7月17日(火)晴れ ひとこと日記

  15日をもって、ついにホストマン氷河でのグレーシャ―サマースキーの営業が終了しました。 ここ数日でやっと天気が安定して晴れてきたところなので、とても残念ですが17-18シーズンも終了。 次の11月下旬までの約4カ月は雪山ともしばしお別れです。 

 グレーシャ―の最終日は、ウィスラーブラッコムの最終日のように仮装したりパーティーをしている人はおらず、全員が最後の1本まで良い技を残すために何度も何度も挑戦し、撮影をしたりして、真剣な雰囲気でした。

 サッカーワールドカップの決勝戦とグレーシャ―の終了日が同じ日だったので、2つの楽しみを失ってしまい喪失感でいっぱいです(笑)。 しかし夏のウィスラーは冬よりも楽しいという声をたくさん聞きます。 新しいことにたくさんチャレンジして、夏も楽しみたいですね!
(M.O.)

7月17日(火) 今日の一枚

お行儀の良いカナディアンポチ
<3:45pm 撮影>

7月16日(月)晴れ ひとこと日記

  ウィスラービレッジ内やウィスラーブラッコムの敷地内では、多くの場所で無料のWi-Fiを使用することが出来ます。 使い方は簡単。 スマホの設定画面で#TELUSというネットワーク名を探し接続し(パスワードなし)、ブラウザからご自身のE-mailアドレスを登録するだけ。 最近は新たにオリンピックプラザ内で使用できるようにアップデートがあり、ウィスラー市とウィスラーの観光局では、この先2年以内にウィスラービレッジのどこでも使用できるように拡張していく計画となっています。

 日本に帰国した際、Wi-Fiが無くて困った経験がある身としては、日本でもオリンピックに向けて無料のWi-Fiを是非拡張して欲しいな、と思います。 カナダの人からすると、「日本ってITの技術は世界一だと思うんだけど、何で東京でもWi-Fiが無いの??」という感じだそう。 確かに・・・と思ってしまいました。
(Y.N2.)

7月16日(月) 今日の一枚

つぶらな瞳と長いしっぽ。
愛嬌たっぷりに畑を荒らすイチゴ泥棒。
<8:30am 撮影>

7月15日(日)晴れ ひとこと日記

  バンクーバーのヘイスティングスにて行われたスケートボードの大会、その名も「バンズ・パークシリーズ」を観戦してきました。 この大会は世界各国で行われるシリーズ戦で、ここバンクーバーにも毎年トッププロライダーがやってきて、華麗な技を競い合っています。 ルールは持ち時間40秒間内に、プールと言うコンクリートで作られた会場を選手たちが滑り、滑走中の技の難易度、演技の構成、スタイルなどで順位が決まります。

 この日は気温30度を超す真夏日で、会場内は選手達が繰り広げるハイレベルな演技で更にヒートアップ。 特に決勝は会場が揺れる位の大盛り上がりでした。 大会の結果は昨年の優勝者、ブラジル出身のペドロ・バローズが2連覇を達成。 2020年に行われる東京オリンピックでもメダル獲得が期待されています。 

 大会中に印象的だったことは、試合前後で選手達が積極的にサインをしたり、試合の合間にTシャツなどのプレゼントを配布したり、見に来てくれたファンを大切にしていること。 また、ここのスケートパークの清掃員を長年努めている女性の誕生日を集まった人達全員で祝い、会場内がアットホームな雰囲気に包まれて、スケートボーダー達の思いやりをすごく感じました。
(S.K.)

7月15日(日) 今日の一枚

「いってらっしゃ~い!」
今日も笑顔で出発したウェスタン乗馬。
<1:00pm 撮影>

7月14日(土)晴れ ひとこと日記

  昨日はエナジードリンクで有名なRedbullが主催する、Redbull400というレースに参加してきました。 最も過酷な400m走と言われるこのレースは、なんと、スキージャンプのラージヒルのジャンプ台を両手両足のみで逆走し登っていきます。

 最大傾斜37°もある斜面はもはや壁のようにしか見えず、400mの距離にあるゴールも遠くに見えるほど。 1人で400mを走るソロと、4人で1人100mずつ走るリレーのカテゴリがあり、ソロだけでも男女435人の参加者がエントリーしていました。 中にはソロの後にリレーに出ている選手も!

 このイベントは、ヨーロッパを中心に世界で開催されており、各地で行われてるレースで優勝すると、オーストリアでの最終戦へ無料で参加できるんです。 ウィスラーでは2015年から3回目(昨年は山火事の煙の影響で中止)の開催となり、カナダでの開催はウィスラー会場だけなので、屈強な選手たちがたくさん集まって来ていました。(レースの模様は次回に続く。)
(Y.S3.)

7月14日(土) 今日の一枚

ジリッと暑い夏の陽射し。
ワイキキビーチ化したレインボーパーク。
<3:40pm 撮影>

7月13日(金)晴れ ひとこと日記

  Sun Peaks編その2(その1はこちら)ということで、今回はバイクパークについてご紹介。 バイクパーク用に使われているリフトは、観光/ハイキング用と共通でリフト1本で標高差は約600m。 ウィスラーのガルバンゾーが657m、ビッグレッドが555mですので、それらに近い大きさです。

 ここで、少し蛇足になりますが、スキー場の規模を判断する指標としてはトップとボトムの標高差が有用です。 ウィスラーは約1500mでブラッコムが1600m。 日本では、例えば白馬八方尾根が1100m、野沢温泉が1000m程ですので、ウィスラー/ブラッコムはそれらの1.5倍の規模(のスキー場が2個並んでいる)とすると、上から下まで滑ってみての感覚に近いかと思います。

 バイクパークに話を戻すと、参加したレーサーによるコースの印象は、「ウィスラーで設定されるレースコースよりも長く、高速」とのこと。 トップレーサーのゴールタイムは5分強。 自転車のダウンヒルになじみのない方には「5分連続で荒れた不整地を含むコースをハイスピードでスキー/スノーボードする」と考えれば過酷さがイメージして頂けるかと!(レースコースの”ダイジェスト動画”) 私のような初級者ライダーにとっては、2日あれば全てのコースを走り切れそうな(もちろん上級コースを走れるスキルがあればですが笑)丁度良い規模感。 土の質もウィスラーとはまた違って少しドライ気味でラフ。 スキーと同様に、たまには違うエリアを走ってみるのも面白いですね!
(T.W.)

7月13日(金) 今日の一枚

ホストマン氷河。まだまだ滑れますが、
残念ながら 今週末(15日)で営業終了です。
<11:20am 撮影>

7月12日(木)晴れ ひとこと日記

  今年の夏オープンしたウィスラーブラッコムの新しい観光スポット、サスペンションブリッジへ行ってきました! 場所は、ウィスラー山のピークチェアで山頂へ上がったところにあります。

 正式名称はCloudraker Skybridge。 全長は130mで、スカイブリッジという名にふさわしく、周辺の山々や麓の湖など360度ウィスラーの絶景を楽しむことができます。 しかも、追加料金がかからないので、ゴンドラ観光券やハイキングパスがあればOK! Peak2Peakゴンドラとスカイブリッジの組み合わせは、この夏絶対に体験したい観光スポットです!

 ちなみに、山の上での観光はPeak2Peakゴンドラだけの場合は2時間、スカイブリッジはさらにプラス1.5時間程必要になるので、時間には余裕をもって行くことをお勧めします。 (ゴンドラ券詳細はこちら。ゴンドラ&リフトの運行時間はこちら。)
(M.Y)

7月12日(木) 今日の一枚

全長130m! サスペンションブリッジ
<11:00am 撮影>

7月11日(水)晴れ ひとこと日記

  びっくりなニュースが舞い込んできました! カナダで長距離バスの代名詞ともいえるグレイハウンドが、カナダではケベック州、オンタリオ州(の大部分)を除いた全ての路線を10月末に廃止するとのこと! グレイハウンドはカナダでは1929年から、カナダ中の多くの街をつなぐライフラインとして利用されてきました。

 グレイハウンドは、空港の無い小さな街までくまなく路線がつながっていたため、廃線後は車でしかアクセスできない場所が多くなってしまいます。 バンクーバーウィスラー間はスカイリンクスなど多くのバス会社が運行を行っているため、大きな問題はありませんが、内陸の小さな街などは大打撃でしょう。 ヒッチハイクが一般的に行われているカナダでは、グレイハウンドの廃止に伴い、ヒッチハイクをする人が増えるとともに、誘拐や性犯罪などのリスクも高くなるのではとも言われています。

 今後、他の会社が路線を引き継いでいく可能性もありますが、今時点ではまだ決まっていないようです。 今後の動きに注目!です。
(Y.N2.)

7月10日(火)くもり時々雨 ひとこと日記

  7月も中旬を迎え、これから夏本番にさしかかろうとしているウィスラー。 仕事柄ハイキングで山の中を歩くことが多いのですが、たまにこの様にしてクマに出会うことがあります。 ちなみにこの写真はチャカマスレイクに向かう途中で撮影しました。 

 過去にも何度かこの話題には触れていますが、ウィスラーに生息しているのはツキノワグマと同種のブラックベアが殆で、食性は草食。 性格は臆病でおとなしいのが特徴です。 とは言っても相手は野生動物。 もし出くわした際はむやみに近づいたり、騒いだり、相手を刺激する行動は禁物です。 とにかく相手を興奮させないように、静かに目を見ながら、あわてず騒がず下がってください。

 もしもの時のために、各ガイドはベアスプレーというクマ用の撃退スプレーを携帯しています(過去使用例なし)が、ご自分たちだけで行かれる際に遭遇したら、上記のことを思いだし、適切に対応して下さい。
(S.K.)

7月10日(火) 今日の一枚

タイミング良く雨が上がり♪
笑顔で出発のウェスタン乗馬
<10:15am 撮影>

7月9日(月)晴れ ひとこと日記

  先日、サンピークス(Sun Peaks Resort)に行ってきました。 ウィスラーからハイウェイで北西内陸部方面へ約350km、レンタカーで5時間弱のドライブです。 中間地点のキャッシュクリーク付近になってくると険しい山や森が減り、写真のような大陸感のある景色へと変化していきます。

 サンピークスの街はウィスラーほどの賑わいはありませんが雰囲気は似ています。 ビレッジのサイズ感としてはウィスラーのアッパービレッジ+αといったところでしょうか。 ただし、ウィスラーの様に大きなスーパーマーケットから病院、図書館、消防署、公共サービスなど生活に必要な施設が揃っているわけではないので、改めてウィスラーの良さを実感した旅でもありました。

 ちなみに今回の旅の目的は、またもマウンテンバイクネタで恐縮ですが、友人のダウンヒルBC選手権の参加サポートとレース観戦。 レースの様子やサンピークスのバイクパークの感想などは別の機会にご紹介したいと思います。
(T.W.)

7月9日(月)今日の一枚

ミドルジョフリー湖でスイミングを楽しむ親子
※氷河湖です※
<2:30pm 撮影>

7月8日(日)晴れ ひとこと日記

  ブラッコム山の八合目にはランデブーというレストハウスがあります。 冬はスキーヤー・スノーボーダーで賑わうランデブーですが、PEAK2PEAKでアクセスできるということで、夏にもたくさんの方が観光で訪れます。

 2階建の下のフロアはショップやトイレ、冬はキッズレッスンの食堂として利用される部屋があるのですが、その食堂として利用されている部屋が、夏はウィスラーを紹介するVTRのシアターになっているんです。

 毎週日曜に上映されており、毎週トピックが変わります。 ウィスラーの歴史や自然の事などがまとまっているので、解説は全て英語ですが、時間が合う方は是非ウィスラーについて学んでみましょう。
(Y.S3)

7月8日(日) 今日の一枚

末永くお幸せに~♪
山のウェディング
<11:25am 撮影>

7月7日(土)くもり時々雨 ひとこと日記

  グレーシャ―スキー日記第2弾です。 写真の通り6月のグレーシャ―日記より雪は格段に減ってしまいましたが、まだまだ十分スキースノーボードが楽しめますよ!

 去年と違って、7月に入ってもなかなかパッと晴れない毎日。。。 昨日の山頂の天気も雨が降ったりみぞれがまじったり。 しかしその分、気温が低く雪融けも遅いのでサマースノーボードを楽しんでいる私にとっては、雪が残ってくれているのは嬉しいのです。 

 今はMOMENTUMというスキーキャンプが写真上部で行われていて、下部が一般の人向けのエリア。 Tバーのみの営業で、フリーランエリアもあり、パークアイテムが充実! 7月15日までです。 詳しい情報はコチラから。
(M.O.)

7月7日(土) 今日の一枚

親子で参加していただいたウェスタン乗馬。
乗馬初体験のお母様は84歳!
<10:35am 撮影>

7月6日(金)くもり時々雨 ひとこと日記

  先日お天気の良かった日にアルファレイクへ行き、スラックラインに初チャレンジしてきました。 私も初めて知ったのですが、ウィスラー周辺のレイクには、スラックライン専用のポールが設置されている所がいくつかあるのだそうです。 

 スラックラインは木の間にベルトを渡し、その上でバランスをとって歩いたり跳ねたりするスポーツ。 日本でも数年前から人気が出ていますね。 やってみるとなかなか難しくて、立つのがやっと。 歩いているだけでも簡単そうに見えて、すごく難しいんですよ! インナーマッスルが鍛えられるので、トレーニングにもすごく良いのだとか。

 この日は数時間のんびり楽しんだだけなのに、翌日は見事に筋肉痛。 普段、いかに筋肉を使わずに過ごしているかを思い知らされました。 けど、ベルトさえあれば気軽に楽しめるので、ハマってしまいそうです。
(M.Y.)

7月6日(金) 今日の一枚

バレートレイルをサイクリング。
涼しい風に癒されます♪
<12:50pm 撮影>

7月5日(木)晴れ ひとこと日記

  お手ごろな料金ながらボリュームのある食事が楽しめる、Alpine Cafe(アルパインカフェ)。 ウィスラービレッジから北に車で10分ほどのところにある、アルパインエリアの中にあり、朝から夜まで近所の人や旅行者、近くのホステルに滞在する人などで混み合っています。

 カウンターでオーダーして札をもらうと、席まで料理を運んできてくれるシステムなので、気取らない雰囲気で入りやすく利用しやすいですね。 カフェですが朝食メニューやハンバーガー、パスタ、肉料理などメニューは豊富でどれも美味しいですよ。 写真はたまに食べたくなっちゃうミートラザニア。 ボリューム満点なので、サラダを付けて、2人でシェアするとバランスよく食べられて良いかもしれません。(私は1人で食べきってしまいました・・・)

 食事だけでなく、ドリンクメニューも豊富でビールなども楽しむことが出来ます。 週末などはライブミュージックをやっていることもありますので、是非立ち寄ってみてくださいね。
(Y.N2.)

7月4日(水)晴れ ひとこと日記

  今回はウィスラーを飛び出して、ノースバンクーバーのシップヤードマーケットにやってきました。 このマーケットは、5月~9月末まで毎週金曜日夕方にノース・バンクーバーの造船所跡で行われています。 詳しい場所と時間はこちら。 このマーケットの特徴は、画像の様なフードトラックや屋台が一堂に会し、多国籍の料理だけでなく、ライブやビアガーデン、ハンドメイドクラフト/コスメ等のショッピングも楽しめます。 以前紹介したリッチモンドのナイトマーケットは、アジア系の店舗が多いのに対して、こちらは欧米料理を扱うトラックが多く、より北米らしさを感じます。

 私が注文したのは、北米の屋台で定番の一つのファンネルケーキ。 生地を油の中にぐるぐると円を描くように揚げたパンケーキに、クリーム、ジャム、フルーツをトッピングしたスイーツで、食感はドーナッツに似ていて美味しかったです。 

 会場内にはカナダでは珍しいビアガーデンがあり、野外でサンセットを眺めながら地ビールなども楽しめる夏の人気スポットですので、一度訪れてみては如何でしょうか?
(S.K.)

7月4日(水) 今日の一枚

カナダ建国記念日に続き
今日はアメリカの独立記念日
<12:20pm 撮影>

7月3日(火)くもり時々晴れ ひとこと日記

  RE-USE-IT Centreの移転オープンセールに‪行って来ました。 RE-USE-IT Centreはウィスラーのローカルコミュニティ団体が一般市民の寄付やウィスラー市からの補助金等で運営されているリサイクルショップです。 また、売り上げはウィスラーのセーフティネットの運営費に充てられています。

 そして、この度、店舗をFunction JunctionからNestersに移転。 ウィスラービレッジからも徒歩圏内となったことで一層便利になりました。 移転オープンは平日の11時でしたが、セールを狙って沢山の市民が列をつくっていました。

 商品達の品質は玉石混交で価格は格安。 日用品からスポーツ、アウトドア用品まで揃っています。 目利き力があれば思わぬ掘り出し物に出会えることがあり、宝探し感覚でついつい通ってしまいます(笑) 商品の入れ替わりが激しいので、良いモノが欲しければオープン時刻の直後が狙い目です。
(T.W.)

7月2日(月)くもり時々晴れ ひとこと日記

  最近は時間があるとマウンテンバイクでトレイルに走りに行ってます。 先日は「Comfortably Numb」というウィスラーで人気のコースへ行ってきました。

 本来は標高差938mの登りが続くコースですが、今回は「Yummy Numby」という別のコースからアクセス。 こちらの方が距離が短く「Comfortably Numb」の下りだけを楽しめる近道になります。 それでも標高差が約216mある登りが続き、1時間ほどかかるので体力をかなり消耗しました。

 しかし、山を下り始めると、登りの辛さを忘れるくらいの楽しさがあり、標高差325mのコースを下り終えた瞬間は達成感がありました。 途中、攻略できずマウンテンバイクを引いて行った場所もあったので、体力と技術をつけてまた行きたいと思います。
(Y.S3.)

7月2日(月) 今日の一枚

真夏の雪化粧
<7:10am 撮影>

7月1日(日)くもりのち晴れ ひとこと日記

  ウィスラーは7月に入りましたが、なかなか気温の上がらない日々が続いています。 最近の天気予報は、くもり時々晴れまたは雨、雷の恐れ…と、とても不安定です。

 太陽が出た日には待ってましたと言わんばかりに、湖畔のビーチは大混雑。 短い夏のひと時を楽しみます。 同じく夏の楽しみといえば、ロッキーマウンテンチョコレートショップのアイスクリーム! 先日、晴れて気温が上がった日に、今日こそは!と思いお気に入りのアイスを食べてきました。 アイスはやっぱり暑い日に食べるのに限ります。

 去年もやはり夏の初めは涼しかったですが、その後は暑い日が続きました. 今年はどうなることでしょうか。 夏はまだまだこれからです。
(M.Y.)

7月1日(日) 今日の一枚

♪Happy Canada Day♪ 
<12:30am 撮影>

6月30日(土)雨 ひとこと日記

  ウィスラーで人気のアクティビティといえばこれ、スタンドアップパドル、SUP(サップ)です。 ロングボードの上に立って、1本のパドルで漕いで行くもの。 これが中々楽しいんです♪

 最初は立ち上がるのにおっかなびっくりですが、なれてくればなんとなく形になってくるもの。 ボードの上でバランスを取って立って漕がないといけないので、コアが鍛えられます。

 湖でサップヨガのクラスが開かれたり、ウィスラーではサップを楽しむ人がたくさん。 折り畳んで持ち運べるタイプのものもありますので、自前のサップを持っている人もたくさんいます。 こちらにチャレンジしてみたい方は、オフィスにご相談下さいね!
(Y.N2.)

6月29日(金)くもり時々雨 ひとこと日記

  ここ数日のウィスラーは冷たい雨が降ったり止んだりしていると思えば、急に夕方から天候が良くなったりなど、天気が安定しません。 こうした天候の変化が激しいことから、ウィスラーマウンテはかつて、天候が不安定なロンドンに例えて、ロンドンマウンテンと呼ばれていたことがあるそうです。

 それからリゾート開発が進み、ロンドンマウンテンは1965年に「ウィスラーマウンテン」として正式にスキーリゾートとしてオープンしました。 その際、ウィスラーの人気者、画像のマーモットがウィスラーの語源になったのです。 マーモットは危険を察知した時の鳴き声が笛を吹く音にとても似ていて、その笛の音があちこちから聞こえることから、ウィスラー(笛を吹く人)という地名がつけられたそうです。

 日本でマーモットは、あまりなじみのない動物ですが、こちらでは愛くるしい見た目をした人気者。 ウィスラー山とブラッコム山をハイキングしたり、ピークトゥーピークゴンドラ乗り場前の広場にくると、草を食べている様子や岩の上で日向ぼっこしている所を度々見かけますので、是非探してみてください。
(S.K.)

6月29日(金) 今日の一枚

オリジナルのイヌクシュク製作中♪ 
<4:45pm 撮影>

6月28日(木)くもり ひとこと日記

  ここ最近のウィスラーは7月を迎えるとは思えないほど涼しい天候が続いています。 先日はチャカマス湖まで行ってきたのですが、涼しい空気のおかげで汗もほとんどかかず、気持ちよく歩けました。

 この夏4回目となるチャカマス湖のトレイルを歩いていると、途中で目を疑う光景が。 なんと大きな木が倒れていてトレイルが塞がっていたのです。 10日ほど前に来たときはなかったので、最近倒れたのでしょう。 背の高い針葉樹林が多いウィスラーでは、重たい湿雪が積もったときに強風が吹く条件が重なると、その影響で倒れてしまう木が毎年ありますが、しかし、それは冬のこと。

 トレイル上の倒木は春になって雪が解けたころに一度片付けられるのですが、春以降に倒れた木を見るのは初めてです。 こんなに大きな木が倒れてくるところに出くわしたらと思うとぞっとしますが、熊に遭う確率よりは低いので、この日は貴重な現場を見ることができました。
(Y.S3.)

6月27日(水)くもり時々晴れ ひとこと日記

 連日マウンテンバイカーで賑わいを見せるウィスラーですが、遂に私もバイクパークのシーズンパスとダウンヒル用の自転車を入手しバイクパークデビュー! 今まで走っていたクロスカントリーのトレイルとは違い、平均速度が高く爽快感は段違いです。

 ちなみに、ウィスラーのバイクパークは世界でも最大規模を誇り大会等も度々開催されますが、先日はBC州のダウンヒルシリーズの初戦が開催されました。

 友人から写真撮影を頼まれたこともありレースコースに観戦へ。 通常では考えられないような速度で最も難しいダブルブラックのコースを激走してくライダーの迫力は一見の価値ありです。 写真のライダーはウィスラー在住の日本人ライダーKei Nakai選手。 こちらにレースの動画もアップされてますので興味のある方は是非!
(T.W.)

6月27日(水) 今日の一枚

ローワージョフリー湖から眺める
マティエ氷河
<9:50am 撮影>

6月26日(火)くもり時々晴れ ひとこと日記

  先日、クリークサイドにある「Red Door Bistro (レッドドアビストロ)」で食事をしてきました。 フレンチレストランですが、堅苦しさはないく、おしゃれなダイニングといった雰囲気。

 メニューには定番のステーキや白身魚料理の他、シカ肉や鴨肉といったものもあり迷いましたが、鴨肉のローストに決定! 肉厚でジューシーなお肉と爽やかなオレンジ風味のソースが良く合い、美味しくて幸せ〜。 更にこの後デザートまで完食しお腹いっぱい満足です。

 クリークサイドなので、メインビレッジからは少し離れますが、ちょっと特別なディナーを楽しみたいときにおススメしたいレストランです。
(M.Y.)

6月25日(月)くもり時々雨 ひとこと日記

  日本でビールを頼むときは、グラス、ジョッキ、瓶、ピッチャーで注文しますが、こちらカナダでは、Glass(グラス)、Bottle(ボトル)、Pint(パイント)、Mug(マグ)、Jag(ジャグ)なんていうのを抑えておけば心配無用です。

 パイントが500ml弱なので、日本で言う中ジョッキと同じくらいでしょうか。 こちらを頼めば間違いないでしょう。 マグはジョッキと同じ形なのですが、マグの大きさはお店によってまちまちで、グラスよりも大きいサイズ、と覚えておけばよいでしょう。 ただし、マグが置いていないお店もあります。 ボトルは日本の中瓶のサイズではなく、350ml程の小瓶が出てくることがほとんどです。 ジャグは日本のピッチャーと同じで、パイントで3-4杯楽しめますので、大人数でオーダーする場合はこちらがおすすめです。

 生ビールを頼みたい場合には、Tap Beerの一覧から選べばOK。 Tap Beerは写真のようにビールサーバーから提供されるようになっており、ハンドルに銘柄が書いてあります。 ユニークなハンドルを見て決めるのもいいですね♪ カナダにはたくさんのビール会社があり、お店によって飲める生ビールも様々。 日本と同じような軽い飲み口のビールがお好みならラガーやピルスナーを、ホップやフルーツの香り、濃い目の飲み口がお好みならペールエールなどのエール系のビールをお試しください。 お店によっては、メニューの隣にIBUという苦みの指標(数字が大きいほど苦みが強い)が書いてあるので、そちらも参考にしてみてください。 日本のビールはIBU20前後が一般的だそうです。
(Y.N2.)

6月25日(月) 今日の一枚

スタンレーパークから眺める
ライオンズゲートブリッジ
<11:30am 撮影>

6月24日(日)晴れ ひとこと日記


  前回カヌー/カヤック湖編を掲載しましたが、今回は川編! アルタ湖を15分程反対岸に向かって漕いで行くと、細い川の入り口が出現。 ここからがリバーオブゴールデンドリームス(黄金の夢の川)の始まりです。

 川に入るとたくさんの蓮が両脇に咲き、道を案内してれます。 グース(カナダ雁)、モーガンザダック(オウギアイサ)の親子も登場し、なんだかディスニーのイッツアスモールワールドに乗っているみたい。

 そうやって見惚れていると、所々流れが急な所があり、かじ取りが遅れるとカヌーごと藪や流れ木に激突。 ガイドさんがそういう所に突っ込んでしまった時の対処法もしっかり教えてくれました。 癒しとハラハラが同時に体験できるとてもお勧めのアクティビティです!(ツアー詳細はコチラ)
(M.O.)

6月23日(土)くもりのち晴れ ひとこと日記

  清々しいハイキング日和の天気が続いているウィスラー。 シーズン早々に4、5回ハイキングに出掛けたところ、肝心のシューズに穴が開き、補修が効かないくらい広がってしまったので、ハイシーズン前に新しい靴を新調することにしました。

 私が良く履くハイキングシューズは、画像の様なローカットシューズ。 軽さと足首の自由度が高いのが特徴で、言うなれば足元をグリップする力が強いスニーカーといった所でしょうか。 一方で、ハイカットはキャンプ道具などの重たいリュックサックを担ぐ時に、安定して歩くことができます。 また、靴の中に砂や石が入らない利点もあります。 靴底の素材も意外と肝心で、柔らかい素材は平坦の場合は疲れにくく、歩きやすいのですが、岩場などのごつごつした所では、疲れやすく、グリップ力が弱いのが欠点です。 それに対して硬い素材は、強いグリップ力で、岩場や急な斜面でもぐいぐい登ることが出来ます。

 最近は、各社様々なモデルを出していますので、どれが良いのかわからない!といった方は、店員さんとよく相談し色々と試し履きをするといいと思います。 それと、新品のままハイキングに出掛けると、靴擦れすることがありますので、2~3回普段履きとして、靴を慣らしておくと良いでしょう。
(S.K.)

6月23日(土) 今日の一枚

乾いた風が心地良い土曜日の午後
<3:45pm 撮影>

6月22日(金)くもり ひとこと日記

  最近は山麓の花の見ごろを迎えており、バレートレイルを歩いているとの道の脇でよく花を見かけます。 紫色の花で変わった形をしている花があったので近くで見ると、ウツボグサの仲間が咲いていました。

 ウツボグサは唇状の紫色の花が咲いていて、靭(ウツボ)という武士が弓矢を入れて持ち歩く入れ物に似ていることから、この名前が付けられています。 英語では「Self Heal(セルフヒール)」と呼ばれており、昔は先住民族の間で薬草として使用されていたそうです。

 ちなみに調べてみると花言葉も「優しく癒す」という言葉だったので、この言葉からも薬草として生活に役立てていたことが分かりますね。 花の名前の由来など、なるほどっと思う面白いものが多いので、これからも気になる植物を見つけたら調べてみようと思います。
(Y.S3.)

6月22日(金) 今日の一枚

ロストレイクでトラウトフィッシング!
<10:40am 撮影>

6月21日(木)晴れ ひとこと日記

  ウィスラーの夏と言えば、カヌー! ということで、カヌー/カヤック川下りツアーへ参加して来ました。 こちらはアルタレイクから始まり、ゆるやかな川を下って行く、人気アクティビティです。

 実は私はカヌーに乗ったことがあるのは1、2度だけ。 上手く漕げるかなぁとちょっと心配してましたが、そこはしっかりガイドさんが漕ぎ方を教えてくれます! 基本のパドリングを練習しながら、湖を移動していくのですが、アルタレイクは結構大きな湖です。 それをほぼ端から端まで横切って行くので、結構距離があるように感じますが、その間に漕ぎ方にも慣れてきます。

 この日はお天気にも恵まれ風もなく、湖の真ん中から眺める山々の景色がこんなにも綺麗だということに初めて気が付きました。 湖を横切るだけで満足してしまいそうでしたが、まだまだ川下りツアーは始まったばかりです。(川編へ続く…)(ツアー詳細はこちら
(M.Y.)

6月21日(木) 今日の一枚

ゴルフ日和なお天気♪
<4:30pm 撮影>

6月20日(水)晴れ ひとこと日記

  夕方5時~7時はビアタイム! ビールネタばかりでスミマセン、Y.N2.です。 ブラッコムゴンドラ前のDublin Gate(ダブリンゲート)では、5時から7時までハッピーアワーをやっています。

 ハッピーアワーというと、お客さんのいない時間にやるところが多いのですが、ここは7時までやってるので、仕事のあとに一杯な~んていうのが出来ちゃいます。 BC州の地ビールが平日は$5と、お得に飲めますよ〜!

 ジップトレックに参加した方は20%割引になるキャンペーンもありますので、是非お立ち寄りになってみて下さいね。 食事もなかなか美味しいので、飲まない方のディナーにもおすすめです!
(Y.N2.)

6月19日(火)晴れ ひとこと日記

  ウィスラーの地元民が集うスポット、ウィスラースケートパーク。 ここはBMXやスケートボード専用の公園で、子供から大人まで幅広い年齢層が集います。 公園内の雰囲気は、国籍や年齢など関係なく、和気あいあいとした感じ。 上級者の人だけでなく、初心者の人がトリックを成功させた時にも歓声が沸き起こる、なんともアットホームな公園です。

 私はここの公園でかれこれ5年以上、スケートボードを通して様々な人たちに出会いました。 中には冬はスノーボード、夏はスケートボード三昧のウィスラーキッズも珍しくなく、大人顔負けの技をあっさりと披露してくれます。 そんな恐るべしウィスラーキッズが日々たくましく成長し続ける姿を見るのが、ここに来る楽しみの一つでもあります。
(S.K.)

6月19日(火) 今日の一枚

ゴールデンドリームリバーでぷかぷか♪
モーガンザダックの親子
<10:00am 撮影>

6月18日(月)晴れ ひとこと日記

  ウィスラーのレンタルショップでは、クロスカントリー用のマウンテンバイクやE-BIKEなど、様々な種類の自転車がレンタルできます。 その中でも目を引くのは「タンデムバイク」!

 実際に走っているところは見かけたことはありませんが、前後のペダルがチェーンでリンクしていて、2人分の動力がしっかり後輪に伝わるため、バレートレイルもスイスイ行けそうです。

 ただ、前の人のサドルと後ろの人のハンドルが近いので、後ろの人は前の人の背中が目の前にあり、景色を楽しめるかどうか怪しいところですが…。 実際は後ろの人が風の抵抗を受けないようにするための構造だそうです。 そこも2人で協力し前後を交代しながら楽しむのが良さそうですね。
(Y.S3.)

6月18日(月) 今日の一枚

グリーンレイクでお散歩 
<1:00pm 撮影>