸をいれてキノコをふんだんに使ったパスタが出来上がりました♪

 雪が降って地面が凍ってしまうまでは、秋のキノコが楽しめる時期。 この時期は天気も悪く退屈だという人が多い中、キノコ好きには忙しい季節です♪
(Y.N2.)

9月13日(金)雨 ひとこと日記

  グランフォンド編その2(その1はこちら)ということで、今回はレースの様子をご紹介。 スタート時間は朝7時となっていますが、目標タイムが早い人から順にスタートしていきます。 タイム計測自体はスタートゲートを通過したタイミングで始まるので そこで焦る必要はありません。 4時間30分がターゲットだった私は、実質7時15分ごろのスタートとなりました。

 レース当日の天気は程よいくもり空。 暑くもなく寒くもなくまさにサイクリング日和。 朝焼けにそまるライオンズゲートブリッジからの景色を眺めながら、長い半日を覚悟します(笑) スタートして30km地点で、既に足がつりそうな兆候が出始め、その後は、その後はごまかしながらペダリングを続けました。 一部の筋肉が痙攣の症状を起こしていても、意外とペダリングできてしまうというのは新たな発見でもありました。 また、沿道の声援というのが力になることも実感。 スコーミッシュを過ぎてからは、本格的な登りになり、とにかく終始辛いだけなので、ペースをキープするにはメンタル面が本当に重要です。
 
 なんとかゴールのウィスラーに辿り着いたのは、スタートから4時間半をすこし過ぎたお昼前。 目標タイムの4時間30分は達成できませんでしたが、昨年の記録を15分以上短縮することができました。 チャンスがあれば来年も挑戦しようと思います!
(T.W.)

2019-2020シーズン 早割リフト券/シーズンパスについて

  9月に入り、冬シーズンが目前に迫って参りました! ウィスラーでのスキー/スノーボードをご検討の皆様へお得なリフト券情報のご案内です。

 ウィスラー・ブラッコムで滑走できるリフト券は、11/15までの早期割引リフト券に加え、Vailリゾート共通で使用できるEpic Day Pass(4日券~7日券)、Epic Pass(共通シーズンパス)など種類が沢山。 今回はそれぞれのチケットの特徴と、あなたにおすすめのチケットをご紹介します。 ウィスラーは年々リフト券の料金が上がっており、少しでもお得に滑走を楽しみたいところ。 また、早割期間を過ぎると料金が上がり、例年、シーズンパスの販売はシーズン開始前まで! 今シーズンウィスラーでの滑走を予定されている方は ”必見” ですよ!

① 早期割引リフト券(11/15締切)
ウィスラーブラッコムのみで使用可能なリフト券。 1日~14日券までの取り扱いがございます。 使用する時期により料金が異なりますので、ご滞在の期間に応じた料金をこちらからご確認ください。(使用期間をまたいでいる場合には、使用開始日の料金が適用となります) なお、ご予約と同時にお支払い/予約完了が必須となりますが、それ以降のキャンセルも可能です。 また、弊社カウンターにてお受け取り頂けます。

② Epic Day Pass
ウィスラーブラッコムを含むVailリゾート共通で使用できるリフト券。 こちらはシーズン中いつでも使用可能な4日~7日券までの取り扱いがございます。(Epic関連の料金はこちらをご参照ください) ウィスラーブラッコムだけでなく、他のリゾートも滑走する方向けのリフト券となっていますが、実はウィスラーブラッコムだけを滑る方でも、年末年始などはこちらのチケットのほうがお得になる場合も。 ただし、ご予約と同時にお支払いが必要となり、それ以降のキャンセルはできませんのでご注意ください。

③ Epicローカルパス
Vailリゾートグループの一部のスキー場で使用可能なシーズンパスです。 (シーズンパス対象のスキー場はこちら) ウィスラーブラッコムはシーズンパスの対象スキー場ではありませんが、ウィスラーブラッコムを含む3つのスキー場共通で利用できる、10日間分の滑走券が含まれています。 年末年始などのピークシーズンは一部使用できない日がありますが、料金は非常にお得。 さらに上記の10日間に加え、白馬バレーやルスツの連続5日券も料金に含まれるので日本でも楽しめちゃいます! 白馬バレーやルスツの1日券は大人6000円ほどとなりますので、日本でも滑ればグッとお得に。

④ Epicシーズンパス
ウィスラーブラッコムを含むすべてのVailリゾート共通で使用できるシーズンパス。 日数や期間の制限はなく、いつでも滑走をお楽しみいただけます。 Epicローカルパス同様、白馬バレーとルスツの連続5日券も含まれています。 ウィスラーブラッコムだけを滑走する場合でも、13日以上滑走する場合にはシーズンパスがお得です。


※Epic関連の料金はUSドルとなりますので、9/14時点のレートでカナダドルに換算し、比較しています。 レートによっては必ずしもお得とならない場合がございますので、ご了承ください

 滞在する期間、滑走の日数、年齢によってお得になるリフト券が変わります。 詳細はinfo@japanada.comまで、お気軽にお問い合わせください。

9月13日(金)今日の一枚

見れたらラッキー!? 道路/鉄道両用車両
<11:45am 撮影>

9月12日(木)雨 ひとこと日記

  今年は、車に装着できるマウンテンバイクラックをゲットすることができたので、マウンテンバイクを目的に遠出することが増えました。先日は休日を利用し、隣町のスコーミッシュで丸一日マウンテンバイクを楽しんできました。

 スコーミッシュのバイクトレイルは主に3つのエリアがあり、リフトやゴンドラはないため、基本的に自走で山の上へ登るコースです。 スコーミッシュはクライミングのメッカでもあり岩々した地形が多く、マウンテンバイクコースも岩のセクションが多いのが特徴です。

 今回は初めて行くエリアだったので、スマホのアプリ「Trailforks」で調べたコース「Angry M」へ。 イメージしてきた通りに気持ちよく1本走ったあとは、マウンテンバイクショップの人にお勧めのコースを尋ねてみることにしました。 お勧めされたコースはアリス湖エリアの「Entrail」と「Boney Elbow」というトレイル。 2つのコースはそのまま続いていて、1回登れば長い距離で楽しめるとのこと。 しかし、ショップの人には「爽快に楽しめるコース」と聞いたはずでしたが、「ウィスラーから来た。」という一言で、そこそこ走れるだろうと思われたのか、実際には急なところを下りるセクションがあったりと、なかなか気合いの入るテクニカルでドキドキなトレイルでした。 先が見えないところはチェックをしながら、なんとか下ってきましたが、もし次回、初めての土地でお勧めのコースを聞くときは、ウィスラーから来たことは伏せておいた方がいいと思い知らされた1日でした。
(Y.S3.)

9月11日(水)くもり時々雨 ひとこと日記

  今年も「Terry Fox Run」の時期がやってきました。 今年の開催日は9/15です。  Terry Fox Runとは毎年行なわれているマラソンで、ウィスラーやバンクーバーはもちろん、カナダ全土で開催されています。 

 このマラソンはTerry Foxというガンを患った1人の青年から始まりました。 18歳のときに骨肉種で右足を失ったテリーは、同じくガンと闘病している自分よりも幼い子どもたちの姿を目の当たりにし、ガンの研究資金を集めるために、義足をつけてカナダ横断を目指す「Marathon of Hope(希望のマラソン)」を始めました。 テリーの活動は瞬く間にカナダ全土に知れ渡り、多くの方が見守り、応援しました。

 残念ながらテリーは横断中にガンの再発により22歳という若さで亡くなったのですが、テリーの遺志を継いだ人々により今日もガン研究資金集めのチャリティーイベントとして続いています。 今では世界中に広まり、日本でも開催されているようです。 テリーの話は日本語で紹介しているサイトもたくさんあるので、是非一度読んでみてください。
(M.Y.)

9月11日(水)今日の一枚

冬に向けてぽっちゃりしてきたマーモット
<11:30am 撮影>

9月10日(火)くもり時々雨 ひとこと日記

  ウィスラーの地ビールを楽しみたい方におすすめのレストランがここ、Hunter & Gather(ハンターアンドギャザー)。 Coast Mountain Brewingというウィスラーの地ビール屋さん直営のレストランで、お肉がたっぷり入った、おおぶりのサンドイッチが楽しめるお店です。

 こちらのお店の奥には、地ビールを飲めるカウンターが設置されており、もちろん食事と一緒にビールを飲むこともできますし、お酒だけ楽しむことができます。 ここのカウンターでは試飲をしながら好きなビールを頼むことができるので、数あるビールの中からお好みのビールを探してみるのもいいでしょう。

 食事の後に立ち寄ったので、ちょっとフルーティでホッピーなDay Dreamer IPAをオーダー。 IPAというと苦くて苦手という方も多いですが、こちらのIPAは華やかな香りと苦みが少なく、飲みやすいIPAという印象でした。 こちらのレストランはビレッジノースにありますので、気軽に立ち寄れるのが嬉しいですね。
(Y.N2.)

9月10日(火)今日の一枚

ベルベットのような柄が特徴的な
Velvet-footed pax(ニワタケ)
<11:00am 撮影>

9月9日(月)くもり ひとこと日記

  今年もロードバイクのレースイベント、グランフォンドウィスラーに参加してきました。 バンクーバーのスタンレーパークをスタートし、122km先のウィスラービレッジがゴールです。 グランフォンドとはイタリア語で”大きな(グラン)移動(フォンド)”を意味し、世界各地で開催されている誰でも参加可能な自転車レース。 その中でもウィスラーの大会は北米で最も人気があり、今年はなんと5000人もの参加者が集まったそうです。(昨年は4000人弱)
 
 誰でも参加可能ということで、大会側でレンタルバイクの貸し出し準備があったり、短い距離のMEDIO(55km)というクラスでは、 最近流行りの電動アシスト自転車での参加もOK。 順位やタイムを狙う選手以外はファンライドの要素も強く、レースのために封鎖されたSea to Skyハイウェイを走るだけでも特別感があり、満足感があるイベントです。
 
 ちなみに私は、昨年に引き続き2回目の出場。 昨年のタイム4時間47分を短縮すべく臨んだレースの様子は、次回のブログに続きます。
(T.W.)

9月8日(日)くもり時々雨 ひとこと日記

  バンクーバーにはフレーザー川というBC州を代表する川が流れています。 源流はカナディアンロッキーにあるロブソン州立公園のロブソン山付近にあり、そこから北西に位置するプリンスジョージというBC州北部最大の街を経由して南下。ウィスラーから車で北に約2時間半のところにあるリルエットという町を通過し、バンクーバーのジョージア海峡に流れ込んでいきます。

 毎年サーモンが産卵のため遡上することで有名なフレーザー川ですが、今年の6月にリルエット北部の川沿いで大規模な地すべりが起きていたのがわかり、大きな岩石がサーモンの遡上の妨げになっていました。 これまで、DFO(水産海洋局)や地元の先住民が協力し、2万9千匹近くのサーモンが設置されたハシゴのようなもので作られた道を自力で上流に移動し、5万7千匹近くがヘリコプターで輸送されたことが確認されており、現在はトラックでも上流へ運ぶことができるようになったとのこと。

 しかし、今後もまだまだ何十万ものサーモンが遡上してくることが予想されるため、特殊な岩石除去装置を使い、サーモンが遡上するための自然の通路を確保する作業も継続して進めていく方針だそうです。 このような崩落が起きるのは昨今の気候変動の影響によるものという指摘もあるため、早期に改善されることを祈るばかりです。 現地ニュースの記事(英語)はこちら
(Y.S3.)

9月8日(日)今日の一枚

サーモンの遡上が見られます!
@スプラスクリーク
<4:00pm 撮影>

9月7日(土)くもり ひとこと日記

 庭に植えたハマナス。夏が近づくとピンクの花を咲かせ秋にはご覧のような赤い実をつけます。 「知床旅情」の歌詞にある「知床の岬に~ハマナスの咲くころ~♪」。 子供のころ良く聴いたメロディですが、ハマナスがこういう花だということを、実はカナダに来るまで知りませんでした。 山麓の至る所に咲く花がハマナスの仲間だと知ると、ウィスラーにもあるんだという驚きと共に親近感が湧いてきて「そうかぁ~、キミがハマナスかぁ、初めまして」そんな気分になりました。

 そんなことから、庭にハマナスを植える、というのはひとつの夢でもあったのですが、近所の目は「おいおいそんなの植えちゃって…」みたいな反応。 その謎が数年経つと良くわかりました。 可憐な花からは想像できない繁殖力! 上に伸びるスピードも速ければ、根を張る速さとたくましさもケタ外れ。 所かまわず次から次へと新芽が出てきて放っておくとジャングル状態。 しかもこの実はクマの大好物。 今年もそろそろ切り取って、近所の人からひんしゅくを買わないように気をつけます。
(J.Y.)

9月7日(土)今日の一枚

グランフォンドウィスラー ドキドキのスタート前
<6:45am 撮影>

9月6日(金)晴れ ひとこと日記

  先日ウィスラーのクリークサイドで行われたアウトドアシネマ。 今回の映画は日本でも話題になったQueenの「ボヘミアンラプソディー」です。 映画は既に観ていたのですが、入場無料だし、せっかくなのでもう一度観よう!ってことで行ってきました。

 上映開始はまだ少し明るい8時から。 時間ぴったりに到着すると会場は既に満員! なんとか最後尾にスペースを確保できましたが、やっぱり人気のある映画ですね。 うちの他のスタッフは7時前から場所取りしていたのだとか…さすがです! 

 会場はすぐに日が沈み気温も下がりましたが、持参したブランケットにくるまりホットドリンク飲んでぬくぬく。 空を見上げれば一面の星空。 一味違った映画鑑賞を楽しむことができました。
(M.Y.)

9月5日(木)晴れ ひとこと日記

  ウィスラーから更に2時間半ほど北の方に行くと、リルエットという小さな町があります。 毎年この時期になると、リルエットでトマトピッキングをするのが私の恒例になっています。 畑一杯に実ったトマトを好きなだけ取り、量り売りで買えるシステムです。

 このトマトはスーパーマーケットで買うものと全く違い、味が濃くて甘い! 畑にはトマトソース作りに良いローマトマトと、そのままかぶりついて美味しいビーフステーキトマトの2種類があるので、用途に応じて選べるのも嬉しいですね。 早速家に帰ってからトマト料理にしたり、トマトソースを作ったりと大活躍となりました。

 リルエットにはワイナリーがあったり、キャンプ場やフィッシングができる場所があったりと、夏の小旅行にはもってこい。 ウィスラーと違う雰囲気を味わいたい方は足を伸ばしてみるのもいいかもしれません。
(Y.N2.)

9月5日(木)今日の一枚

天気の良い日はヘリ観光!
目前に迫る大氷河
<10:10am 撮影>

9月4日(水)晴れ ひとこと日記

  以前、スコーミッシュのフライドチキンが美味しいレストランがクローズとのニュースがあり、紹介しましたが、(記事はこちら)その後が気になり、先日スコーミッシュへ行った時にレストランの場所へ。 立ち寄ってみると、すでに新しいレストランがオープンしていました。

新しいレストランの名前は「Sunny Chibas(サニーチバス)」というメキシカン料理のお店。 ん?以前もメキシカン料理だったな、と思い入ってみると、レストラン内はメニューの名前にChibasが入っているだけで、ほとんど変わらず、店内は地元の人と思われる人達で賑わっていました。 レジが増えていたりレストランの内外装は一新されていましたが、食事のメニューは前のオーナーから引き継がれているようです。

ジューシーなフライドチキンは健在で、ブリトーはスモールサイズでも相変わらずのボリューム。 今回は食べていませんが、チミチャンガも変わらず美味しそう。 またお気に入りの食事を楽しめるので、ひと安心しました。
(Y.S3.)
-*-*-*-*-*-*-*-*【マイルンの動画リポート】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがウィスラーの様子を動画でお届けします!
チャンネル登録もよろしくお願いします♪

9月3日(火)くもり ひとこと日記

  先日、ダウンヒルバイクに挑戦してきました!! 経験は去年1度体験したことがあるぐらいでほぼ初心者。JAPANADAスタッフのY.S3.に連れて行ってもらいました。

 冬のウィスラーマウンテンしか滑ったことが無かったので、夏にこんなに沢山のバイクコースがあるとはお驚き。 始めは滑る砂利道を曲がるだけでもかなり怖かったのですが、だんだん楽しくなってきて、写真のようなパンプトラックや小さなジャンプにもチャレンジしました。

 全てレンタルでき、スクールも充実しているので、ウィスラーに来た際は是非チャレンジしてみてください! マイルンの動画でも紹介しているので参考にされてくださいね♪
(M.O.)

-*-*-*-*-*-*-*-*【マイルンの動画リポート】*-*-*-*-*-*-*-*-*
ウィスラーで活動する2人の女性プロスノーボーダー、
MaiとLunaがウィスラーの様子を動画でお届けします!

チャンネル登録もよろしくお願いします♪

9月3日(火)今日の一枚

ロングウィークエンド明けの静かな湖畔
ロストレイクにて
<10:30am 撮影>

9月2日(月)晴れ ひとこと日記

 カナダに長くいると、ふと無性に温泉に入りたくなるときがあります。 先日まさにそんな状態になり、でも温泉までいくのは少し億劫...(実はペンバートンよりももっと北には温泉があるんです!)でも暖かい湯につかりたい欲が抑えられず、「Scandinave Spa」へと足を運んできました。 ここはウィスラービレッジから少し上、Nicklaus Golf Courseの手前辺りにあります。

  ここへ行くのは実は初めてで、人伝えにとっても良い場所というのは聞いていました。 ゴンドラにも広告が貼ってありますよね。 中に入るとリラックスできる空間が広がり、アロマの香りもとても心地よい。 ちょうど訪れた火曜日はローカルデーということで、地元に住んでいる人は45%オフという嬉しい日でした。 バスローブを借り、水着を着ていざ中へ...

  温水、冷水、サウナ、ミスト、読書スペース、休憩スペースがあり、長居できること間違いなしの場所。 私語は厳禁なので目を瞑って、心の底からリラックスすることができます。 私もつい火を囲みながら心地よく眠ってしまっていました。。。 日本の温泉や銭湯も大好きですが、全く違うこういった雰囲気の中で疲れを癒すのもいいですね。
(M.K.)

9月1日(日)くもり ひとこと日記

  昨年もこのブログで紹介したかと思いますが、今年もOld Farmer's Almanacの長期天気予報が発表されました。 毎年この時期に発表され、先日2019-20の予報が発表されました。

 予報によると、BC州は今年の冬は例年よりも寒くなるそうです。 特に気温が低くなる時期は12月中旬、1月上旬、1月下旬から2月にかけて。 降雪が多いのは、12月下旬、1月前半と2月初旬頃だそうです。 ただ、3月4月は例年よりわずかに暖かくなり、BC州南部は例年より降雨量が少なくなるため、冬全体でみると降雪量は少なめだとか。

 さて、今年のこの予報は当たるのでしょうか。 ちなみに昨年の予報を振り返ってみましたが、結果は、当たったとは言えないかなぁ…といった感じ。 一言でBC州といっても日本の約2.5倍の広さがありますからね。 年鑑を購入すればきっと更に詳細が書かれているのだと思います。 ともかく、ウィスラーは沢山雪が降りますように!
(M.Y.)

9月1日(日)今日の一枚

~探せシリーズ~
シナモンベアどーこだ?
<4:00pm 撮影>

8月31日(土)くもり ひとこと日記

  先日参加したマウンテンバイクの草レースであるトゥーニーライド。 使用されたコースはアルタレイクやニタレイクの西側のエリア。 このあたりは昔からあるクラシックなトレイルも多く、岩や木の根っこでゴツゴツとした下りを存分に楽しむことができました。

 さて、トゥーニーライドのお楽しみといえばアプレ。 今回のアプレ会場はファンクションジャンクションにあるThe Hangarという聞き覚えのない場所。 現地につくと、そこは随分と見覚えのある景色で、昨年まであったトランポリン施設バウンスの跡地でした。 どうやら貸し切りでパーティーなどが行えるイベントスペースになっている模様。 もちろんトランポリンは撤去されていますが、卓球台、バスケットゴール、その他音響、映像設備が完備されていました。 今後、レストランのスタッフパーティーなどを始め、アイデア次第で色々なことに活用されていくかもしれません。
(T.W.)